加湿器の寿命は何年? 寿命が近くなると起こる不具合やお手入れについて

3.加湿器を長く使うためのお手入れ

3‐1.フィルターや本体をこまめに掃除する

加湿器を長く使い続けるためには“お手入れ”が必要不可欠です。
あなたは加湿器を使用した後、きちんと掃除をしているでしょうか。
「掃除が面倒」と思いますが、きちんとお手入れをしなければすぐに寿命がきてしまいます。
特に、フィルターはこまめに掃除してください。
フィルターにはさまざまな菌がついています。こまめに掃除しなければ菌が繁殖して嫌なニオイが出てきてしまうのです。
最近は加湿器本体が掃除できるタイプも登場しています。
掃除できる部分はできるだけお手入れをしてくださいね。
そして、タンク内に入っている水は毎日入れ替えましょう。

3‐2.使わなくなった加湿器は不用品回収業者に依頼する

買い替えによって使わなくなった加湿器は処分に困ってしまいますよね。
家に置いておくわけにもいきません。邪魔になってしまうのでできるだけ早めに処分したいものです。
そこで、おすすめしたいのが“不用品回収業者”になります。
使える加湿器であればリサイクルショップで売れる可能性もあるでしょう。
けれども、故障しているものは買い取ってもらえません。
自治体の粗大ごみ・不燃物としても処分できますが、回収日まで待たなければならないでしょう。
しかし、不用品回収業者なら即日回収しにきてくれます。
わざわざ指定場所まで運ぶ必要もなく、自宅までやってきてくれるので一石二鳥です。とてもスムーズに処分できるので、不用品回収業者を利用してみてはいかがでしょうか。
安い費用で回収してもらいたい人はいくつかの業者を比較してくださいね。

4.まとめ

加湿器の寿命や寿命が近くなると起こる不具合、加湿器を長く使うためのお手入れについて説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
調子が悪い加湿器を使い続けるのは不安ですよね。効果も次第に落ちてきてしまいます。
部屋が加湿できなければ意味がありません。
イライラする日々を送るのではなく、上手に買い替えをしていきましょう。

  • 一般的な寿命は「3年~5年」
  • 加湿器には主に3種類ある
  • フィルターの寿命はおよそ半年
  • 部屋の湿度がスムーズに上がらない
  • フィルター詰まりやタンクに入っている水の減り具合
  • フィルターや本体をこまめに掃除する
  • 使わなくなった加湿器は不用品回収業者に依頼する

以上は押さえておきたいポイントになります。
乾燥する時期に必要な加湿器だからこそ、故障する前に買い替えておきたいものです。寿命を知って正しい使い方・お手入れをこまめにしていきましょう。
長く使い続けるためには必要な知識となります。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!