オフィスの大掃除が大変な理由は? 効率的に進める手順を紹介!

年末が近づいてくると、オフィスの大掃除をどうやって進めていくか立てなければなりません。「オフィスを効率的に大掃除したいけど、なかなかうまくいかない」とお悩みの人も多いでしょう。オフィスには大勢の人が出入りします。長年使っていると汚れがたまり、大掃除に時間がかかってしまうこともあるはずです。どうすれば、効率的にオフィスをきれいにすることができるのでしょうか。

この記事では、オフィスの大掃除について、計画の立て方や手順などをまとめてご紹介します。

  1. オフィスの大掃除について
  2. オフィスの大掃除計画
  3. オフィスを大掃除する手順
  4. オフィスの大掃除に関するよくある質問

この記事を読むことで、オフィスを大掃除する必要性や効率的に大掃除をするポイント・注意点などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.オフィスの大掃除について

まずは、オフィスを大掃除する必要性や、大掃除する時期・箇所などをまとめました。

1-1.仕事の効率を上げるためにも大掃除が必要

オフィスも家と同じように、常にきれいな状態にしておくことが大切です。散らかったオフィスよりも、きれいに掃除されたオフィスで仕事をしたほうが確実に仕事の効率がアップします。不要なものを処分し、きれいになったオフィスで新年を迎えることができるよう、しっかりと大掃除をする必要があるでしょう。

1-2.家に比べて大掃除が大変

オフィスの大掃除は大変といわれています。家の大掃除とは違って掃除をする箇所が多いことはもちろん、社員全員で手分けをして作業をする必要があるのです。仕事の手を止められない人もいるため、効率的に掃除をするにはあらかじめしっかりとスケジュールを立てておく必要があります。また、業務内容によっては年末に仕事量が増える会社も多いため、できるだけ短時間で大掃除を済ませることも必要です。

1-3.年末の最終出勤日に行う会社が多い

いつオフィスの大掃除をするかは、会社によって異なります。最も多いのが「年末の最終出勤日」にまとめて大掃除を行う会社です。そのほかにも、「最終出勤日の1~3日前」、「12月に入ってから」という会社も多くなっています。

1-4.掃除する箇所がたくさんある

オフィスの大掃除では、以下のように掃除する箇所がたくさんあります。

  • 玄関先・玄関ポーチ
  • 受付台
  • パーティションガラス
  • 共有廊下
  • 椅子・テーブル
  • カーペットフロア
  • 照明器具
  • 洗面台
  • フロアタイル
  • トイレ
  • 通路・階段
  • 応接室
  • 喫煙スペース
  • 給湯室

1-5.忘れがちな箇所に注意!

オフィスの大掃除をする上で、特に、冷蔵庫の中や傘立ての受け皿・トイレの換気扇などの掃除が忘れがちになるため、注意が必要です。普段掃除が行き届きにくい箇所でもあるため、大掃除を機にしっかりときれいにしておきましょう。

2.オフィスの大掃除計画

オフィスの大掃除をするにあたって、計画の立て方や準備しておくべきものをご紹介します。

2-1.いつまでに、誰がどこを掃除するか

大掃除をする前に、「いつまでに、誰がどこを掃除するか」を決めてスケジュールを立てておくことが大切です。まずは、掃除が必要な箇所をすべて書き出し、分担を決めておきましょう。自分がいつまでにどこを掃除するのかが把握できていれば、効率的に大掃除が進むはずです。また、不用品の処分方法や掃除道具の購入などもあらかじめ検討しておきましょう。

2-2.準備する道具や洗剤は?

オフィスの大掃除を始める前に、以下のような道具や洗剤をそろえておきましょう。掃除箇所がたくさんあり、範囲も広い分、多めに用意しておくことをおすすめします。

  • 掃除機
  • ぞうきん
  • スポンジ
  • フロア用モップ
  • 使い古しの歯ブラシ
  • マイクロファイバークロス
  • エタノール
  • 消毒用アルコール
  • 次亜塩素酸ナトリウム系洗剤
  • 住居用洗剤
  • 重曹
  • 軍手
  • ゴミ袋
  • 新聞紙

3.オフィスを大掃除する手順

オフィスを大掃除する手順や成功するポイント・注意点をまとめました。

3-1.掃除箇所別の手順は?

大掃除の手順について、掃除箇所別にご紹介しましょう。

3-1-1.エントランス

エントランスのマットに掃除機をかけ、中性洗剤とブラシを使って洗い、陰干しします。ドアガラスや窓ガラスは、丸めた新聞紙をぬらして拭くときれいになるのでおすすめです。受付台や電話などは、エタノールをしみ込ませた布で拭き掃除しましょう。

3-1-2.給湯室

給湯室のシンクや排水口の掃除には、次亜塩素酸ナトリウム系洗剤を使うと便利です。スポンジだけでなく使い古しの歯ブラシなどを使い、すき間もきれいに掃除しましょう。仕上げにぞうきんで拭くとピカピカになります。

3-1-3.トイレ

ぞうきんやトイレシートを使って便器全体を拭き、トイレブラシで便器の中や裏までしっかり掃除しましょう。床の掃除にはぞうきんを挟んで使うタイプのモップがおすすめです。洗面台や鏡も忘れずにきれいにしておきましょう。

3-1-4.オフィスチェア

布張りのオフィスチェアは、ぬらして固くしぼったぞうきんで拭き掃除しましょう。革張りの場合は専用のクリーナーを使用すると、シミや変色の心配がありません。最後にしっかり乾かすことを忘れないでください。

3-1-5.窓

窓の汚れがひどい場合は、中性洗剤をしみ込ませたぞうきんで拭いてから水拭きをし、最後に乾(から)拭きをしてください。拭きムラが気になるときは、丸めた新聞紙で乾(から)拭きをするときれいになります。

3-2.オフィスの大掃除を成功させるポイント

「大変」といわれているオフィスの大掃除を成功させるためには、以下のようなポイントを参考にしてください。

  • 作業を分担する
  • 十分な量の掃除道具を用意しておく
  • 社員が事前に予定を組んでおく
  • ものを減らして掃除しやすくする

3-3.高所の掃除は業者に依頼するのがおすすめ

窓や照明器具・エアコンなど、高所の掃除は社員が行うと危険な場合もあるため、業者に依頼するのがおすすめです。自分で行っても十分に手が届かず掃除が行き届かない可能性もあります。自分たちで掃除する部分と業者に依頼する部分に分けて行うことも検討しましょう。

4.オフィスの大掃除に関するよくある質問

「オフィスの大掃除をしたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.ブラインドカーテンを掃除したいのですが、きれいにするためにはどのような方法がありますか?
A.不要になった女性用ストッキングで羽根の間を拭き、住居用スプレーを吹きかけて汚れを浮き上がらせましょう。その後、水拭きをしてから乾(から)拭きをしてください。

Q.自治体が回収する粗大ゴミとして不用品を捨ててもよいでしょうか?
A.オフィス用品は自治体のゴミとして捨てることはできません。民間の回収業者に依頼するか、リサイクルショップなどに売却しましょう。

Q.不要なオフィス用品を買取に出す場合、どうすれば高額買取してもらえますか?
A.きれいに掃除をし、付属品をすべてそろえて買取に出しましょう。

Q.「急ぎの仕事がある」などの理由で大掃除をしようとしない社員がいます。どうすればよいですか?
A.社員一人一人に作業を分担して振り分け、事前にアナウンスしておきましょう。急ぎの仕事がある場合は、空いた時間に少しずつできるよう早めに取りかかるよう指示してください。

Q.機密書類はどのように処分すればよいですか?
A.オフィス内でシュレッダーをかけるか、専門業者に処分を依頼しましょう。業者に依頼すれば特殊な薬品などを使って確実に処分してもらえます。

まとめ

いかがでしたか? オフィスの大掃除について、手順や準備するもの・成功するポイントなどを詳しくご紹介しました。オフィスの大掃除は家の大掃除と違って難しい部分がたくさんあります。できるだけ効率的に大掃除をして気持ちよく新年を迎えるために、ぜひこの記事を参考にしてください。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!