座椅子は粗大ゴミ? 処分方法・回収・買取・リサイクル情報のまとめ

1.座椅子の処分について

1-1.座椅子の種類について

一口に座椅子といっても、さまざまな種類があります。主な種類をご紹介しましょう。

1-1-1.形状別の座椅子種類

  • ベッドタイプ(座椅子の上で寝られるくらいの大きなもの)
  • 二人用
  • 折り畳みタイプ
  • 足つきタイプ
  • 回転式・正座で使用するタイプ

1-1-2.素材別の座椅子種類

  • メッシュタイプ
  • ふわふわ系
  • 低反発タイプ

1-2.座椅子は何ごみか

自治体によって異なりますが、粗大ごみとして取り扱われることがほとんどです。分解してサイズを小さくすれば不燃ごみとして出せる地域もあります。しかし、粗大ごみの定義を「使用時の状態(大きさ)」としている地域では、この方法では回収してもらえません。そうなると分解作業が無駄手間になってしまうので、最初から粗大ごみで出したほうが楽です。また、布カバーは古布として出せることもあります。

2.座椅子の処分方法~自治体の回収について

2-1.自治体による回収について

座椅子を粗大ごみとして回収してもらう方法は以下のとおりです。詳細は各自治体のHPや電話などで確認しましょう。

  • 自治体(市区町村)のHPで、粗大ごみの申請・申し込みをおこなう
  • 粗大ごみ処理券・シールを購入する(自治体指定のスーパー・コンビニなど)
  • 回収日を待つ
  • 回収日になったら、処理券を貼(は)った座椅子を回収場所まで持っていく

自治体回収なので、比較的安全に回収してもらえるというメリットがあります。一方で、粗大ごみ処分料金(1,000円前後)が発生する・回収日を待たなければならない・回収場所まで運搬しなければならない、などの手間やデメリットもあるのです。

3.座椅子の処分方法~リサイクルに出す

3-1.座椅子をリサイクルに出すメリット

まだ使える座椅子であれば、捨てずにリサイクルに出したいと考える方も多いでしょう。座椅子をリサイクルに出すことで、資源の有効活用になります。運がよければ料金を払わずに座椅子を処分できることもあるでしょう。

3-2.リサイクル・買取できる座椅子・できない座椅子

とはいえ、座椅子は直接体が触れる家具ですので、リサイクル品を使いたいという人はあまりいないでしょう。定価の高い座椅子であれば需要もありますが、傷や汚れがあるものは当然人気も下がってしまいます。

3-3.リサイクルの方法

3-3-1.ネットオークション に出す

美品~未使用の座椅子は、ネットオークションに出品することで買い手がつく可能性があるでしょう。収入になったり送料を落札者負担になったりといったメリットがあります。一方、デメリットとして、買い手がつかない可能性・トラブルに発展する可能性・こん包の手間などがありますので注意してください。

3-3-2.リサイクルショップへの持ち込み

おなじく、美品~未使用の座椅子はリサイクルショップに持ち込むのも一手です。買取価格は現品を査定してから決まります。そのため、せっかく座椅子を持ち込んだとしても買いたたかれる・買取不可となる可能性があることを理解しておきましょう。

3-3-3.不用品回収業者を使う

不用品回収業者は、美品でない座椅子でも一般的に引き取ってもらえます。回収料金が発生するので、座椅子1点だけでは高くなりますが、不用品をまとめて処分したい場合には最も適した方法と言えるでしょう。

3-4.注意点

座椅子をリサイクルする際は、料金だけでなく手間も考慮しましょう。いくら安く処分できるといっても、座椅子の処分に何時間も使っていては、総合的に損をしたことになってしまいます。回収業者には、手間や時間をお金で買えるという利点があるのです。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!