引っ越しの片付けはどこからやる? 上手に進める5つの秘訣を大公開!

引っ越しの片付けは面倒ですよね。どこから、何から、手を付けていいのかわからないまま、何となく日にちばかりが過ぎ、間近になって大あわて!……というケースはよくあります。実は、引っ越しには「上手に片付けられる鉄則」があるのはご存じですか。ポイントさえおさえれば、片付けが苦手な人でもスムーズに進めることができます。

そこで、引っ越し前に知っておきたい、片付け方法やスケジュールについてご紹介しましょう。

  1. 引っ越しの片付けはどこから・何から始めるの?
  2. 引っ越しの片付けはスケジュールがポイント!
  3. 効率よく進む!引っ越しの片付け方法
  4. 引っ越しの片付けで出た不用品の処分方法
  5. 引っ越しの片付けに関するよくある質問

この記事を読んでいただければ、スムーズに片付けを進めることができます。ぜひお役立てください。

1.引っ越しの片付けはどこから・何から始める?

引っ越しの片付けは無計画にスタートするとはかどりません。そこで、片付けに取りかかる前に「上手に片付けられる鉄則」を知っておきましょう。荷物の量に関わらず役立ちますよ!

1-1.最初は「使わないもの・場所」からスタート!

最初は、普段の生活に関係ないもの・場所から片付けを始めるのがコツです。

1-1-1.普段は使わない場所

日常生活でほとんど手を付けることはない、納戸・天袋・押し入れの奥などから片付けをスタートしましょう。それらの場所には「捨てようかどうしようか迷っていたのでとりあえず収納しておいたもの」もありますよね。不用品は処分して、引っ越し先に持っていくものだけを荷造りしてください。

1-1-2.今使っていないものから片付け

今、使っていないもの・しばらく使う予定はないものなどは先に荷造りしてしまいましょう。

  • 季節ものの洋服(例:冬なら夏物のスーツなど)
  • 季節ものの家電(例:冬なら扇風機など)
  • 季節もののスポーツ道具(冬ならスイミンググッズなど)
  • 趣味の道具やコレクション
  • 書籍、DVD
  • 昔のアルバム

これらも、処分するものと引っ越し先に持っていくものを仕分けしながら、必要なものだけを荷造りします。具体的な仕分け方法は後の項で詳しくご説明しましょう。

1-2.次は「よく使うもの・場所」を片付ける

前項の次は、よく使うもの・場所の片付けに着手しましょう。引っ越し先に移るまで使わなくても差し支えないものからどんどん荷造りしてください。
引っ越しの当日まで使う着替え・洗面用具・食器などだけ出しておきましょう。

2.引っ越しの片付けはスケジュールがポイント!

引っ越しの片付けを効率的に行うためには、上手なスケジュールを組むことが大切です。

2-1.引越しスケジュールの立て方

具体的なスケジュールの立て方や注意点などをご紹介しましょう。

2-1-1.引っ越しの片付けはいつから始めるか?

引っ越しが近づいてくると、何かと用事ができバタバタするものです。そのため、できるだけ余裕を持ってスタートしましょう。家財道具の量にもよりますが1か月前から始めるのが理想です。

2-1-2.片付けのスケジュールはカレンダーに書こう!

夫婦・家族単位の引っ越しの場合、片付けを順調に進めるためにスケジュールを皆で共有することが大切です。大きなカレンダーなどに予定を書き込み、全員が見ることのできる場所に貼ってください。

2-1-3.スケジュールを立てるときの注意点

引っ越しのときにやらなければならないのは荷造りだけではありません。不動産会社や役所、学校などの手続き、水道・電気・ガスほかいろいろな手続きも必要です。その時間も考えつつ、スケジュールを考えてください。

2-2.片付けスケジュールの例

片付けスケジュールの例をご紹介しましょう。

2-2-1.1か月前〜2週間前

「1-1」の項でご紹介したように、この時期は「使わないもの・場所」から荷造りを始めてください。一戸建てで、庭に倉庫やガーデニング道具入れなどがある場合は、そちらの片付けも忘れないようにしましょう。

2-2-2.2週間前〜1週間前

この時期は、「毎日使うもの以外」はすべて荷造りしてください。たとえば、本棚の書籍類、飾り棚に置いてあるインテリア雑貨類、壁に飾っている写真や絵画類など、生活に支障がないものは片付けてしまいましょう。
また、何かと荷物が多いキッチンもこの時期から片付けをスタートしたいものです。引っ越しまで使わないようなキッチン家電・大きな鍋・セットの食器類などをこん包してしまいましょう。洋服や服飾雑貨なども、必要なものだけを残して荷造りしてください。

2-2-3. 1週間前〜2日前

引っ越し当日に着る衣類・下着の替え・タオル・洗面道具・最低限必要な食器など以外はすべて荷造りしましょう。荷造りがすべて終わったら、部屋の掃除をする必要があるので掃除道具は残しておいてください。

3.効率よく進む!引っ越しの片付け方法

引っ越し荷物をスムーズに片付けるにはコツがあります。以下の方法を参考にしてください。

3-1.最初に「仕分け」をしよう!

まず、荷物の「仕分け」をすることが大切です。引っ越しは最大の断捨離のチャンスになります。「必要なもの」と「不用品」とに分け不用品は処分しましょう。仕分けは以下の方法で行うとスムーズに進みます。

  1. 不用品専用のダンボールをいくつか用意する
  2. 「書籍・DVD・CD」「衣類・服飾雑貨」「食器・金物」などと、おおざっぱにカテゴリー分けをして、その名前をダンボールに書く
  3. 仕分けをしながら、不用品は2のダンボールにどんどん入れる
  4. 3を「売るもの」「廃棄するもの」に分ける

4については、後の項で具体的にご説明しましょう。

3-2.荷造りをする前に、必ず用意したいものは?

荷造りやこん包に必要なものがないとはかどりません。まずは、道具を用意しておきましょう。以下のものを準備してください。

  • 軍手
  • カッター、ハサミ
  • ガムテープ(丈夫な布テープとはがしやすい紙テープの両方)
  • ビニールテープ、セロハンテープ
  • 油性のフェルトペン(赤と黒)
  • ビニール袋、ファスナー付き袋、輪ゴム
  • 工具類
  • ダンボール(大・中・小のサイズ)
  • 緩衝材(いわゆる「プチプチ」や新聞紙、柔らかい紙など)

捨てる予定のTシャツやタオル、シーツなどを切って緩衝材として使うのもおすすめです。

3-3.上手な荷造り・こん包のコツ

荷造り・こん包をするときは、できるだけ手間を減らすのがコツです。1番手間がかかる、本・キッチン用品(家電以外の調理器具や食器など)・衣類を荷造りするときのポイントをご紹介しましょう。

3-3-1.衣類の荷造りポイント

全部、畳んでダンボールに詰めるのは大変です。できるだけ手抜きをしましょう。

  • 引き出し式の衣類ケースやチェストは、引き出しが開かないようにガムテープなどで止めてそのまま運ぶ
  • キャスター付きハンガーラックにかけてある、スーツやアウターなどはそのまま運ぶ。(ほこりが付かないように洋服カバーを装着する)
  • スーツケースもダンボール代わりに利用する(服飾雑貨などを詰める)

3-3-2.キッチン用品の荷造りポイント

鍋やフライパン、包丁やおたまなど「同じタイミングで使うものは同じダンボール」に入れましょう。新聞紙や緩衝材などで包み、箱の中で動かないよう隙間にもタオルなどを詰めます。
食器も1個ずつ新聞紙などで包み、箱の中で動かないようにしてください。ダンボールの上と側面に、目立つように赤字で「ワレモノ・グラス類」などと書きましょう。

3-3-3.本類の荷造りポイント

書籍は、1つのダンボールにたくさん詰めると重くなって運ぶのが大変です。文庫本なら20〜30冊、雑誌などなら15〜20冊を目安に小さめのダンボールに詰めてください。

3-4.荷造り・こん包の注意点

荷造り・こん包をするとき には、以下のことに注意してください。

3-4-1.ダンボールには「情報」を書く

荷造りをしたダンボールには、太い油性のマジックで「情報」を書きましょう。中身だけではなく、「どの場所の荷物か」も書いてください。
たとえば、「子どものおもちゃ/2階右の部屋」「鍋類/1階左のキッチン」などと書き、引っ越し業者に「書いてある場所に荷物を置くよう」依頼しておくと、荷ほどきも楽になります。

3-4-2.引っ越し業者に提供してもらえる資材を確認

最近は、引っ越し業者がダンボール・ガムテープ・布団カバーなどの資材を無料で提供してくれます。何を・どれくらい・いつまでにもらえるか事前に確認しましょう。

3-4-3.「当日の荷物」と書いたダンボールを1つ用意しておく

着替えや洗面用具など当日まで使っているものは、最後にまとめて片付けられるよう「当日の荷物」と書いたダンボールを1つ用意しておきましょう。細かいものがなくならないように大きめのポーチを1つ用意しておくのもおすすめです。

4.引っ越しの片付けで出た不用品の処分

引っ越しの片付けで出た、不用品の処分方法をご紹介しましょう。

4-1.ゴミとして廃棄する

廃棄予定の不用品やゴミは、燃える・燃えない・資源・危険など自治体のルールに従って仕分けをして所定の場所に捨てましょう。
粗大ゴミは、事前に申し込みをして回収日の予約をしてから、「有料ゴミ処理券」を購入し、不用品に貼って所定の場所に出す必要があります。詳しくは、自治体のホームページをごらんください。

4-2.リサイクルショップに売る

まだ使用できるもの、捨てるのはもったいないものなどは、リサイクルショップに売る方法もあります。「店頭買取」を行っている総合リサイクルショップなら、まとめて不用品を持ち込んでもいいでしょう。「宅配買取」を行っているリサイクルショップなら、買取対象品をこん包して送れば査定をしてもらえます。

4-3.不用品回収業者に依頼する

粗大ゴミや不用品を1度に回収し、買取可能なものは買取をしてくれる不用品回収業者に依頼する方法もあります。
引っ越しの荷造りが大変で、「不用品をリサイクルショップまで持っていく時間がない」「粗大ゴミがたくさんあって、引っ越しまでに全部捨てられない」などのときに便利です。また、利用者の都合に合わせて回収に来てくれます。利用するときには、事前に買取&回収料金を見積もりしてもらいましょう。
ダスト.net東京は、不用品の片付け・買取・粗大ゴミの片付けなどを行っている業者です。事前に無料見積もりも行っているのでお気軽にご利用ください。

4-4.不用品処分の注意点

不用品を処分するときには、以下のことに注意してください。

  • ゴミとして廃棄する場合:マンションなどゴミ置き場が狭い場合、大量にゴミを出すと迷惑になるので事前に収集日を調べて小分けにして出す
  • 粗大ゴミを廃棄する場合:回収日は自分が希望する日に予約できるとは限らないので早めに手配する
  • リサイクルショップを利用する場合:品物が「買い取り不可能」になることもあるので、早い段階で利用する
  • 不用品回収業者に依頼する場合:悪質な業者を利用しないように気を付ける

4-5.信頼できる不用品回収業者を選ぶには

信頼できる不用品回収業者を選ぶためにも、ホームページで以下のことを確認してください。

  • 事業所の所在地、電話&ファックス番号、メールアドレスなどを明記している
  • 「産業廃棄物収集運搬許可」「古物商許可」など不用品の回収、買取&再販などの業務に必要な許可を得ている(それぞれの許可番号を明記しているか)
  • 料金システムを明記している
  • 無料の相談や見積もりサービスを行っている
  • 不用品の回収や買取のキャリアがある
  • 希望する日に不用品の回収・買取に応じてくれるか

5.引っ越しの片付けに関するよくある質問

引っ越しの片付けに関するよくある質問をご紹介しましょう。

Q.引っ越し先の収納スペースが今の半分になるため、荷物の取捨選択をしたいのですが時間がありません。いい方法はあるでしょうか?
A.一時的な荷物の保管先として、最近はトランクルームを利用する人もいます。業者によって日・週・月単位でレンタルできるので、取捨選択に迷うものはとりあえずそちらに保管してはいかがでしょうか。

Q.仕事机の上手なこん包方法はありますか?
A.まず、引き出しの数の分ダンボールを用意しましょう。次に、引き出しの中身をそのまま入れていきます。ダンボールには「机・引き出し1番上」などと書いておきましょう。引っ越し先で、箱の中身をそのまま戻すだけなので簡単です。

Q.引っ越しまでの片付けスケジュールを作ったのですが、家族がなかなか進めてくれません。いい方法はありますか?
A.小さい目標を設定して、達成したら皆でプチごほうびをもらうというルールを作りましょう。たとえば「今週の土曜日は自分の洋服を全部荷造りしよう」とし、全員が達成したら「夜は皆で焼き肉に行く」などとごほうびを決めます。意外とやる気が出てくるのでおすすめです。

Q.「いらないもの」の判断ができず、すぐ荷造りにつまずき先に進みません。どうしたらいいですか?
A.通常の断捨離なら自分のペースで進められますが、引っ越しは期日が決まっているのでのんびりと片付けるわけにはいきません。
処分に迷うものは、まとめて1つのダンボールに入れましょう。引っ越し先で片付けが終わり、落ち着いたころに開けてみてください。新居に移ると意外と未練がなくなり「もういらないな」と冷静に決断できるようになるものです。

Q.引っ越し前に古い家具や家電を処分したいのですが大きいものばかりなので困っています。どうしたらいいでしょうか?
A.そんなときは、不用品回収買取業者に依頼するのがおすすめです。ダスト.net東京では、不用品の片付け・分別・運び出し・粗大ゴミの処分・ハウスクリーニングなどを請け負っています。引っ越しの荷造りや掃除をする時間がない、自分たちで粗大ゴミを運べないなどのときに便利です。無料で料金の見積もりを行っているので気軽に利用できます。

まとめ

いかがでしたか? 引っ越しの片付けをスムーズに行う方法や、スケジュールの立て方などをご紹介しました。引っ越しの片付けを上手に済ませるには、スケジュールに従って段取りよく進めることが大切です。そして、「最大の断捨離のチャンス」と考え、不用品は思いきって処分しましょう。荷物はできるだけ減らしたほうが、新居に移って片付けるのも楽になります。
不用品や粗大ゴミなどがたくさんあって困る場合は、不用品回収業者に依頼するのもおすすめです。1度に片付くので引っ越し作業も楽になります。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 投票, 評価平均値: 4.00)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!