一人暮らしの収納術を紹介! 狭くてもすっきり片づけるコツは?

一人暮らしの部屋は収納が少ないため、「すぐ部屋がものであふれてしまう」「どうすればうまく収納できるのか?」と悩む人も多いと思います。狭いからこそ空間を有効利用するために、ものを上手に収納したいですよね。すっきり片づいた快適な部屋にするためには、一体どうしたらよいのでしょうか。

この記事では、一人暮らしの収納術について、場所別アイデアやおすすめの収納グッズ・ものを減らすための不用品処分方法などをまとめてご紹介します。

  1. 一人暮らしの収納術、まずは基本から
  2. 一人暮らしの場所別収納アイデアを紹介
  3. 一人暮らしの収納におすすめの収納家具やグッズ選び
  4. 上手に収納するための不用品処分方法
  5. 一人暮らしの収納に関するよくある質問

この記事を読むことで、収納術の基本や収納家具の選び方・お得な不用品処分方法などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.一人暮らしの収納術、まずは基本から

一人暮らしの部屋をすっきり片づけるために、まずは収納の基本をご紹介しましょう。

1-1.持っているものを把握する

まずは、部屋の中に何があるのかを把握するところから始めましょう。クローゼットや引き出しの中身をすべて出してみてください。「持っていたこと、買ったことも忘れていた」というものがきっとあるはずです。また、いったんものを出してみることで、そこからどう収納していくべきか考えやすくなるでしょう。

1-2.必要なものと不要なものを仕分けする

すべてのものを自分にとって「必要なもの」と「不要なもの」に仕分けしていきましょう。「今使っていないもの」は、今後も使うことはありません。なくても生活に困るものではないため、処分するのがおすすめです。ほかにも、以下のような基準で処分するものを決めていくとよいでしょう。

  • 持っていることも忘れていたもの
  • 使っていないが、高かったので捨てるのはもったいないもの
  • 今は使っていないが、いつか使うかもしれないもの

1-3.ものの定位置を決める

部屋が乱雑になるのは、ものが出っぱなしになっているからです。一つ一つのものに定位置を決め、使った後は元に戻すことを習慣にすると、部屋が散らかることはなくなります。何がどこにあるか分からない状態では、探すときにまた部屋が散らかってしまいがちです。

1-4.取り出しやすくしまいやすい場所に収納する

「取り出しやすく、しまいやすい」が収納の基本です。取り出しにくくしまいにくい場所に収納すると、出し入れが面倒になって出しっぱなしにしてしまう可能性が高いでしょう。特に一人暮らしの部屋は衣食住のスペースがしっかりと分かれていないため、使う場所の近くに収納されていないケースが多くなっています。部屋をゾーン分けして、その場所で使うものはその近くに収納するようにしましょう。

2.一人暮らしの場所別収納アイデアを紹介

一人暮らしの収納アイデアを、場所別にご紹介しましょう。

2-1.クローゼットや押し入れは空間を無駄なく使う

一人暮らし用の部屋のクローゼットや押し入れは狭いものが多いため、空間を活用して無駄なく収納しましょう。押し入れはハンガーポールが付いていないため、突っ張り棒などを取り付けて衣類をつるして収納するのがおすすめです。下部の空(あ)いたスペースには衣装ケースなどを置き、衣類をたたんで収納します。このように、つるす収納とたたむ収納を組み合わせることで、空間を有効活用しましょう。

2-2.リビングは生活感を隠して収納

リビングは特にものが多く、生活感が出やすい場所です。お客様が入ることも多いため、できるだけ生活感を隠して収納してください。収納できるテレビ台を使ってものを隠す方法もおすすめです。リモコンや充電器・DVDなど、よく使うものを収納しておくとよいでしょう。また、特に生活感が出やすい配線類も、工夫して隠してしまいましょう。テレビ台の後ろにワイヤーネットを取り付け、結束バンドで配線を固定しまう方法もあります。配線が見えなくなって掃除もしやすくなるため、おすすめです。

2-3.キッチンは縦型収納で使い勝手も重視

キッチンには調理用具や食品などがたくさんあるため、収納を工夫してできるだけすっきりさせましょう。使い勝手も重視して、縦型収納を基本にするのがおすすめです。特に食器棚やシンク下のスペースはごちゃごちゃしやすいため、縦型の仕切りを使って食器やフライパン類を縦て収納しましょう。取り出しやすくしまいやすくなり、散らかりにくくなるはずです。

2-4.洗面所はカゴを使って清潔&おしゃれに

洗濯機回りや洗面台はものが多く、使用頻度が高い分、散らかりやすい場所です。扉付きの収納棚があれば見た目はすっきりしますが、ない場合はカゴを使って目隠し収納する方法をおすすめします。清潔感があっておしゃれな雰囲気に仕上がるため、気持ちよく洗面所を使えるようになるでしょう。

2-5.お風呂はボトルのデザインをそろえてすっきりと

一人暮らし用の部屋ではお風呂場も狭いため、シャンプーやリンス・ボディーソープなどのボトル類や洗顔料・カミソリなどでごちゃごちゃになってしまいがちです。狭いお風呂場でもすっきり見せるためには、シャンプー類を同じデザインのボトルに詰め替えて並べる方法をおすすめします。ディスペンサータイプの容器を使えば壁に取り付けることができるため、収納スペースがないお風呂場でも安心です。

2-6.玄関は下駄(げた)箱のデッドスペースを活用して隠す収納を

狭い下駄(げた)箱に靴が入りきらず、「常に玄関に靴が何足も出ている」という人も多いでしょう。そんなときは、デッドスペースを活用して靴や傘を収納する方法がおすすめです。たとえば、下駄(げた)箱の扉裏にボックスを取り付ける・下駄(げた)箱の上の空(あ)いているスペースに棚を付けて靴を収納するなどしてみましょう。

3.一人暮らしの収納におすすめの収納家具やグッズ選び

収納家具やグッズの選び方についてご紹介しましょう。

3-1.収納家具ばかり買わず、ケースやカゴなどに収納する

ものを収納しようとして収納家具ばかり購入してしまうと、家具によって部屋が狭くなり、かえって使い勝手が悪くなってしまいます。また、「結局は使わなかった」ということになる可能性もあるため、まずは収納ケースやカゴなどを使って収納し、空(あ)いたスペースに自由に置けるようにしましょう。

3-2.収納としても使える家具を選ぶ

一人暮らし用の家具を選ぶ際は、収納としても使えるものがおすすめです。たとえば、ベッドやソファーの下に引き出しが付いていて収納スペースとして使えるものを選ぶことで、部屋のスペースを有効活用できます。

3-3.家具の背をそろえて部屋をすっきりと

家具の背をそろえることで部屋をすっきりと見せることができます。背の高い家具を置くと圧迫感が出てしまうため、できるだけ背の低い家具で統一しましょう。家具の背の高さがバラバラな場合は、部屋の奥から背の高い順に並べるとすっきりして見えます。

3-4.収納グッズはデザインや色をそろえるのがおすすめ

ケースやカゴなどの収納グッズは、できるだけデザインをそろえるのがおすすめです。収納グッズに統一性を持たせることで、部屋全体にまとまりが生まれます。同じデザインのものをそろえるのが難しい場合は、色だけでも統一しましょう。特に白は、圧迫感がなくすっきりして見えるのでおすすめです。

3-5.収納グッズは選び方や買いすぎに注意!

収納グッズを購入するときは、いろいろなものの収納に使いまわしができるもの・楽に処分できるものを選ぶようにしましょう。中身が一目で分かるように、半透明のケースなどにするのもおすすめです。ただし、買いすぎには注意してください。「大きさが合わなかった」などの理由で使わなかった収納グッズがかさばり、部屋が余計に散らかってしまう可能性があります。

3-6.壁収納やすきま収納に使えるグッズも

収納スペースを増やすために、壁面を使った収納を取り入れるのも一つの方法です。壁に簡単に取り付けられる棚やボードなども販売されているため、新たな収納スペースとして活用してみるとよいでしょう。また、家具と家具の間や、家具と天井の間にできたスペースを活用するすきま収納もおすすめです。狭いスペースにも設置できる細い棚や、伸縮タイプのラックなどを利用すれば、デッドスペースも有効活用できます。

4.上手に収納するための不用品処分方法

一人暮らしの部屋をすっきり収納するためには、不用品を処分してものを減らすことが大切です。不用品の処分方法とそれぞれのメリット・デメリットをご紹介しましょう。

4-1.安いが手間や時間がかかる自治体回収

不用品を自治体に回収してもらうメリットは、やはり安さです。燃えるゴミや燃えないゴミの場合は市指定のゴミ袋に入れるだけで出すことができます。大きさや種類によっては粗大ゴミとして捨てることになりますが、数百円~数千円程度で処分できるため、できるだけ費用をかけずに不用品を処分したい人におすすめです。ただし、粗大ゴミとして出す場合は事前に申し込みや処理券の購入が必要になるため、手間がかかるというデメリットがあります。また、回収日時を自分で決めることができず、申し込みから数週間かかることもあるため、すぐ処分したい人には不向きでしょう。

4-2.自分で価格を設定できるが面倒なネットオークション・フリマアプリ

まだ使えそうなものや比較的状態のよいものは、売りに出すのがお得です。ネットオークションやフリマアプリを使って売る場合は自分で出品価格を設定できるため、うまくいけば高額で売れる可能性もあります。ただし、ネット上にアップしたりこん包・発送の手続きをしたりする手間がかかるため、面倒に感じる人も多いでしょう。また、買い手が見つかるまで手元に置いておかなければならない点もデメリットです。

4-3.不用品が大量にある場合におすすめな不用品回収業者

不用品が大量にある場合は、不用品回収業者に依頼する方法がおすすめです。電話1本で自宅まで回収に来てもらえるため、大きくて自分で運ぶのが難しいものでも安心して任せられます。業者によっては状態のよい不用品を買取してもらえるので、確実かつお得に不用品を処分することが可能です。ただし、中には悪徳業者も存在するため、業者選びに注意が必要というデメリットがあります。

5.一人暮らしの収納に関するよくある質問

「一人暮らしの収納術を知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.収納スペースをDIYしたいのですが、簡単にできるものの例を教えてください。
A.天井と床に2本の柱を固定させ、L字の金具を使って棚を取り付ければ、飾り棚として壁面を有効活用できます。そのほかにも、すのこを組み合わせてカウンター風のテーブルをDIYすれば、見せる収納として活躍するはずです。

Q.「これだけはやってはいけない」というNG収納術にはどのようなものがありますか?
A.収納にすきまなくものを詰め込み、しまいっぱなしにしておくとカビやダニの原因になるため、注意が必要です。たとえ除湿剤を入れていても不十分なので、必ずこまめに換気するようにしましょう。

Q.一人暮らしの収納アイデアをもっと知りたいのですが、参考になるサイトや本を教えてください。
A.「アイリスプラザ」や「ワンルーム・ナビ」のサイトを参考にするとよいでしょう。本は、「狭い部屋でスッキリ心地よく暮らす」や「ひとり暮らし女子の収納&片づけアイデア」などがおすすめです。

Q.優良な不用品回収業者を見極めるポイントは何でしょうか?
A.豊富な実績があるか・料金体系が分かりやすいか・無料見積もりを受け付けているかなどをチェックしてください。また、一般廃棄物収集運搬業の許可を得て営業しているか、必ず確認しましょう。

Q.不用品を高価買取してもらうポイントにはどのようなものがありますか?
A.きれいに掃除をして付属品をそろえておきましょう。家電の場合は、正常に動作するか確認してから買取に出してください。

まとめ

いかがでしたか? 一人暮らしの部屋をすっきりさせるための収納術について詳しくご紹介しました。一人暮らしの場合は部屋も収納スペースも狭いため、ものをすっきり収納するにはどうしたらよいのか悩む人が多いと思います。ぜひこの記事を参考にして一人暮らしならではの収納術を知り、快適に過ごすことができる部屋を作り出してください。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!