シュレッダーの処分方法を知りたい! 簡単・安く処分するコツは?

「シュレッダーを処分したいが、どんな方法があるのだろう」「できるだけ簡単で安く処分できる方法を知りたい」など、シュレッダーの処分方法をお探しではありませんか。故障や買い替えなどで不要になったシュレッダーを処分したくても、どこに・どんな方法で依頼すればいいのか分からないと困りますよね。

そこで今回は、シュレッダーを処分する方法やコツを詳しく解説しましょう。

  1. シュレッダーの処分を自治体に依頼する方法
  2. シュレッダーの処分を自治体以外に依頼する方法
  3. シュレッダーは買取してもらえる?
  4. シュレッダーの処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、シュレッダーの処分方法や注意点がよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.シュレッダーの処分を自治体に依頼する方法

最初に、シュレッダーの主な種類や自治体に処分を依頼する方法を見ていきましょう。

1-1.シュレッダーには手動式と電動式がある

シュレッダーには、手動式と電動式の2種類があります。

  • 手動式:小型で卓上に置ける・少量の書類の裁断に向く
  • 電動式:小型のものから大型のものまでさまざま・大量の書類を電動で裁断できる

なお、小型電動式シュレッダーは、自治体によって小型家電リサイクル法の品目指定を受けていることがあります。小型家電リサイクル法の品目であれば、役所や商業施設などに設置してある「専用回収BOX」に投入してください。無料で処分でき、資源リサイクルに回してもらうことが可能です。

1-2.不燃ゴミや粗大ゴミで捨てることができる

個人用のシュレッダーは、自治体に不燃ゴミや粗大ゴミで出すことができます。ゴミの区分に関しては、自治体ごとの回収ルールを参考にしてください。たとえば、1辺が30cm以内のものは不燃ゴミ・30cmを超えるものは粗大ゴミとするなど、まちまちです。なお、業務用のシュレッダーは産業廃棄物となり、自治体にゴミとして出すことができないため、ほかの方法での処分を検討してください。

1-3.処分費用は安いけど回収日時が決まっている

自治体にシュレッダーの処分を依頼する場合、以下のようなメリット・デメリットがあります。

メリット

  • 無料もしくは1台数百円程度~処分できる

デメリット

  • 回収日時・場所が決まっている
  • 回収場所まで運ぶ手間がかかる
  • まだ使えるものでも基本的にリサイクルされない
  • 粗大ゴミは事前予約が必要な自治体が多い
  • 業務用は処分を依頼できない

2.シュレッダーの処分を自治体以外に依頼する方法

シュレッダーの処分は、自治体以外にも依頼することができます。

2-1.買い替えなら販売店に引き取り処分してもらう

シュレッダーを買い替える場合は、販売店に不要になったものを引き取ってもらえるか聞いてみるといいでしょう。ただし、引き取りしてもらえるのは業務用のものや高額商品に限ることが多くなります。

メリット

  • 買い替えと同時に処分できる

デメリット

  • 販売店の指定機種を購入した場合だけのことがある
  • 購入台数と同等数だけの引き取りとなる
  • 引き取り処分だけで依頼できない

2-2.処分だけなら不用品回収業者に依頼する

買い替えを伴わず、処分だけしたいのなら不用品回収業者に依頼すると便利です。まずは、業者に連絡して見積もりをもらうといいでしょう。場所・日時指定での回収は、1回につき数千円程度~が費用目安になります。シュレッダー以外にも不用品があるのなら、同時に処分すればそれぞれ依頼するよりも割安となりおすすめです。

メリット

  • 自分で運ぶ手間が省ける
  • 時間と労力の節約になる
  • 指定日時・場所で回収してもらえる
  • 再販もしくは資源リサイクルで有効活用してもらえる
  • ほかの不用品との同時処分が可能

デメリット

  • 回収費用がかかる

3.シュレッダーは買取してもらえる?

不要になったシュレッダーでも、状態によっては買取してもらえることもあります。

3-1.人気メーカーでほぼ新品のものなどが対象

シュレッダーで買取してもらえるもの・してもらえないものの主な条件は、以下を参考にしてください。なお、買取相場は新品の5~15%程度が目安です。

買取してもらえるもの

  • 人気メーカー品(コクヨ・ナカバヤシ・アイリスオーヤマ・明光商会など)
  • ほぼ新品で年式が新しい
  • 故障・不具合がない
  • 目立つ汚れなどがない
  • 購入時の付属品・使用説明書などがそろっている
  • 業務用

買取してもらえないもの

  • 故障している
  • 年式が古い
  • ひどい汚れ・目立つ傷・破損があるもの
  • 無名メーカー品
  • 主要付属品の欠品
  • 小型の手動式シュレッダー(元値が安いため)

3-2.新しいものはリサイクルショップに売る

比較的新しくてまだ十分に使うことができるものは、リサイクルショップに売ることもできます。業者の査定を受け、買取可能で提示金額に納得できる場合は、そのままシュレッダーを引き渡して代金を受け取りましょう。

メリット

  • 持ち込んだその場で代金を受け取れる
  • 中古品として再販してもらえる
  • ほかの不用品と同時に買取してもらうことも可能

デメリット

  • 買取金額が安い
  • 買取不可でも引き取り処分してもらえない
  • 個人店では店頭持ち込みだけ対応のことが多い

3-3.ネットでリセールすることもできる

シュレッダーは、ネットオークションやフリマサイトでリセールすることもできます。ただし、個人間取り引きであり何度も落札者とやり取りする必要があるため、慣れている人におすすめです。

メリット

  • 売りたい金額を設定できる
  • 業者で買取不可となったものも出品できる
  • ネットオークションではタイミングによって高額落札もある
  • 落札者に喜んで使ってもらえる

デメリット

  • 必ずしも売れるとは限らない
  • 商品クレームや支払い遅延などのトラブルが起きることがある
  • フリマサイトでは値切り交渉がよくある
  • こん包や発送が面倒

4.シュレッダーの処分に関するよくある質問

最後に、シュレッダーの処分に関する質問に回答します。それぞれ確認しておいてください。

Q.シュレッダーを処分するときは紙ゴミが入ったままでいい?
A.紙ゴミは取り出し、可燃ゴミに出してください。なお、業務用のシュレッダーの紙ゴミには機密情報が含まれる場合があるので、業者に依頼して適切に処分してもらうことをおすすめします。

Q.シュレッダーの処分費用を安くするコツは?
A.不用品回収業者に依頼する場合、ほかに買取してもらえる不用品があれば、処分費用と相殺できて安くなります。オフィス家具や家電・パソコン・スマホなどの不用品があれば、業者に買取可能か相談してみるといいでしょう。

Q.シュレッダーをネットオークションに出品する際の注意点は?
A.無用なトラブルを避けるためにも、以下の点に注意してください。

  • 送料やこん包方法を明記する
  • 落札者制限をかけて冷やかし入札を避ける
  • 細かな傷など、欠点は隠さず明記する
  • できるだけこまめに進行状況をチェックし、質問や返答を迅速にする

Q.できるだけ高額買取してもらうコツは?
A.以下の点を参考にしてください。

  • 外観の汚れ・内部の紙ゴミをキレイにクリーニングしておく
  • 購入時の付属品をそろえておく
  • シュレッダーの買取を強化している業者に依頼する
  • 不要になったらできるだけ早く依頼する

Q.不用品回収業者を選ぶときの基準は?
A.以下の基準を参考にしてください。信頼できる業者なら、すべて当てはまります。

  • 不用品の回収実績が豊富
  • 見積もりは無料
  • リーズナブルで分かりやすい費用システム
  • 状態のいいものはできるだけ買取している
  • 希望の日時・場所で回収依頼できる
  • スタッフが親切で顧客からの評判がいい
  • 古物商許可・産業廃棄物収集運搬許可を取得済み

なお、当ダストネット東京でもシュレッダーの処分をお受けしています。まずは、お気軽にご相談ください。

まとめ

今回は、シュレッダーの処分について詳しく解説しました。シュレッダーは、自治体にゴミとして出すほかにもさまざまな方法で処分できます。まずは、どんな方法があるかを知り、最もメリットが大きいものを選ぶといいでしょう。なお、シュレッダーの処分は、不用品回収業者に依頼すると何かと便利です。まずは、信頼できる業者に相談してみるといいでしょう。なお、古物商許可・産業廃棄物数週運搬許可をいずれも取得済みの業者なら、個人用・業務用いずれのシュレッダーも処分を依頼できておすすめです。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!