フライパンの処分方法が知りたい! お得に手軽に処分するコツを紹介

「フライパンをお得に処分したい」「業者に頼むべきケースを知りたい」など、フライパンの処分方法で悩んでいる方は必見です。フライパンを自治体回収で処分する場合、ほとんどの自治体では「燃えないゴミ」に分類されます。しかし、未使用品で真新しい状態であれば、処分ではなく買取してもらいお得に処分できるでしょう。

本記事では、フライパンをお得かつ手軽に処分する方法を解説します。

  1. フライパンを自治体で処分する方法
  2. フライパンを下取りやリセールで処分できる?
  3. フライパンの処分を業者に依頼するケース
  4. フライパンの処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、フライパンを低費用で処分するコツが分かります。悩んでいる方や気になっている方は、ぜひ参考にしてください。

1.フライパンを自治体で処分する方法

一般的な処分方法といえる、自治体回収による捨て方を解説します。

1-1.フライパンは燃えないゴミで出せる

自治体回収で処分する場合、ほとんどの自治体ではフライパンを燃えないゴミに分類しています。多くのフライパンは鉄またはフッ素樹脂加工でできているため、普通ゴミとして燃えません。また、自治体によっては金属ゴミに指定されているところもあります。各自治体でゴミの分類が異なるため、事前にホームページや掲示板等で確認したほうがいいでしょう。

1-2.無料または数百円で処分できる

自治体回収で処分する大きなメリットは、無料または数百円程度の費用で処分できることです。燃えないゴミや金属ゴミなら、お金がかかるのは指定のゴミ袋だけでしょう。また、30cm以上のフライパンは粗大ゴミに指定され、回収費用が200〜500円ほどかかる自治体が多くなりますが、それでも安く抑えることができます。

1-3.ゴミの分類によって異なる処分方法

自治体回収の処分方法は、ゴミの分類で異なります。ここでは、燃えないゴミと金属ゴミ、粗大ゴミの2つに分けて、具体的な方法を解説しましょう。

1-3-1.燃えないゴミ・金属ゴミの場合

フライパンをキレイに洗った後、指定の袋に入れてゴミ捨て場に持って行くだけでOKです。ただし、すべての自治体が同じ方法で回収しているわけではなく、細かいルールが地域ごとに決められています。きちんと調べてから処分することが大切です。もし、間違った方法で処分してしまうと、適切にリサイクルされず、不法投棄とみなされてしまうので注意してください。

1-3-2.粗大ゴミの場合

一辺が30cm以上になる大きめサイズのフライパンは、ほとんどの自治体で粗大ゴミに分類されるでしょう。粗大ゴミの場合は、回収日と回収指定場所が決まっています。フライパン1つのためだけに、回収指定場所まで運ぶのは手間と時間がかかるのでデメリットとなるでしょう。また、自治体によっては、粗大ゴミを処分するために粗大ゴミ処理券を購入したり、事前の予約が必要になったりすることもあります。具体的な方法に関しては、各自治体のホームページをチェックしてください。

2.フライパンを下取りやリセールで処分できる?

まだ使える状態のフライパンを処分する場合、下取りやリセールは可能なのでしょうか。

2-1.下取り・引き取りをしてもらえる可能性も

フライパンを取り扱っている店舗の中には、調理器具の下取りまたは引き取りを行っているところがあります。たとえば、格安販売で有名な「ドン・キホーテ」では、フライパンを含めた衣料品・寝具・靴などの対象商品を5,000円購入するごとに、店舗で使える1,000円分のギフト券がプレゼントされるサービスを実施中です。期間限定で下取り・引き取りサービスを行っている店舗があるため、「フライパン 下取り」などインターネットサイトで検索してみてください。店舗に赴く予定があれば、直接聞いてみるのもいいでしょう。

2-2.新品のみリセールが可能

買い取ってもらえるフライパンは、基本的に新品・未使用品です。販売されている多くのフライパンは、表面にフッ素樹脂加工が施されています。フッ素樹脂加工は、使用するたびに剝がれてしまうのです。そのため、使用感があるフライパンは買取対象外となります。新品で状態がよく、さらに人気ブランドのフライパンなら通常よりも高値が期待できるでしょう。ティファール、錦見鋳造、YANAGI DESIGN、京セラなどのフライパンは、人気が高いので買取を行っている業者も多いのです。

2-3.店舗によって下取り・リセール条件がある

下取りやリセールは、費用をかけずお得に処分できる方法ですが、店舗によって条件が決まっています。たとえば、新品に限る・状態がいいもの・壊れて使えないものは買取NGなどです。すべてのフライパンが下取り・リセールの対象というわけではないため、事前にフライパンの状態を確認しておいたほうがいいでしょう。新品の場合は、ブランドや型番もチェックしてください。事前に確認したほうが、スムーズに売却できます。

3.フライパンの処分を業者に依頼するケース

では、フライパンの処分を業者に依頼したほうがいいケースとポイントを解説します。

3-1.フライパン以外にも処分したい不用品があるとき

フライパン1点だけを回収業者へ依頼するのは費用がもったいないので、まとめて不用品を処分したいときに依頼してください。たとえば、ボウル・鍋などのほかの調理器具や、衣類・CD・本・おもちゃ・ゲーム機・家具などさまざまな不用品があるはずです。特に、引っ越しや大掃除では大量の不用品が出てくるため、フライパンと一緒に回収業者にまとめて依頼するといいでしょう。まとめて依頼することで一気に片付けることができ、費用も最小限に抑えることができます。さらに、急を要する場合でも年中無休の回収業者なら、即日対応が可能です。

3-2.手間と時間をかけずに処分したいとき

大量の不用品やフライパンを種類ごとに分類するのは大変な作業でしょう。仕事や家事をしながら進めるには時間と手間がかかるため、その場合も回収業者に依頼してください。回収実績がある業者ほど、スピーディーかつ適切な方法で回収を行います。自分たちで仕分けをする必要はありません。回収からゴミの分類まで、すべての一連の作業を業者に任せられるのはとても大きなメリットといえるでしょう。片付けの時間がない方でも安心して作業を進めることができます。

3-3.買取の利用で回収費用が抑えられる

不用品の回収を行っている業者の中には、買取サービスを受けつけているところもあります。たとえ、フライパンが買取不可になったとしても回収してもらえますし、買い取ってもらった分から処分費用にまわすことができるので一石二鳥です。処分費用を抑えたいなら、回収と買取が同時に利用できる業者を選びましょう。不用品&粗大ゴミを格安で片付けている「ダスト.net 東京」では、即日対応はもちろんのこと、回収と買取サービスを行っています。無料見積もりを受けつけているので、ぜひ1度お問い合わせください。

3-4.業者選びのポイントは回収実績など

不用品の回収を行っている業者はたくさん存在しているので、どこに依頼すべきか悩むものです。そんなときは、以下のポイントに注目して選んでください。

  • 不用品回収実績があるか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 買取サービスも行っているか
  • 無料見積もりや無料相談を受けつけているか
  • 産業廃棄物収集運搬許可や古物商許可を取得しているか
  • 即日対応が可能か
  • 格安で回収してくれるか
  • 見積書が細部まで記載されているか
  • 口コミや評判がいいか

上記のポイントを踏まえて業者選びをすると同時に、複数の業者に見積もりを依頼してください。複数の見積もりを比較することで、最も費用が安い業者に依頼できるでしょう。

3-5.無料回収業者に依頼する際は要注意

不用品回収業者の中には、「無料で回収します!」といううたい文句で客寄せをする悪質な業者が存在しているのです。無料回収業者は魅力に映りますが、回収後に高額な追加料金を請求してくる可能性が高いので注意しましょう。実績のある業者に適切な費用を支払って回収してもらうほうが安心できます。

4.フライパンの処分に関してよくある質問

フライパンの処分に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.長く使う方法は?
A.フライパンを長く使い続ける方法は、種類ごとに特徴を知ることです。主な種類の鉄製・フッ素樹脂加工・ステンレス製・セラミックコートの特徴は以下のとおりとなります。

  • 鉄製:頑丈で長持ち・高温に強い・保温性や蓄熱性に優れている・サビやすい・手入れが必須
  • フッ素樹脂加工:材料がこびりつきにくい・水や油をはじきやすい・高温や強火での調理には不向き
  • ステンレス製:保温性と蓄熱性が優れている・フライパンが熱くなるまで時間がかかる
  • セラミックコート:摩耗に強い・金属製のヘラが使える・急な温度変化に弱い

上記の特徴を踏まえた上で、正しく使用しこまめに手入れを行うのが長持ちさせる秘訣です。基本的に、使用後は放置せず、すぐにキレイに洗うことを心がけましょう。

Q.正しく処分しなければどうなるの?
A.地域で指定されたルールに沿って処分しなければ、不法投棄とみなされ、5年以下の懲役または1,000万円罰金を支払わなければならなくなります。汚れがついたまま処分すると腐敗臭の原因につながり、近所から苦情が来るかもしれません。また、近年、日本では不法投棄のゴミが年間3万トンも発生しています。きちんとルールを守って処分することがリサイクルにつながり、地球保全になるのです。

Q.リサイクルショップで売れるフライパンの特徴は?
A.一般的に、買取対象となるのは新品のフライパンです。使用済みのフライパンはほとんど売れませんが、1度使用した新品状態に近いもの・飲食店などで使用するプロ用の高いものなどは売れる可能性があります。ただし、あくまで可能性なので、まずは買取店などに査定を依頼してください。
また、外箱や取扱説明書などの付属品が残っている新品のフライパンは買い手がつきやすいので、リサイクルショップで売れるでしょう。回収業者の中には、買取と回収を行なっているところがあり、同時に利用したい方におすすめです。

Q.ネットオークションやフリマサイトでも売れるの?
A.市場価値を持っているフライパンなら、落札される可能性があります。しかし、必ずしも希望額で売れるとは限りません。買い手が見つかるまで保管しなければならない・発送手続きなどすべて自分で行わなければならないというデメリットもあります。また、近年は、「商品を送ったのに入金されない」「商品にケチをつけられ減額せざるを得なかった」など、落札者との間でトラブルも起きているので要注意です。ネットオークションを利用する際は、これらのデメリットを踏まえた上で利用してください。

Q.回収業者の利用が向いている人は?
A.主に、以下の項目に当てはまる方は回収業者の利用に向いているといえるでしょう。

  • フライパンの売却や処分に多くの時間を奪われてしまいたくない
  • 多少のコストがかかっても気にしない
  • フライパンの売却や処分方法を自分で調べるのが面倒
  • インターネットオークションの売り手と買い手のトラブルや悪徳業者とのトラブルに巻き込まれたくない方
  • ゴミ屋敷などの悩みを抱えている

ダスト.net 東京」では、不用品の片付けや買取サービス、ハウスクリーニングを行っているのでゴミ屋敷状態でも安心して元どおりにすることができます。お悩みの方は、ぜひ1度ご相談ください。

まとめ

フライパンの一般的な処分方法は、自治体回収で捨てることです。ほとんどの自治体では、燃えないゴミに分類されていますが、地域によってゴミの分類や処分方法が異なるので注意してください。また、未使用品・新品の場合は買い取ってもらえる可能性があります。不用品がまとめて処分できる回収業者の中には、買取サービスも行っているところがあるので、同時に利用できるでしょう。たとえ、買取不可になったとしても処分できるため、手間と時間をかけずに手放せるのが大きなメリットです。ただし、不用品回収業者に依頼する際は、なるべく実績があるところを選んでください。「回収無料」を謳った悪徳業者に注意しましょう。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!