物干し竿の処分方法を4つ紹介!お得な処分方法もあるって本当?

「物干し竿を処分したいが、捨て方が分からない」「何ゴミになるのか?」という悩み、よく分かります。どの家庭にもある物干し竿ですが、劣化による買い替えや引っ越しで処分を検討することもあるでしょう。しかし、物干し竿は長さがあるため、どうやって捨てればよいのか迷いますよね。この記事では、物干し竿を処分する方法やそれぞれのメリット・デメリット・費用などをまとめてご紹介しましょう。

  1. 物干し竿を処分する際の困りごとは?
  2. 自治体処分で捨てる場合
  3. 買い替えで処分する方法
  4. 買取処分してもらうことも可能なのか?
  5. 物干し竿の処分を不用品回収業者に依頼するメリット
  6. 物干し竿の処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、物干し竿を処分する前にやるべきことや不用品回収業者に依頼する場合の費用などが分かるはずです。

1.物干し竿を処分する際の困りごとは?

まずは、物干し竿を処分する際の困りごとや注意点をまとめました。

1-1.何ゴミに分類されるのか分からない

物干し竿にはステンレスやアルミ・スチール・鉄などさまざまな素材のものがあります。本来、物干し竿は素材にかかわらず粗大ゴミに分類している自治体がほとんどです。しかし、「素材ごとに捨て方が違うのではないか?」と思い、捨て方に迷ってしまう人がたくさんいます。

1-2.長さがある

物干し竿の特徴といえば、長さがあることです。基本的に、指定のゴミ袋に入る大きさのものであれば、燃えるゴミや燃えないゴミとして捨てられる場合がほとんどでしょう。しかし、物干し竿はゴミ袋に入りきる長さではありません。「ゴミ袋からはみ出していたら捨てられないのか?」と悩む人も多いでしょう。

1-3.素材によっては解体が難しい

自治体によっては、物干し竿を短く解体してゴミ袋に入れれば燃えないゴミとして捨てられるところもあります。しかし、素材によっては自分で解体するのが難しく、ケガをする恐れもあるため、注意が必要です。

2.自治体処分で捨てる場合

自治体回収を利用して物干し竿を捨てる場合、事前にやっておくことやメリット・デメリットなどをご紹介しましょう。

2-1.何ゴミに分類されるか確認する

物干し竿が何ゴミに分類されるかは、自治体によって異なります。切断して燃えないゴミとして捨てることができるのか、粗大ゴミとして捨てる必要があるのか、事前に確認が必要です。粗大ゴミに分類される場合は、電話かインターネットで申し込みをし、粗大ゴミ処理券を購入する必要があることが多くなっています。回収日時や場所・料金を確認し、準備しておきましょう。

2-2.素材によって切断方法を考える

物干し竿を短く切断して燃えないゴミとして捨てる場合は、素材によって適した切断方法を考える必要があります。足で踏みながら折り曲げるだけで簡単に切断できるものもあるため、試してみるとよいでしょう。しかし、短くなってくるとこの方法では切断するのが難しくなります。また、自分で折り曲げることができない素材の場合もあるため、電動のこぎりを用意しておくとよいでしょう。

2-3.費用は安く済むが、手間がかかる

自治体を利用して物干し竿を捨てるメリットは、安さと安心感でしょう。粗大ゴミとして捨てる場合でも、処分料金は500円以内の自治体がほとんどです。もちろん、相手が自治体ということで確実に処分してもらえるという安心感も大きいと思います。その反面、手間がかかるのがデメリットです。物干し竿を解体するのも、粗大ゴミの申し込みや処理券の購入も、面倒に感じる人は多いでしょう。

3.買い替えで処分する方法

物干し竿を買い替えで処分する場合、下取りや引き取りを依頼することはできるのでしょうか。

3-1.下取りや引き取りを受け付けているところもある

販売業者によっては、不要になった物干し竿の下取りや引き取りを受け付けているところもあります。特に、トラックで地域を回りながら物干し竿を販売している業者の中には、無料回収を受け付けているところが多いでしょう。ただし、販売している物干し竿の値段が高いこと・悪質業者が多いことなど、注意点もあります。

3-2.新しい物干し竿の購入が前提

下取りの場合は、新しい物干し竿の購入が条件になります。新規購入代金から下取り分を差し引いてもらえることになるでしょう。ただし、物干し竿の状態によっては、無料引き取りになる場合もあります。

3-3.購入と処分が同時にできるが、受け付けている業者は少ない

販売業者による下取りや引き取りを利用するメリットは、新規購入と古い物干し竿の処分が同時にできるという点です。下取りしてもらえれば、新規購入代金も抑えることができます。ただし、下取りや引き取りを受け付けている業者が少ないこと・新規購入が条件になるため、処分だけを希望する場合は利用できないことなどがデメリットです。

4.買取処分してもらうことも可能なのか?

物干し竿を買取してもらう方法や注意点をご紹介します。

4-1.状態によっては買取も可能

最近はホームセンターなどで安く物干し竿を購入できるため、わざわざ中古品を探す人は多くありません。そのため、買取需要は低いといえるでしょう。ただし、新品同様のきれいな物干し竿であれば、「少しでも安く買いたい」という人が購入を希望するケースもあります。新品同様のものを捨てるのは確かにもったいないので買取に出してみるとよいでしょう。

4-2.リサイクルショップだと持ち込むのが難しい

物干し竿を買取に出すには、リサイクルショップを利用する方法があります。近所にリサイクルショップがあれば、持ち込んでみるとよいでしょう。その場で査定してもらえます。ただし、物干し竿は長さがあるため、車に積み込むのが難しい場合もあるでしょう。また、状態によっては買取対象外となり、持ち帰らなければならなくなります。

4-3.配送が困難なので自分で売るのは現実的ではない

そのほかにも、知り合いに欲しい人がいれば直接売る方法や、ネットオークションに出品して売る方法もあります。ネットオークションは自分で出品価格を設定できるため、うまくいけばリサイクルショップなどに比べて高く売れる可能性もあるでしょう。しかし、物干し竿をこん包して発送するのは手間がかかります。直接会って受け渡しができる人限定にするなど、面倒なことも多いでしょう。

5.物干し竿の処分を不用品回収業者に依頼するメリット

不用品回収業者に依頼するべきケースや依頼方法・料金などをまとめました。

5-1.ほかにも不用品が大量にある場合は便利

不用品回収業者に依頼すべきケースは、ほかにも不用品が大量にある場合です。物干し竿1点だけを依頼すると出張費用が割高になってしまう可能性があります。また、そのためだけに自宅まで回収に来てもらうのは抵抗がある人も多いでしょう。ほかにも処分したい不用品があり、「自分で運ぶのは難しい」「分別するのが面倒」というときは、利用してみることをおすすめします。

5-2.まずは無料見積もりを依頼する

不用品回収業者に依頼する際の流れは、一般的に以下のとおりです。

  1. 業者のホームページまたは電話で無料見積もりを依頼する
  2. 見積書の内容に納得したら、回収日時を決定する
  3. 希望の日時に自宅まで来てもらい、正式な見積もりを出してもらう
  4. 作業開始
  5. 支払い

5-3.回収料金の相場は1,500円前後

一般的に、物干し竿の回収を不用品回収業者に依頼した場合の料金相場は1,500円前後です。ただし、業者によって料金設定は異なるため、できれば複数の業者を比較しておくと安心でしょう。「ダスト.net東京」では、お得なパック料金も用意しています。依頼する不用品の量によって適切な料金プランを選ぶことができるため、ぜひチェックしてみてください。

5-4.悪徳業者の存在に注意!

不用品回収業者を利用する際の注意点に、悪徳業者の存在があります。中には必要な許可を持たずに営業している違法業者も存在しており、さまざまなトラブルが発生しているのです。「見積書と違う高額な料金を請求された」「見積料金が高かったので断ったら脅された」などの例もあるため、業者選びは十分慎重に行ってください。

6.物干し竿の処分に関するよくある質問

「物干し竿の処分方法を知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.ゴミの捨て方が自治体によって異なるのはなぜでしょうか?
A.ゴミ回収のルールは、ゴミ処理場の大きさや処理能力によって各自治体が決めるためです。

Q.物干し竿の処分を自治体に依頼するか不用品回収業者に依頼するかで迷っています。どうやって決めればよいでしょうか?
A.少しでも安く処分したいなら自治体、費用はかかっても手間をかけずに処分したいなら不用品回収業者がおすすめです。それぞれのメリットとデメリットをよく比較して決めるとよいでしょう。

Q.悪質な不用品回収業者の特徴を教えてください。
A.見積書や領収書の発行を拒む業者や、トラック1台で地域を回っている業者・訪問販売で営業している業者には注意しましょう。

Q.安心して任せられる不用品回収業者を選ぶには、何をチェックすればよいですか?
A.一般廃棄物収集運搬業の許可を得ているか・豊富な実績があるか・事務所の所在地を明らかにしているか・スピーディーな対応をしてくれるかなどをチェックしましょう。

Q.物干し竿以外にも処分したいものがあるので不用品回収業者に依頼しようと思います。少しでも安く済ませるには、どうしたらよいでしょうか?
A.不用品の回収と買取を同時に受け付けている業者を選んでください。状態のよいものは買取してもらえるため、お得に処分できます。

まとめ

不要になった物干し竿の処分方法について、詳しくご紹介しました。物干し竿は長さがあるため、処分方法に悩む人は多いでしょう。しかし、選択できる処分方法はいくつかあります。ぜひこの記事を参考にして、自分に合った処分方法を見つけてください。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!