ハウスダストの対策法を解説! 掃除方法と予防法のポイントは?

ハウスダストはどんなに気をつけていても出てきてしまうものです。けれども、発生原因や掃除のポイントを押さえておけば量を減らすことができます。アレルギー持ちや喘息(ぜんそく)持ちの子どもがいる家庭では、特にハウスダスト対策を入念に行っておかなければなりません。

そこで、本記事では、ハウスダストの掃除方法や予防策などについて解説します。

  1. ハウスダストの問題点と発生源は?
  2. ハウスダストがたまりやすい場所は?
  3. ハウスダストの掃除方法
  4. ハウスダストを予防する方法
  5. ハウスダストの対策に関してよくある質問

この記事を読むことで、ハウスダストを抑えるポイントが分かります。気になっている方はぜひチェックしてください。

1.ハウスダストの問題点と発生源は?

最初に、ハウスダストの問題点と発生源をチェックしておきましょう。

1-1.生活していると自然に発生するハウスダスト

ハウスダストの正体は、衣類などの繊維クズ・ダニの死がい・ペットの毛・花粉・タバコの煙・細菌・カビといったさまざまなものがあります。ホコリの中でも1mm以下の肉眼では見えにくいものなので、たまっていることも気づかずに放置しがちです。また、空気中に舞い上がりやすいので、体内に入りやすくアレルギー症状などを引き起こす原因になります。1日の中で人が活動する時間帯にハウスダストは舞い上がりやすくなるでしょう。人がいないときや就寝しているときは、床に落ちています。

1-2.ハウスダストの3分の1は外から入ってくる

ほとんどのハウスダストが室内から発生しているものですが、3分の1は外から入ってくるものです。たとえば、窓を開けたときにホコリや花粉が入ってきたり、人の衣類やバッグなどにくっついて入ったりすることもあります。土砂などは靴底についてくるので玄関にもハウスダストがたまりやすいのです。そのほか、昆虫の死がいやフン・煙や排気ガスなども家の中に入り込むでしょう。

1-3.ハウスダストの大半は繊維クズ・綿ぼこり

ハウスダストの大半が繊維クズや綿ぼこりで、衣類や布団などの布製品が発生源となっています。特に、繊維クズが出やすいのは、こたつやセーターなどです。そのほか、人の体から出る毛髪やフケ・ペットの抜け毛も多く、これらのハウスダストをどうすれば抑えられるかが大きなポイントになるでしょう。食べ物のクズや紙片などはちょっとした注意で減らすことができます。どこからハウスダストが発生するのか知ることも大切です。

1-4.ハウスダストを放置するのは危険

ハウスダストは吸い込んでしまいやすく、放置するとアレルギー性鼻炎や喘息(ぜんそく)・アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患を引き起こすリスクが高くなります。特に、免疫力が低い小さな子どもや高齢者がいる家庭は、リスクがさらに高くなるのでしっかりとしたハウスダスト対策が必要です。ハウスダストの中にはアレルギーを引き起こすアレルゲンがたくさん含まれているため、絶対に放置しないようにしてくださいね。

2.ハウスダストがたまりやすい場所は?

それでは、ハウスダストがたまりやすい場所はどこなのでしょうか。

2-1.衣類を着脱する洗面所が多い

ハウスダストは家の中のあらゆるところにありますが、特に多いのが洗面所です。洗面所は衣類を着脱するところなので、繊維クズや綿ぼこり、衣類に付着した花粉やペットの毛などが落ちます。洗濯物の出し入れをすることも多いため、いつの間にかハウスダストがたまってしまうのでしょう。また、湿気がこもりやすい場所なので換気扇を上手に使いこまめに掃除する必要があります。

2-2.外からのハウスダストがたまるバルコニー

洗面所の次にハウスダストが多いのは、バルコニーです。バルコニーは花粉・土ぼこりなど外からやってくるアレルゲン物質のたまり場になっているでしょう。風が強い日に窓を開けると、バルコニーにたまったハウスダストが室内に入り込んできてしまうので注意しなければなりません。外からやってきたハウスダストが目につきにくい電化製品の配線部分についてしまうと、手に負えない状況になってしまうでしょう。

2-3.ほかにもたまりやすい場所はさまざま

ハウスダストは家具や家電製品の上にたまりやすいので気づきにくいことがありますが、簡単に気づくところにもたくさんたまっています。たとえば、ソファーやベッドの下・ロフト・冷蔵庫と壁・電球の傘・窓のブラインドやカーテン・エアコンのフィルター・植物のまわりなどです。布製品から発生することが多いため、カーテンやソファーのカバーなどはこまめに掃除しなければなりません。特に、窓際は結露でカビが発生しやすい場所でもあるので注意が必要です。

3.ハウスダストの掃除方法

それでは、ハウスダストの掃除方法について解説します。

3-1.上から下に掃除するのがポイント

ハウスダストの掃除は、上から下に行うことが大切なポイントです。前述したように、ハウスダストは目に見えない小さなアレルゲン物質なので、ちょっとした動きですぐに舞い上がってしまいます。掃除する際は、照明の傘→本棚・電化製品→床という流れのように上から順番に掃除を行うことが重要なのです。そうすれば、上から落ちたハウスダストを最後に床で除去できます。また、巻き上げないようにハンディーモップでやさしく吸着しゴミを取り除くといいでしょう。その後は、ハンディーモップで除去できなかったハウスダストを水拭きで除去するのがポイントです。

3-2.掃除の時間帯は朝一がベスト

ハウスダストの掃除の時間帯は朝一に行うのがベストです。ちょっと動いただけでもハウスダストは舞い上がるので、人が部屋を動きまわっている日中ではなく、床の上にたまった状態の朝一に掃除するのが効率的でしょう。ただ、朝に掃除する時間がないという方は、外出先から帰ってきた後でも構いません。

3-3.掃除機は最後にかける

前述したように、ハウスダストはとても軽いので最初に掃除機をかけるのはNGです。最初に掃除機をかけてしまうと、床にたまったハウスダストは掃除機の動きや排気で舞い上がってしまいます。そのため、掃除機は最後にかけましょう。最初に行うのは、フロアワイパーでハウスダストを吸着することです。その後に掃除機で大きなゴミを吸い取り、最後は水拭きで仕上げを行います。フロアワイパー→掃除機→水拭きという流れで床掃除を行うのが理想です。

3-4.掃除はできるだけ毎日行う

ハウスダストを抑えるためには、できるだけ毎日掃除を行うことが大切です。ただし、家具の上や照明器具のカバーなど細かいところまで行うと時間や労力がかかってしまうので細かい部分まで掃除を行う必要はありません。細かい部分の掃除は週に1回を目安に行い、床掃除などは毎日掃除することを心がけましょう。

4.ハウスダストを予防する方法

それでは、ハウスダストを予防する方法とポイントを解説します。

4-1.布団や衣類などを清潔にする

ハウスダストのほとんどは衣類クズや綿ぼこりになるため、布団や衣類などの布製品をできるだけ清潔にすることが大切です。布製品をできるだけ使わないように心がける・定期的に丸洗いをして乾かすなど清潔な状態を心がけましょう。布製品はダニが生息しやすい特徴があるため、専門業者にクリーニングを依頼するのも選択肢のひとつです。また、布団・ソファー・カーペットの下には、ダニを寄せつけない防ダニシートや殺虫剤なども使用するといいでしょう。

4-2.空気清浄機を活用する

ハウスダスト対策を楽にしたいという方は、空気清浄機の使用がおすすめです。空気清浄機は、フィルターの浄化機能によって、細かいハウスダストをキャッチしてくれるでしょう。中には、花粉やPM2.5にまで効果がある種類も登場しています。ただし、費用がかかることと、フィルターに汚れがたまるので定期的に掃除を行う手間がかかるデメリットがあるので注意してください。その点を踏まえた上で活用するといいでしょう。

4-3.ハウスダストを室内に入り込まないようにする

ハウスダストの3分の1は、外からやってくるものなので室内に入らないよう気をつけることが対策につながります。たとえば、衣類のまわりに静電気が発生すると吸着しやすくなるので、外出時には静電気防止スプレーを使いましょう。また、衣類に花粉などが吸着しないように、洗濯時に柔軟剤を使うことをおすすめします。柔軟剤は静電気の発生を抑える効果があるため、外からのハウスダストを持ち込まずに済むでしょう。

4-4.プロの業者にハウスクリーニングを依頼する

しっかり掃除をしているのに部屋がホコリっぽい気がする……と悩んでいる方は、プロの業者にハウスクリーニングを依頼するといいでしょう。ハウスクリーニングは高い技術と専用の洗剤で、家庭では見落としやすい汚れやホコリを隅々までキレイにできます。費用はかかりますが、徹底的にキレイにしたい方におすすめです。

5.ハウスダストの対策に関してよくある質問

ハウスダストの対策に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.ハウスダストがこびりつくとどうなるの?
A.簡単に除去できない頑固な汚れになってしまいます。ハウスダストは最初は床や家具の上に軽くのっている状態なので、モップで簡単に除去できるでしょう。しかし、時間が経過すると水分や油分を含んでしまい、こびりついた状態になってしまいます。頑固な汚れになってしまうと水拭きや洗剤を使って掃除しなければなりません。さらに、放置することで材質の表面にしみ込み、シミになる恐れもあるので注意してください。

Q.ダニの駆除方法は?
A.ダニの駆除方法としておすすめしたいのは、殺虫剤スプレーです。天日干しでダニをやっつけようと多くの方が思っていますが、天日干しでは効果が不十分になります。一方、殺虫剤スプレーは効果が高いと言われているのです。できれば、速乾性があるスプレーを使うといいでしょう。ただし、殺虫剤は幼児やペットに悪影響を与えてしまうので、使用する際は十分な注意が必要です。

Q.カーペットを掃除する際のポイントは?
A.掃除機のかけ方が大きなポイントとなります。カーペットに掃除機をかける場合は、縦にかけてから横にかけるのがポイントです。以下の流れを参考にして掃除機をかけてください。

  1. 縦の方向に掃除機をかける
  2. 全体を縦にかけ終えた後は、横の方向に掃除機をかける

縦横両方から掃除機をかけることで一方向からかけるよりも、ハウスダストを効率的に吸い込むことができるでしょう。かけ方のひとつで大きく変わるのです。

Q.ハンディーモップを使用するポイントは?
A.フローリングの溝にもハウスダストがたまっているので、床の板目に沿ってハンディーモップを軽く動かしながら掃除するといいでしょう。また、集めた小さなゴミやホコリは水拭きや掃除機で除去するのがポイントです。テレビの配線部分などの細かい部分にもハウスダストがたまっているため、週に1回はハンディーモップでやさしく絡め取るようにしましょう。ハンディーモップをゆっくり回転しながら使うと吸着しやすくなります。

Q.業者選びのポイントは?
A.不用品の処分やハウスクリーニングを業者に依頼する場合は、できるだけ実績があるところを選ぶのがポイントです。ホームページ等に実績が掲載されているか、口コミや評判をチェックしましょう。また、複数の業者に見積もりを依頼して費用が安く抑えられるところを選ぶのもポイントです。ただし、安すぎる業者はしっかり掃除してくれない傾向があります。どの業者に依頼すべきか悩んだときは、ハウスクリーニングのほか不用品回収&買取を行っているダストマンがおすすめです。無料見積もりを行っているのでぜひチェックしてください。

まとめ

ハウスダストはどんなに気をつけていても出てくるものです。けれども、掃除と対策によって量を減らすことができます。生活している中で出てくるゴミだからこそ、こまめな掃除が必要不可欠です。また、室内にたくさんの不用品がある・片付けや整理ができていない環境になっている場合は、ハウスダストの量が増えるでしょう。使っていないものや不要なものを処分することも、ハウスダストの対策ポイントです。大量の不用品がある場合は、まとめて処分できる不用品回収業者に依頼するといいでしょう。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!