木製テーブルのしみの取り方は?日ごろのお手入れで注意するポイント

3.テーブルを買い替える際の注意点

3‐1.汚れがつきにくく手入れが簡単なタイプを選ぶ

木製のテーブルを長年使っていると寿命がやってきます。
時間が経過したしみほど簡単に取ることができません。
使いづらくなっている木製テーブルは思いきって買い替えると良いでしょう。
木製テーブルの買い替えをするときは、自分にとって“使いやすいかどうか”が大切です。
また、しみなどの汚れで悩みたくない人は“汚れがつきにくい”、“お手入れが簡単なタイプ”を重視してください。
ウレタン塗装などコーディングをしている木製テーブルはお手入れが簡単です。
値段は高いですが、無垢(むく)材のテーブルは強度が増して使いこむほど味が出ます。
テーブルの素材によっても使い勝手が異なるため、さまざまな種類を比較して選びましょう。

3‐2.古い木製テーブルの処分方法

新しい木製テーブルに買い替えをする際、困るのが「古いテーブルの処分方法」です。大きいサイズのテーブルほど処分方法に困るでしょう。
部屋から運び出す方法や自治体で回収してくれるのか悩むはずです。
そこで、おすすめしたいのが“不用品回収業者”になります。
不用品回収業者は基本的に幅広い不用品を取り扱っている業者です。大きいものから小さいテーブルまで回収してくれるでしょう。
さらに、回収依頼をすればすぐに自宅までやってきてくれます。わざわざ運び出す必要もないので安心です。
即日対応可能な業者は非常にスピーディーで丁寧に運び出してくれるでしょう。
自分にとって安心できる業者を見つけ依頼してくださいね。
また、不用品回収業者に依頼する際は“見積もり”をしっかり確認しましょう。
見積もりに不備な点や疑問点があればすぐ業者に問い合わせてくださいね。

まとめ

木製テーブルのしみの取り方やテーブルにつくしみの種類、お手入れ法、テーブルを買い替える際の注意点について説明しました。いかがでしたでしょうか。
木製テーブルについたしみはコツをつかんでおけばスムーズに取ることができます。
マヨネーズやアイロン、オリーブオイル、アルコール、中性洗剤など一般家庭にあるものでの取り方は簡単です。
しかし、しみは放置すればするほど取りづらくなってしまいます。
スムーズに取るためにも、しみがついたときにすぐふき取っておきたいですね。
日ごろから木製テーブルのお手入れや掃除を入念にしていきましょう。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (3 投票, 評価平均値: 3.33)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!