冷蔵庫の正しい運び方~コツを知って自分で引っ越そう!

1.冷蔵庫を運ぶ際の手順とコツ

冷蔵庫を自分で運び出す際には、正しい手順とコツを知っておく必要があります。
安全に運ぶためにも、ぜひ参考にしてみてください。

1-1.引っ越し前に中身を整理する

冷蔵庫を運び出す前に、中身を整理して空の状態にしておく必要があります。
中に食材を入れたまま運搬すると途中で中身が飛び出す可能性があるでしょう。
そもそも、電源を切った状態では食材が傷んでしまいます。
食材を無駄にしないためにも、引っ越し前には計画的に使い切るようにしましょう。
引っ越し直前には、なるべく食材を買い足さないようにしてください。
使い切れずに食材が残ってしまう場合は、クーラーボックスに詰めて運ぶか捨てるしかありません。
調味料は引っ越し日までに使い切るのが難しいため、常温保存で問題のないものはダンボールにこん包しましょう。
要冷蔵のものはクーラーボックスに入れて運んでください。
そして、遅くても引っ越し前日には、冷蔵庫のコンセントを抜いておきましょう。
運搬時に冷蔵庫内の霜が溶けてほかの荷物が水浸しになるのを防ぐためです。
ある程度霜が溶けたら、ぞうきんなどで乾(から)拭きしておきましょう。

1-2.運ぶ際のコツ

運ぶときは、冷蔵庫の扉や中のトレイを布テープなどで固定しておきましょう。
また、壁や床を傷つけないように、古い毛布などに包んで運ぶと安心です。
トラックなどに積む際は、冷蔵庫を横に寝かさず、立てたまま運ぶのが基本。
冷蔵庫を長時間寝かせたままにすると故障の原因になります。
車の振動でコンプレッサー内のオイルが冷却システムに流れ込む可能性があるためです。
もちろん、一時的に横にしたり斜めにしたりするのは問題ありません。
横にしなければならない場合は、引っ越し先に冷蔵庫を設置し、30~1時間ほどたってからコンセントを差し込むようにしましょう。

2.冷蔵庫を運ぶ際の注意点

冷蔵庫を運ぶ際には、いくつか注意すべきことがあります。

2-1.水抜きについて

冷蔵庫の中身を空にしたら、水抜きを行う必要があります。
製氷機能のある冷蔵庫の場合は、まず引っ越しの2日前までには製氷機能を停止してください。
そして、引っ越しの前日には製氷皿の氷をすべて捨てます。
最近の冷蔵庫は霜取りの必要がないものも多いでしょう。
しかし、製氷皿周辺に霜が付いている場合は、霜取りをしなければなりません。
引っ越しの前日には電源を切り、霜が取れるまで放置してください。
また、冷蔵庫の下にある受け皿には、通常水がたまっています。
受け皿を外すことができるタイプのものは、外して水を捨てましょう。

2-2.引っ越し先で冷蔵庫を設置する際

冷蔵庫の機種によって異なりますが冷蔵庫内が完全に冷えるまで4~5時間かかります。
引っ越し先に運搬が完了し、電源を入れてすぐに食材を入れると傷んでしまう可能性があるでしょう。
設置場所に冷蔵庫を置いたら、早めに電源を入れて庫内を冷やすようにしてください。
また、冷蔵庫を設置する場所についても、本体の大きさだけでなく背面の放熱スペースも考慮する必要があります。
コンセントや転倒防止ベルトなどを取り付けることができるかどうかも計算しておきましょう。
直射日光が当たる場所や極端に風とおしが悪い場所、ガスレンジやオーブンの近くに設置するのは避けるようにしてください。
放熱不良が発生して冷えが悪くなる可能性があります。
また、電気代も余計にかかってしまうようになるでしょう。

2-3.腰痛を予防するために

冷蔵庫を自分で運ぶ際に注意したいのが、ぎっくり腰です。
普段あまり重たいものを持つ機会のない人こそ注意が必要でしょう。
冷蔵庫を持ち上げるときは腰から曲げるのではなく、全身を使うようにすることで腰への負担を減らすことができます。
特に、大型の冷蔵庫は1人で運ぶと危険です。
業者に依頼しない場合も、誰かに手伝ってもらうなど対策が必要になるでしょう。
作業中に腰を痛めてしまうと引っ越しどころではなくなります。
ぎっくり腰の場合、痛みが和らいでもしばらくは重たいものを持つと危険なため、できるだけ予防するように心がけましょう。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!