部屋をキレイに維持する3つのポイントは?部屋を片付けるコツとは?

部屋が散らかってしまうのは、一体何が原因なのでしょうか?部屋を散らかしてしまう人には、共通の行動があるって知っていましたか?この、行動さえ解決できれば、いつまでもキレイな部屋を維持させることができます。その、方法とは一体何なのか?今回は、部屋を片付けられない方や、すぐに部屋が散らかってしまう方必見の情報をまとめました。この記事を読めば、あなたもきっとキレイな部屋を維持することができます。

  1. 部屋が散らかってしまう理由
  2. 片付け方について
  3. キレイな部屋を維持するコツ

1.部屋が散らかってしまう理由

なぜ、人は部屋の片付けをしても、再び散らかしてしまうのでしょうか?その、部屋が散らかる悪い習慣3つをまとめてみました。

1-1.物が捨てられない

これは、部屋が散らかってしまう人に多い習慣の1つになります。物を大切にしたい気持ちや、いつか使うかも?などの理由から、物を捨てることができなく、物で部屋があふれてしまいます。

1-2.物を使ったら元に戻さない

こちらも、物が片付けられない人に多い習慣の1つになります。物を使用し、ちゃんと元の位置に物を戻せないために、部屋に物が散らかる要因になり、そして部屋が散らかる人は、基本的に物を出しぱなしにしている方が多いです。たとえば、洗濯して、キレイになった服なのに、畳む事もしないでその辺に投げていませんか?それも、部屋が散らかる原因の1つになります。

1-3.床に物を置かない

買い物に行き帰宅をします。その時に「たちまち..」などと思い、ついつい床に物を置いていませんか?それは、片付けられない人には、とても危険な動作になります。片付けが苦手な方は、物をしまうことが出来ません。物を、収めることが出来ない方は、床などに物を置いたままにしてしまう傾向があります。物を床に置くと、片付けが面倒になり、散らかる原因になってしまう事も..

2.部屋の.片付け方について

では、どうやって部屋に散らかった物を片付ければ良いのでしょう!?

2-1.物を捨てる

要らないものを捨てることは、片付けの基本中の基本です。やはり、物が多いと部屋は片付きません。なので、部屋の片付けをする場合は、今自分にこの物が必要か?必要ではないか?など考えながら、整理していくと、今、自分に必要な物だけが残ります。物を整理する時は、空のダンボールに、いる物といらない物と、書いて仕分けしていくと、とても片付けやすいです。

2-2.収納場所を作る

物が散らかる理由として、1番使われる理由が、「収納が少ない」と言う事です。確かにもともと、収納が少ないお家もありますが、物が多いといくら収納があっても足りません。なので、収納に入らない物や、収納に入っている使わない物は、処分しましょう。処分することで、新たな収納スペースができますが、そこに物をいっぱい入れると、また、収納スペースが無くなってしまいます。なので、収納スペースができても、いっぱいに物を入れず、少しのスペースで良いので常に、空きの空間を作っておきましょう。そうすることで、物を増やすのを防ぐことができます。

2-3.物の収納場所を決める

物の位置を決めて収納すると、そこに物を片付けれるようになります。。例えば、食器棚の場合、使わないものは食器棚の上に置き、よく使うものは下段に置くようにしましょう。よく使う物なのに、上段に収めてしまうと、片付けるのが面倒になり、散らかる原因になります。なので、よく使う物は手前に収納するなど、工夫をしましょう。

3.キレイな部屋を維持する方法とは?

では、最後に部屋をいつまでもキレイに維持する方法をご紹介します。

3-1.物の定位置を決めておく

物の定位置を決めることは、部屋をきれいな状態で維持するには欠かせないことです。かばん等も決まった定位置に置けば、床などに置かなくてよいので、動かすのが面倒になることもないし、物が散らばる心配もありません。そして、定位置を決めることで、物を片付ける習慣がつき、掃除も簡単になります。

3-2.掃除道具を見える場所に置く

掃除道具が側にあれば、気になった部分の掃除ができ、後回しになることが少なくなります。掃除する物が近くにあれば、汚れた部分の掃除がすぐにでき、そして、掃除機を使うのが面倒なかたは、コロコロや床掃除ができるモップなどを使用し掃除すると良いでしょう。掃除機を出さなくても、ほこりや髪の毛などは簡単に取ることができます。

3-3.1日に1回部屋を整理する

1日に1回は、部屋を整理する時間を取りましょう。そうすると、部屋をキレイな状態で維持することができます。夜寝る前に、荷物の整理をすることや、入浴中にお風呂の掃除をするなど、ながら掃除をする癖をつけると良いでしょう。夜、どうしても時間が取れない方は、少し早起きをして、散らかっている場所の整理するだけでも十分です。習慣つける為には、毎日、少しで良いので、整理できる時間を作り、部屋を片付けるよう心がけましょう。

まとめ

いかがでしたか?今回は部屋をキレイに維持する方法をご紹介しました。

  1. 部屋が散らかってしまう理由
  2. 片付け方について
  3. キレイな部屋を維持するコツ

これらのポイントを掴んで、部屋をキレイに維持してみてください。部屋がキレイだと、気分も上がり、毎日気持よく過ごすことができます。急な来客がきても、キレイな部屋だと焦る必要がありません。また、キレイな部屋だと、友達を家に呼んで料理を振る舞ったりするなど、お家での楽しみ方の幅も広がります。ぜひ、この記事を参考にして、毎日のキレイ習慣を身につけてみてはいかがでしょうか?

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!