服の片付け方法でお悩みの方! 簡単にスッキリさせるコツを伝授!

服の片付けでお困りではありませんか。きちんと片付けていないと、いつの間にか収納がいっぱいになってしまうものです。どんな服があるのか、どこにしまってあるのか分からないと何かと困りますよね。しかし、片付けが苦手だったりうまく捨てられなかったりして、なかなか片付かない方もいることでしょう。

そこで今回は、服を簡単にスッキリさせる方法とコツを詳しく解説します。

  1. 服が片付かないのはなぜ?
  2. 服を片付けられないときの解決方法
  3. いらない服の片付け方
  4. いらない服は売ることもできる
  5. いらない服の下取りサービスをチェック
  6. 服の片付けに関するよくある質問

この記事を読むことで、服を効率よく片付ける方法がよく分かります。服の片付けでお悩みの方は、記事を読んでみてください。

1.服が片付かないのはなぜ?

最初に、なぜ服が片付かないのか主な理由や断捨離するメリットなどを見ていきましょう。

1-1.数が多すぎる・捨てにくいなどが理由

服が片付かない主な理由には、以下のようなものがあります。

  • 数が多すぎる
  • 収納場所が少ない・ない
  • 収納方法が分からない

1-2.服を断捨離すればスッキリ片付く

服を断捨離して片付けると、以下のようなメリットがあります。

  • 物量が減ってスッキリ片付く
  • どんな服を持っているか見やすくなる
  • 買い足すべき服が分かり無駄な買いものが減る
  • 出し入れしやすくなる
  • 傷みにくい

1-3.4つのステップで服を片付ける

服を片付けるには、出す・仕分ける・処分する・収納するの4つのステップで進めていきましょう。

1-3-1.すべての服を出す

まずは、すべての服を出すことから始めましょう。洋服をすべて出すと、どんな服がどれだけあるのか分かります。買ったことを忘れていたものや、ほとんど着ていないものも多くあるはずです。

1-3-2.必要な服と不要な服に仕分ける

次に、必要な服と不要な服に仕分けましょう。必要な服は、普段着るものを中心に選んでください。スーツや喪服など、いざというときにないと困るものは残しておきましょう。また、以下のような服は、不用品として仕分けてください。

  • 傷みや汚れがひどい
  • サイズが合わない
  • 服の好みが変わった
  • 同じようなものが複数ある
  • 1年以上着ていない

1-3-3.不要な服を処分する

不要な服を仕分けたら、処分しましょう。服の処分方法には、以下のようなものがあります。服の状態などを参考に、処分方法を決めてください。

  • 自治体にゴミとして出す
  • 知人や施設にゆずる
  • 買い替えで下取りに出す
  • リセールする
  • 業者に処分を依頼する

1-3-4.必要な服だけを収納する

最後に、必要な服だけを収納していきましょう。不要な服を処分すれば、スッキリし片付くはずです。なお収納しきれないのなら、再度仕分けをしてみてください。

2.服を片付けられないときの解決方法

服を片付けられない理由や片付け方法を詳しく解説します。

2-1.仕分けが面倒・難しいなどで捨てられない

服を捨てられない理由には、主に以下のようなものがあります。

  • 仕分けが面倒
  • 仕分け基準が分からない
  • もったいない
  • 思い入れがある
  • やせたら着ようと考えている

上記のような悩みを解決する方法を、2-2以降で解説します。

2-2.服の適正量を知ることが大切

まずは、服の適正量を把握しておきましょう。最低限、1週間着回すことができる量があれば、問題ありません。まずは、手持ちの服で1週間分のコーディネートを考えてみるといいでしょう。実際に組み合わせてみると、ヘビーユースするもの・ほとんど出番がないものに分かれます。ほとんど出番がないものは、不要な洋服と考えて処分を検討してください。

2-3.服の収納場所を決めておく

服を適量以上に増やさないためには、収納場所を決めておくと効果的です。さらにクローゼットに入りきらない服は買わない・買ったら同じ数だけ処分すると決めておけば、服があふれることはありません。服の量に合わせて収納家具を購入するのはやめましょう。かえって不要な服が増え、片付かなくなる原因になります。

2-4.コンパクトにたたんで収納量を増やす

服のたたみ方や収納方法を工夫することで、収納量を増やすことができます。具体的には、以下を参考にしてください。

  • 種類ごとに同じ形・コンパクトにたたむ
  • なるべく縦に並べて入れる
  • クローゼットの上下・奥の空間を使う

たとえば、クローゼットの中につっぱり棒を使えば、かけて収納できる量が増えます。また、つっぱり棒2本に板を乗せると簡単な棚ができ、軽い服を乗せることも可能です。

3.いらない服の片付け方

いらない服の片付け方を詳しく解説します。

3-1.汚れや傷みが激しいものは自治体で処分してもらう

汚れや傷みが激しく中古品として再利用できない服は、少量なら自治体にゴミとして処分してもらいましょう。多くの場合、服は燃えるゴミとして処分することになるはずです。ゴミとして出す場合は、自治体ごとに決められた集荷場所・日時に出しておけば、無料で回収・処分してもらえます。

メリット

  • 無料で処分できる
  • 汚れ・傷みがあるものも処分できる

デメリット

  • 集荷場所・日時が決まっている
  • 集荷場所まで運ぶ必要がある
  • リサイクルされず廃棄処分となる

3-2.未使用品は福祉施設に寄付を考える

不要になった服でも、未使用品なら福祉施設に寄付することも考えましょう。特に、不足しがちな未使用の肌着などが喜ばれます。まずは、寄付先となる施設を探してみてください。自治体が募集していることもあるので、問い合わせてみるといいでしょう。

メリット

  • 喜んで使ってもらえる
  • ものを大切にできる

デメリット

  • 必ずしも寄付先があるとは限らない
  • 使用済みの服は受け入れてもらえないことが多い
  • 自分で配送手段を考える必要がある
  • 配送費用は自己負担

3-3.大量にある場合などは不用品回収業者に依頼する

処分する服が大量にある場合は、不用品回収業者に依頼すると多くのメリットがあります。まずは、業者に連絡して見積もりをもらい費用を確認してみましょう。なお、ほかに買取してもらえる不用品があるのなら、同時に依頼すると処分費用と相殺できて安くできます。なお、当ダスト. net東京でも服の処分をお受けしていまので、お気軽にご相談ください。

メリット

  • 時間と労力を節約できる
  • 自分で運ぶ手間がかからない
  • 都合のいい日時・場所を指定できる
  • ほかの不用品を同時処分できる

デメリット

  • 少量の服だけだと回収費用が割高になる

4.いらない服は売ることもできる

いらない服でも、条件によっては売ることも可能です。

4-1.人気ブランドでほぼ新品が買取対象

不要になった服でも、以下のようなものは買取してもらえることがあります。

  • 人気ブランド
  • ほぼ新品
  • 奇抜なデザインや流行遅れではない
  • 極端に小さい・大きいサイズではない
  • 汚れ・傷み・ひどい臭いがない

4-2.人気ブランド品はリサイクルショップや買取専門店に売る

リサイクルショップや買取専門店では、中古品として再販することを目的に服の買取を行っていることがあります。ただし、買取条件が厳しく、一部の人気ブランド品(シャネル・グッチなど)や人気アイテムに限られることも多いでしょう。また、汚れや傷みなどがあるとほぼ買取不可となる可能性があります。なお、買取不可となった服は引き取り処分もしてもらえないため、ほかの方法で処分を考えましょう。

4-3.ネットオークションやフリマサイトで売れることもある

ヤフオクなどのネットオークションやメルカリなどのフリマサイトでは、ファストファッションでも売れる可能性があります。店舗で売り切れになったアイテムや状態のいいものは、高額で売れることもあるでしょう。服の状態をありのまま説明する・送料を明記しておくと、落札してもらえる確率が上がります。ただし、個人間取り引きとなるため、クレームや支払い遅延などのリスクがあるのがデメリットです。出品の際には、落札者制限をかけるなどして迷惑入札を防ぎましょう。

5.いらない服の下取りサービスをチェック

いらない服は、メーカー回収や下取りキャンペーンを利用して処分することも可能です。

5-1.メーカー回収を利用する

リサイクル活動を推進する服メーカーでは、いらない服を回収していることがあります。たとえば、以下のようなメーカーです。メーカーによって、対象商品や特典の有無が異なるのでチェックしてから利用しましょう。

5-2.下取りキャンペーンを利用する

販売店の下取りキャンペーンを利用できないか確認してみましょう。販売店によっては、新規購入の促進や自社のリサイクル活動のひとつとして、期間限定で不要になった服の回収をしていることがあります。下取りキャンペーンを利用できれば、服を処分できるほか、新規購入の際に割引サービスを受けられることもありお得です。

6.服の片付けに関するよくある質問

最後に、服の片付けに関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.服の片付けで挫折しないためのコツは?
A.作業計画を立ててから手をつけることや、適宜休憩を入れて進めることです。一気に片付けようとすると、疲れてしまって挫折してしまいがちなので注意してください。また、片付けが終わったらプチご褒美を用意しておくのもいい方法です。

Q.服の片付けを行うタイミングは?
A.衣替えのタイミングで行うことをおすすめします。服の入れ替えと処分が同時に行え、効率よく作業できるからです。

Q.服を手軽にリサイクルする方法は?
A.手芸材料にして、クッションカバーやバッグを作るのもいい方法です。汚れた部分を除いてパッチワークすれば、オリジナリティーあふれる作品になることでしょう。汚れや傷みがひどい場合は、ぞうきんとして掃除に活用することもできます。

Q.子どもがひとりで片付けられるようにするコツは?
A.服の種類ごとに収納する場所を決め、ラベルを貼っておくといいでしょう。また、上手に片付けられたらカレンダーにシールを貼っていくと、子どものやる気がアップするのでおすすめです。

Q.以前片付けた服にカビが生えてしまったのですが?
A.収納場所の通気が悪い・ホコリなどで汚れている・温度が高いなどの条件がそろうと、カビが生えることがあります。服を片付けるときは、つめ込みすぎないようにし、通気性を確保しましょう。また、クローゼットなどは月に1回程度服を出してホコリを除去し、湿気を追い出してください。除湿剤を使うのもいい方法です。

まとめ

今回は、服の片付けについて詳しく解説しました。服が片付かない原因のひとつに、量が多すぎることが挙げられます。まずは、いったん全部出して不用な服を仕分けして処分し、量を減らすことが大切です。必要な服だけになれば、収納スペースに余裕ができて片付けやすくなります。なお、不要になった服を処分するときは、自治体にゴミとして出すほかに、リセールしたり資源リサイクルに回したりなども考えてみましょう。大量の服を処分したりそのほかの不用品があったりする場合は、不用品回収業者の利用がおすすめです。信頼できる業者に相談し、処分を依頼しましょう。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!