引っ越し時の不用品を廃棄する方法を解説! 効率的な処分方法は?

「引っ越しの際に不用品の廃棄がうまくいかず悩んでいる」という人は多いことでしょう。引っ越しをすると、意外なものが不要になることもあります。また、「不用品をゴミとして処分したいけれど捨て方が分からずに困った」というケースもあるでしょう。かといって、引っ越し先に持っていっていくのも大変なうえ、場所も取ります。

今回は、引っ越しの際に出る不用品の効率的な処分・廃棄方法を紹介しましょう。

  1. 引っ越しの際、不用品の廃棄に困る理由
  2. 自治体に不用品の回収を依頼する方法
  3. 家電リサイクル法対象家電・小型家電の処分方法
  4. 引っ越し業者に不用品の廃棄を依頼する方法
  5. 買取サービスなどで不用品を処分する方法
  6. 不用品回収業者を利用する方法
  7. ​引っ越し時の不用品廃棄に関するよくある質問

この記事を読めば、引っ越し間際になって「不用品が処分できない」と悩むことはありません。引っ越しの予定がある人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.引っ越しの際に不用品の廃棄に困る理由

はじめに、引っ越しの際に不用品廃棄が大変な理由を紹介します。

1-1.大型家具や家電が不要になることがある

引っ越しをすると、ソファーやベッドなどの大型家具や、冷蔵庫・テレビなどの大型家電などが不要になることがあります。大型家具など粗大ゴミに指定されているものは、自治体の回収回数も少なく、引っ越しまでに廃棄の機会を逃すことも多いでしょう。また、テレビ・冷蔵庫(冷凍庫)・洗濯機・エアコンは家電リサイクル法対象家電なので、自治体では回収できません。そのため、「不要になったが、廃棄をする方法が分からない」と悩む人もいるでしょう。

1-2.タイムリミットがある

引っ越しまでに不用品をすべて廃棄しようと思うと、計画的に行っていく必要があります。しかし、引っ越し直前になって「急に不用品がたくさんでてきた」ということも珍しくありません。つまり、綿密な計画を立てていても、その通りに行かないケースも多いのです。

1-3.不用品を廃棄する暇がない

引っ越し前は、やることがたくさんあります。不用品の廃棄はどうしても後回しになってしまいがちです。その結果、直前になって慌てることもあるでしょう。

2.自治体に不用品の回収を依頼する方法

この項では、引っ越しの際の出る不用品の廃棄を自治体に依頼する方法を紹介します。

2-1.自治体に不用品の回収を依頼する方法

自治体によってゴミ出しのルールが異なるため、まずはルールを確認しましょう。自治体のサイトにゴミ出しのルールや回収日が記載されています。どのようなゴミも月に1度は回収日があるので、引っ越しの日から逆算し、1か月前から捨て始めるといいでしょう。特に、粗大ゴミは自治体によって出し方が異なり、有料のこともあるのでよく確認して出しましょう。
また、自治体によっては、直接処理場にゴミを持ちこめるところがあります。トラックなどを手配できる場合は、直接持ち込んでもいいでしょう。

2-2.自治体に回収してもらうメリット

自治体に不用品を回収してもらえば、最も費用をかけずに不用品を廃棄できます。また、リサイクルゴミに出せば、エコ活動にも役立つでしょう。

2-3.自治体に回収を依頼するデメリット

前述したように、家電リサイクル対象家電やデスクトップパソコンは自治体では回収できません。また、自治体独自に「回収不可能なもの」を指定しているところもあります。さらに、自治体では家まで不用品の回収には来てくれないので、大きな家具や家電が不要になった場合、「ゴミ捨て場まで持っていけないので回収してもらえない」といったケースもあるでしょう。

3.家電リサイクル法対象家電・小型家電の処分方法

この項では、家電リサイクル法対象家電・小型家電の処分方法を解説します。

3-1.家電リサイクル法対象家電の回収方法

家電リサイクル法対象家電は、郵便局でリサイクル券を購入して家電量販店に回収してもらうか、自治体が定めた回収場所に持っていきます。家まで業者に回収しに来てもらう場合は別途運送料がかかるので注意しましょう。自分で自治体が定めた回収場所に持っていく場合は、リサイクル料だけで大丈夫です。回収場所については自治体のサイトを確認してください。

3-2.小型家電をリサイクル品として回収してもらう方法

また、自治体によっては小型家電をリサイクル目的で回収しているところもあります。小型家電をリサイクルしている自治体にお住まいの場合は、所定の場所にある回収ボックスに小型家電を持っていけば、リサイクルしてもらえるのでおすすめです。家電量販店でも、小型家電を無料回収しているところがあります。住んでいる場所の近くに小型家電を回収している店舗がある場合は、利用してみましょう。費用はかかりません。

4.引っ越し業者に不用品の廃棄を依頼する方法

この項では、引っ越し業者に不用品の廃棄を依頼する方法を紹介します。

4-1.引越し業者に不用品の廃棄を依頼する方法

引っ越し業者によっては、有料で不用品の廃棄を依頼できます。ただし、すべての業者が行っているサービスではないので、依頼したい場合は契約時に確認しましょう。

4-2.引っ越し業者に不用品の廃棄を依頼する場合の費用

引っ越し業者に不用品の廃棄を依頼する費用は、不用品1点につき数百円~数千円が目安です。引っ越し時に一気に不用品が片付く反面、費用が高くつくこともあります。また、どんな不用品でも廃棄を依頼できるとは限らないので、確認を忘れないようにしましょう。

5.買取サービスなどで不用品を処分する方法

この項では、リサイクルショップやネットオークションを利用して不用品を処分する方法を紹介します。

5-1.中古でも需要がある家具や家電は?

発売から5年以内の家電・ゲーム機・ブランド家具・民芸家具・未使用のブランド食器などは、中古でも需要があります。リサイクルショップやインターネットオークション・フリマサイトなどを利用し、売却を試(こころ)みてもいいでしょう。今は、家まで査定しにくてくれるリサイクルショップもあるので、重たい家具や家電を売却したい場合に便利です。

5-2.不用品を売却するメリット

まだ使える家具や家電を売却すれば、収入になる上、エコでもあります。不用品がお金になると分かれば、片づけもはかどることでしょう。

5-3.不用品を売却するデメリット

リサイクルショップに査定をしてもらった不用品に必ず値段がつくとは限りません。その場合、改めて廃棄する必要があり、余計な手間がかかります。また、インターネットオークションやフリマアプリを利用する場合、こん包や発送も自分で行わなければなりません、引っ越し前の忙しい時期は、こん包や発送をする余裕がないこともあるでしょう。
ですから、リサイクルショップやインターネットオークションを利用する場合、余裕をもって行いましょう。理想は、引っ越しの3週間前までに、発送や売却がすべて終わっていることです。

6.不用品回収業者を利用する方法

この項では不用品回収業者を利用する方法を紹介します。

6-1.不用品回収業者を利用するメリット

ダストマン回収センターをはじめとする不用品回収業者に依頼すれば、有料で家まで不用品を回収しにきてくれます。早ければ、以来をしたその日に見積もりを取りにきてくれる業者もあるでしょう。また、家電リサイクル法対象家電やデスクトップパソコンも回収してくれる業者もあります。「引っ越しまで時間がなく、不用品がたくさんある」という場合に利用すると便利です。費用はかかりますが、家からの搬出も行ってくれるので、「不用品を処分したいが重くてゴミ捨て場まで持っていけない」という場合にも利用してみましょう。

無料見積り申し込み
https://www.dust530.net/無料見積り申し込み.html

6-2.不用品回収業者を利用する注意点

引っ越しシーズンは不用品回収業者も混雑します。可能な限り時間に余裕をもって申し込んでください。また、業者の中には格安で不用品を回収すると言いながら、実際は不当に高額な請求をしてくる業者もあるのです。特に、業者の方からセールスの電話をかけてきたり、飛び込み営業にきたりした場合は注意しましょう。理想は、自分でインターネットを検索して評判のよい業者を探すのが一番です。

7.引っ越し時の不用品廃棄に関するよくある質問

この項では、引っ越しをする際の不用品廃棄に関するよくある質問を紹介します。

Q.不用品回収会社を利用したいのですが、トラブルが心配です。
A.前述したような業者に気をつけることはもちろんのこと、優良な会社は、正確な見積もりを出してくれます。見積もりがいいかげんな会社や理由をつけて見積もりを作製しようとしない会社に依頼しなければ、トラブルは起こりにくいでしょう。

Q.中古でも人気のあるものは何ですか?
A.発売されて5年以内の高機能の家電や、ソフトの販売が継続して行われているゲーム機などは人気があります。

Q.自治体の処分場に直接不用品を持ち込む場合は、無料ですか?
A.多くの自治体で1kgあたり数百円がかかります。詳しくはお住まいの自治体に問い合わせてください。

Q.不用品回収業者が回収不可能なものはありますか?
A.生ゴミ・危険物・化学薬品・農薬、そのほか業者が「回収不可能」と定めたものは回収できません。

Q.まだ使える家具や家電を家に残して引っ越すことは可能ですか?
A.大家さんに相談してみてください。場合によっては残して引っ越すことができます。ただし、無断で不用品を置いて引っ越してはいけません。

まとめ

いかがでしたか? 今回は引っ越しの際に不用品を廃棄する効率的な方法を紹介しました。売却したものがある場合は、引っ越しの2か月くらい前から査定をしてもらったり、オークションなどに出品したりするといいでしょう。自治体に回収を依頼する場合は、1か月前から処分を始めれば、すべてのゴミの日を網羅できます。どうしても時間がないという場合は、引っ越し業者や不用品回収業者を利用しましょう。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!