ファックスの捨て方は粗大ごみ? 安全かつ迅速な処分は不用品回収

1.ファックスを捨てたい

ファックスは使用頻度で耐用年数が変わります。頻繁に使う人は、2年ほどで消耗してしまうこともあるでしょう。

1-1.ファックスの寿命について

ファックスの寿命は、5年が平均的な数字です。ただし、ファックスに付属している子機のリチウムイオン電池は、2年で消耗するケースが多くあります。ファックス本体は5年を経過したころから徐々に異常が出始め、部品保有期間も過ぎて修理ができなくなるでしょう。長く使えても、8年を目安に買い替えというのが一般的です。

1-2.ファックスは粗大ごみで捨てられる?

自治体の区分では、ファックスは小型家電リサイクル法にもとづいた特定対象品目に該当します。従って、リサイクル回収が求められる自治体もあるでしょう。ただし、自治体ごとに粗大ごみやごみの分別にかんする規定は違うため、お住まいの地域に分別方法の確認をお願いします。

2.自分でファックスを捨てる場合

自分で捨てるとなったら、自治体での処分が真っ先に思い浮かびますよね。地域により、不燃ごみや粗大ごみなど、捨て方はさまざまです。

2-1.自治体の回収に出す場合

不燃ごみに該当するなら、メモリー機能のデータを消去してから廃棄しましょう。データ消去は、パソコン廃棄と同じくらい重要です。忘れずに行ってください。
不燃ごみなら指定日に、ごみ袋に入れて出すだけです。ごみ袋の代金だけで済み、処分にかかるお金が最も少ない方法になります。
また、小型家電回収ボックスを設置し、レアメタルやベースメタルの有効活用を目的に、リサイクル回収を行う地域もあるのです。役所・家電販売店・公共施設などに設置されています。
不燃ごみに該当する地域もある一方、多くの自治体では粗大ごみとする地域も多いです。粗大ごみは申し込みが必要で、不燃ごみより処分費用はかかります。

2-2.粗大ごみとして出す場合にやるべきこと

粗大ごみは事前に自治体へ申し込みを行います。地域により、粗大ごみ処理券の料金は違うため、粗大ごみ受付センターに確認をしてください。粗大ごみを出すことができる日は、申し込み順に自治体から指定されます。決められた日に粗大ごみ処理券を貼りつけ、指定廃棄場所に出しましょう。指定廃棄場所までは、自分で運搬が必要です。

2-3.自治体でファックスを処分するメリット・デメリット

自治体で処分できるなら、処分にお金をかけずに捨てることができます。ローコストの処分方法を考えている方にはおすすめの捨て方です。費用が安い反面、運搬は自力で行うことが求められます。日時が指定されており、すぐに処分とは行かないのもデメリットです。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!