洋服の捨て方を知りたい人は必見! 最も簡単&お得な方法を教えます!

「洋服が増えすぎて処分したいが、いい捨て方はないか」「どんな洋服を処分するべきか、迷っている」など、洋服の捨て方でお悩みではありませんか? 洋服は、計画を立てずにどんどん購入していると、いつのまにか増えてしまいますよね。しかし、収納スペースにも限界があるのも事実です。

そこで今回は、洋服の捨て方について詳しく解説します。

  1. 洋服が多すぎることによるデメリット
  2. 洋服を捨てるメリットは?
  3. 捨てる洋服を選ぶ基準は?
  4. 不要になった洋服の捨て方
  5. 洋服を買取に出す方法は?
  6. 洋服の捨て方に関するよくある質問

この記事を読むことで、洋服を捨てる方法や注意点がよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.洋服が多すぎることによるデメリット

最初に、洋服が多すぎるとどんなデメリットがあるのか見ていきましょう。

1-1.収納が足りない

洋服が多すぎると、収納しきれなくなります。収納しきれない洋服が部屋にあふれ出して収拾がつかなくなり、部屋が散らかってしまうのが問題です。集合住宅などでもともと収納が少ない家では、余計に困るでしょう。収納場所に見合った洋服の量に減らすことが大切です。

1-2.洋服が行方不明になる

洋服が多すぎると、着たいのものが行方不明になることがあります。特に、収納ルールを決めずにどんどんつめ込んでいる場合は、お目当ての洋服を見つけるまでに時間がかかり非効率です。また、どんな洋服があるのか分かりづらくなるため、同じような洋服を買ってしまいがちなのも問題でしょう。

1-3.洋服が傷みやすい

洋服が多すぎると、収納方法が雑になったりつめ込みすぎたりし、傷みやすくなるのがデメリットです。たとえば、洋服同士がこすれあって繊維が擦り切れることがあります。また、通気が悪くなるので湿気がこもりやすく、シミやカビ・害虫が発生することもあるのです。大切な洋服を状態よく保管するためには、量が多すぎることはマイナスと言えるでしょう。

2.洋服を捨てるメリットは?

洋服を捨てるメリットはたくさんあります。主なものを見ていきましょう。

2-1.収納に余裕が出て出し入れが楽になる

洋服を捨てると、収納スペースに余裕が出て、出し入れが楽です。たとえば、着たい洋服を出すためにほかの洋服を出すといった手間が省け、収納もスムーズにできます。また、収納から洋服があふれることがなくなり、散らかりにくくなるため、部屋がスッキリするのもメリットです。

2-2.どんな洋服がどれだけあるのか分かりやすい

洋服を捨ててクローゼットがスッキリすると、どんな洋服がどれだけあるかすぐに分かります。すると、コーディネートを考えるのも楽になり、次に買うべき洋服もイメージしやすくなるでしょう。同じようなものを買ってしまうこともなくなり、結果的に被服費の節約につながります。

2-3.洋服が傷みにくい

洋服を捨てて適量になれば、適度に余裕を持って収納できるため、洋服が傷みにくくなるのもメリットです。洋服同士がこすれにくく、風通しもよくなり、いいコンディションのまま保管しやすくなります。着ようと思ってクローゼットから出したら傷んでいた、という失敗もなくなることでしょう。

3.捨てる洋服を選ぶ基準は?

捨てる洋服を選ぶ基準について、詳しく解説します。

3-1.傷みや汚れがひどい

傷みや汚れがひどいものは捨てましょう。家で着ればいいので捨てるのはもったいない、と言っているうちにどんどん増えてしまいます。また、汚れがひどいものは、カビや害虫が発生する原因になりやすいのもデメリットです。すでに洋服としての寿命を終えたと考え、処分しましょう。

3-2.サイズや好みが合わない

サイズや好みが合わなくなった洋服も、捨ててください。やせたり太ったりしてサイズが合わなくなった洋服を、「いつか着ることもあるだろう」と持ち続けることはおすすめしません。また、好みが変わって着なくなったものも同様です。状態のいいものなら、古着として誰かに着てもらえる可能性もあります。早めに決断し、処分しましょう。

3-3.同じような服が複数ある

同じような服が複数枚あるときも、捨てることをおすすめします。特に気に入ったデザインでヘビーローテーションとなっているもの以外は、同じようなものがあっても着る機会がないはずです。必要最低限を残し、そのほかは処分しましょう。

4.不要になった洋服の捨て方

不要になった洋服の捨て方を詳しく解説します。

4-1.自治体にゴミとして出す

不要になった洋服は、自治体にゴミとして出すことができます。多くの場合は、可燃ゴミになりますが、自治体によっては「古布」として別扱いになることもあるので確認してください。自治体にゴミとして出した場合、処分費用が無料なのが主なメリットです。デメリットとしては、集荷日時と場所が決まっている・集荷場所まで運ぶ手間がかかる・状態のいいものでもリサイクルされずに廃棄処分となるなどがあります。

4-2.不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者に依頼すると、不要になった洋服を回収・処分してもらえます。業者によって、以下の3つの方法で回収してもらえるので確認してください。

  • 店頭持ち込み:業者の店頭に直接持ち込む・業者の店頭までの交通費を自己負担
  • 宅配回収:宅配便にて業者に送付する・1回につき1,000円程度~
  • 出張回収:場所と日時を指定し、業者に回収してもらう・1回につき数千円程度~

なお、洋服以外の不用品で買取対象となるものがあれば、同時に依頼すると処分費用と相殺できてお得です。当ダスト.net 東京でも、不要になった洋服の処分や不用品買取のご相談をお受けしています。お気軽にご相談ください。

5.洋服を買取に出す方法は?

不要になった洋服の中には、買取してもらえるものが含まれている可能性があります。

5-1.人気ブランドや状態のいいものなどが対象

洋服で買取対象となるのは、以下のようなものです。

  • 人気ブランド品
  • 傷み・汚れがない
  • 極端に小さい・大きいサイズではない
  • 流行に左右されないデザイン
  • 高品質な素材を使用している

5-2.どんな買取方法がある?

洋服の買取方法には、主に以下のようなものがあります。

5-2-1.洋服買取専門店に売る

洋服買取専門店では、中古需要の高い洋服を中心に買取してもらえます。たとえば、以下のような高級・人気ブランドの洋服は高値で売れる可能性があるでしょう。買取価格は、新品の5%程度~が相場です。

  • ルイ・ヴィトン
  • グッチ
  • シャネル
  • エルメス
  • バーバリー

また、百貨店などで人気のブランドも、状態のいいものは買取してもらえることがあります。まずは、業者の査定を受けてみるといいでしょう。なお、買取不可の場合は引き取り処分もできない業者が多いので事前に確認してください。また、ブランドの有無や状態・種類にかかわらず1kg100円~で買取してもらえる業者もあります。

5-2-2.フリーマーケットで売る

フリーマーケットで古着として売ることもできます。売りたい洋服が大量がある・お客と直接やり取りしたい場合など、特におすすめです。まずは、実施日程や主催団体を確認し、都合がいいものに申し込んでみるといいでしょう。なお、人気の高いフリーマーケットは抽選制となり、必ずしも参加できるとは限りません。また、出店料や現地までの交通費などがかかる・売れ残ることもあるなどの点もデメリットです。

5-2-3.ネットオークションやフリマサイトで売る

ネットオークションやフリマサイトでは、中古の洋服の取り引きが盛んに行われています。特に状態のいいものや、人気アイテムは高値落札もあるのでチェックしてみてください。流行のデザインのものは、早めに出品するといいでしょう。また、業者で買取不可となったものでも出品でき、自分の売りたい価格を付けられる点もメリットと言えます。ただし、ものによってはなかなか落札されない・商品クレームや支払い遅延などのリスクもあることから、日ごろから取り引きに慣れている人向けと言えるでしょう。

5-3.交通費や配送費用を考えると赤字もある

洋服を売るときは、交通費や配送費用なども考えて決めましょう。買取価格が付いても、交通費や配送費用がかかるのでは、ほとんど利益になりません。また、持ち込んだり送ったりする手間を考えれば、赤字となることもあるでしょう。買取不可となった場合、引き取り処分も依頼できずに二度手間となることもあります。買取方法を選ぶときは、メリットだけでなくデメリットもきちんと理解してからにしましょう。

6.洋服の捨て方に関するよくある質問

最後に、洋服の捨て方に関する質問に回答します。それぞれ目をとおしてください。

Q.洋服のボタンやファスナーは外して捨てるべきか?
A.自治体の指示に従ってください。自治体によっては、なるべく素材ごとに分別して出すことになっています。中には、特に外さなくても可燃ゴミなどで出すことができる自治体もあるでしょう。

Q.洋服を捨てずにリサイクルするアイデアは?
A.たとえば、以下のような活用方法があります。

  • 手芸材料にする
  • ウエスにする

比較的キレイで傷みの少ない部分を使ったり、パッチワークをしたりすると無駄が少なくなります。

Q.買取価格を少しでも高くするコツは?
A.以下を参考にしてください。

  • きちんと洗濯・クリーニングしておく
  • なるべく枚数をまとめて売る
  • 不要になった時点で早めに買取に出す
  • 洋服を高価買取している業者に依頼する

Q.愛着のある洋服で捨てる決心がつかないのですが?
A.特に愛着のある洋服は、無理に捨てなくても大丈夫です。捨てると後悔する可能性のあるものは、保留にしてください。

Q.形見でもらった洋服でも処分していい?
A.形見でもらったものでも、趣味が合わない・汚れや傷みがひどいなどの理由がある場合は、処分してもいいでしょう。気が引けるのなら、故人のことを思い出して感謝の言葉を念じ、ほかのゴミと別の袋に入れて処分してください。

まとめ

今回は、洋服の捨て方について詳しく解説しました。洋服が多すぎると、収納が足りなくなる・目当ての洋服が見つかりにくい・傷みやすくなるなど、たくさんのデメリットがあります。まずは、不要な洋服を仕分けて、総量を減らしましょう。不要になった洋服は、ゴミに捨てる以外ににもさまざまな処分方法があります。中には、買取してもらえたり再生資源として活用できたりするものもあるので、調べてみるといいでしょう。なお、処分方法を決めるときは、手間や時間・費用などを総合的に判断し、最もメリットが大きなものを選ぶことをおすすめします。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!