電気ケトルの処分方法を紹介! 買取してもらえる電気ケトルの特徴も解説

「電気ケトルが不要になったが、処分方法に迷っている」という人はいませんか? 電気ケトルはゴミとして処分できるほか、リサイクル品として回収してもらうこともできます。また、条件によっては売却できることもあるでしょう。今回は、電気ケトルの処分方法を紹介します。

  1. 電気ケトルの処分方法
  2. 電気ケトルの中古需要について
  3. 電気ケトルを買取してもらう方法
  4. 電気ケトルの買取に関するよくある質問

この記事を読めば、電気ケトルの処分方法に悩むことはありません。電気ケトルの買い替えや処分を考えている人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.電気ケトルの処分方法

はじめに、電気ケトルの処分方法を紹介します。

1-1.自治体で回収してもらう方法

全国ほとんどの自治体で、電気ケトルをゴミとして回収しています。何ゴミにあたるかは自治体によって異なるので、市役所のホームページなどで確認しましょう。不燃ゴミなど回収日が少ないゴミに該当することが多いので、処分する場合は時間に余裕をもって行うのがおすすめです。

1-2.小型家電リサイクル法に沿って回収してもらう方法

自治体によっては、小型家電リサイクル法に沿って回収ボックスを設置しているところもあります。電気ケトルが回収対象になっている場合は、回収ボックスを利用してみましょう。また、家電量販店の中にも回収ボックスを設置しているところもあります。また、有料で小型家電を回収している店舗もあるので、利用してみてもいいでしょう。

1-3.不用品回収業者を利用する方法

理由があって今すぐに電気ケトルを処分したい場合や、電気ケトル以外にも不用品がたくさんあって一挙に処分したい場合は、不用品回収業者を利用してみましょう。不用品回収業者は、企業や家庭から出た不用品を有料で回収してくれる業者です。また、電気ケトルはリセールしたり部品をリサイクルできたりするので、条件つきで無料回収している業者もあります。不用品回収業者は、ネットを利用して探したり申し込んだりするのが便利です。早ければ、その日のうちに見積もりを出してくれます。

2.電気ケトルの中古需要について

この項では電気ケトルの買取事情を紹介します。

2-1.電気ケトルは一定の中古需要がある

電気ケトルは、中古でも一定の需要があります。使用期間が短く、ティファ―ルやタイガーなど人気のメーカーのものは、売却できる可能性が高いでしょう。

2-2.買取可能な電気ケトルの条件

電気ケトルは、毎年のように新商品が出ます。また、電気ケトルの修理など保証期限は5年間です。ですから、発売後5年以内の電気ケトルであることが、買取の第一条件となります。また、落ちない汚れや傷がついているものや、部品に欠品がある場合も買取不可となることが多いでしょう。

3.電気ケトルを買取してもらう方法

この項では、電気ケトルを買取してもらう方法を紹介します。

3-1.電気ケトルはリサイクルショップで買取してもらえる

電気ケトルは、一般的なリサイクルショップで買取してもらえます。買取方法は、直接店舗に持ち込み買取か、宅配便でショップへ査定を依頼する郵送買取が基本です。郵送買取は遠方からでも査定を申し込めますが、値段がつかない場合や査定額に納得しない場合は、返送料金が発生する可能性があります。郵送買取を利用する場合は、送料をよく確認して申し込みましょう。
なお、買取額の平均は、数百円~数千円程度です。

3-2.査定額をアップしてもらう方法

電気ケトルを査定に出す場合は、キレイにホコリや汚れを取り、外箱や説明書などをすべてそろえておきましょう。新品に近い状態であるほど、査定額が高くなります。また、不要になったら即査定に出すことも大切です。前述したように、電気ケトルの保証期限は5年なので、たとえ未使用でも、発売後5年以上たった電気ケトルは買取不可になることが多いでしょう。

3-3.ネットオークションやフリマサイトを利用して自分で買い手を探す方法

ネットオークションやフリマサイトを利用すれば、自分で買い手を探すことができます。また、発売後5年以上経過した電気ケトルや、リサイクルショップで値段がつかなかったものも、買い手が見つかることもあるでしょう。ただし、必ず買い手がつくとは限りません。出品する場合は、メーカー・型番・状態を写真と共に掲載しましょう。買い手がつきやすくなります。

4.電気ケトルの買取に関するよくある質問

この項では、電気ケトルの買取に関するよくある質問を紹介します。

Q.電気ケトルは、外国製のものでも買取してもらえるでしょうか?
A.リサイクルショップでは買取が難しいかもしれませんが、ネットオークションなどに出品すると買い手がつく可能性があります。

Q.フリーマーケットでも電気ケトルを販売できるでしょうか?
A.できますが、千円以上の値段をつけると買い手がつきにくくなります。

Q.電気ケトルを寄付することはできるでしょうか?
A.可能です。電気ケトルは便利なので喜ばれることも多いでしょうが、必ず事前に確認したうえで寄付してください。いきなり持っていってはいけません。

Q.電気ケトルの寿命はどのくらいですか?
A.毎日使っている場合、2~5年が平均となります。家電の中では短めです。

Q.ティファールやタイガーの電気ケトルならば、高値が期待できるでしょうか?
A.はい。やはり有名メーカーの電気ケトルは人気があります。高性能で使用感が少なければ数千円で買取してもらえる可能性もあるでしょう。

まとめ

いかがでしたか? 今回は電気ケトルを処分する方法や売却する方法を紹介しました。電気ケトルは家電の中では処分しやすいものです。しかし、自治体によっては回収日が少ないゴミに該当するので、時間に余裕をもって処分しましょう。また、電気ケトルを使わないと分かった時点で売却するのが高額査定をしてもらうコツです。電気ケトルは結婚式の引き出物などでも人気がありますが、使わないならばそのまま売却しましょう。無名のメーカーのものでも、未使用ならば1,000円程度の値段がつくこともあります。元値が高ければ査定額も高値が期待できるでしょう。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!