年末の大掃除を計画通りに終わらせる方法は? 不用品の処分方法も

毎年、年末の大掃除に苦労している方は多いでしょう。できれば、あまり体力を使いたくありません。また、時間もとられたくないですよね。効率的に年末の大掃除をするためには、掃除のポイントを押さえる必要があります。きちんとスケジュールを立てておけば、スムーズに大掃除が終わるでしょう。

そこで、本記事では、大掃除の準備やスケジュールを立てるポイントなどについて解説します。

  1. 大掃除の準備とスケジュールを立てるポイント
  2. 大掃除で掃除すべき場所は?
  3. 場所別の掃除方法を解説!
  4. 不用品の処分方法とポイント
  5. 年末の大掃除に関してよくある質問

この記事を読むことで、大掃除がスムーズに終わる方法とポイントが分かります。気になっている方はぜひチェックしてください。

1.大掃除の準備とスケジュールを立てるポイント

最初に、大掃除の準備とスケジュールを立てるポイントについて解説します。

1-1.事前準備でやっておきたいこと

大掃除がスムーズに終わるか否かは、事前準備で大きく左右されます。きちんと事前準備を行っていたほうが、手順どおりに大掃除が終わるでしょう。事前準備としては、まず掃除に必要なアイテムを用意してください。油汚れに強いアルカリ性洗剤・カビ取り剤・ゴム手袋・ゴミ袋・ダンボール・軍手・雑巾など必要だと思える掃除グッズを準備しましょう。また、ゴミが捨てられなかったということにならないように、ゴミ収集日の確認も必要です。

1-2.ある程度、ものを減らす

大掃除の前に、ある程度ものを減らしておくこともスケジュールどおりにすすめられるポイントの1つです。不要なものを処分するのは、大掃除の重要なファーストステップと言えるでしょう。基本的に、1年以上使っていないものは処分してください。ほかにも、2シーズン着なかった服・使う予定のないもの・必要でないものも思いきって手放しましょう。大量にものを持っている人ほど時間と労力がかかるため、時間に余裕をもって行うことが大切です。

1-3.大掃除のスケジュールは大まかでOK

スケジュールを立てるのと立てないとでは大きな違いがありますが、あくまで大掃除のスケジュールは目安です。絶対にそのとおりに進める必要はないため、簡単で大まかなスケジュールを立ててください。スケジュールを立てるときは、以下の手順を参考にするといいでしょう。

  1. 持ち物を整理する
  2. 不用品を処分する
  3. 掃除場所をリストアップする
  4. 掃除する順番を決める
  5. 掃除道具をそろえる
  6. 大掃除当日

2.大掃除で掃除すべき場所は?

ここでは、大掃除で掃除すべき場所を紹介します。

2-1.1年間のホコリと汚れをとる

年末の大掃除は1年間のホコリと汚れをとることが目的です。フローリングや家具・家電周辺、トイレ、浴室など日ごろから掃除している場所でも、行き届いていない場所があるのではないでしょうか。たとえば、家電のコードにたまっているホコリや、浴室の排水口などです。大掃除は日ごろから掃除している場所でも、行き届いていない部分には1年間のホコリがたまっています。

2-2.普段できない場所を掃除する

天井やベランダ・サッシ・玄関の扉・壁など、普段できない場所を掃除するのも大切なポイントです。大掃除でやるべきことはたくさんあるため、まずは掃除場所のリストアップをしてください。普段、なかなか掃除ができていないところもリストアップしておきましょう。特に、大掃除すべき場所は以下のとおりです。

  • 風呂場
  • 洗面所
  • トイレ
  • 台所
  • 居間
  • 寝室
  • 玄関
  • ベランダ
  • 廊下
  • 庭・車・ガレージ
  • 押し入れ・クローゼット
  • 倉庫・納戸

3.場所別の掃除方法を解説!

それでは、主な場所別の掃除方法について解説します。

3-1.押し入れ・クローゼット

押し入れとクローゼットの中にあるものを全部取り出し、空っぽの状態にしてください。掃除を怠っていた分だけホコリや汚れがたまっているため、ぞうきんやモップなどでキレイにします。中をキレイにしてから、衣装箱や衣装ケースなどを入れ直しましょう。その際に、着る予定のない洋服やいらないものを処分することが大切です。また、衣装箱や衣装ケース・ボックスの中もキレイにしておきましょう。大切な衣類を収納する際は、除湿剤・乾燥剤・防虫剤を入れることも大切です。

3-2.油汚れがついているキッチン

大掃除で手間がかかるのが、こってり汚れがついているキッチンです。キッチンなどについているこってり汚れは、ほとんどが油汚れとなります。油汚れは放置すると頑固な汚れになり、つけおきなどで汚れを落とさなければならないので時間がかかるでしょう。特に、レンジまわりはシンクを丸ごと使ってつけおき洗いをすることになるので先に行ってください。油汚れはアルカリ性洗剤が有効で、排水口や食器などは漂白剤を使います。ほとんどの掃除を終えた後に、掃除で汚れてしまったシンクやゴミ箱・取っ手類をキレイにすると効率的です。キッチンの扉の中や焦げついた調理器なども掃除を忘れないでくださいね。

3-3.浴室・トイレなどの水まわり

浴室・トイレなどの水まわりもキッチン掃除と同じく時間と手間がかかる場所です。1番力を入れることになるのが、浴室のカビ取りになるでしょう。カビ取り剤など専用の洗剤をつけおきする場合があるため、1番最初に行うと効率的です。浴槽だけでなく、台やおけなどもキレイに掃除します。また、洗面台と浴室の排水口を一気に掃除するのもいいでしょう。水まわりにつきやすい水垢(みずあか)は、重曹やクエン酸が有効です。

3-4.リビング・寝室・子ども部屋など

リビング・寝室・子ども部屋など各部屋の掃除も行います。特に、普段なかなか掃除することがない天井に注目してください。天井にはホコリだけでなくクモの巣で汚れていることがあります。フロアワイパーにウェットシートをつけて掃除をしてください。楽に汚れやホコリを落とすことができるでしょう。また、各部屋の壁にもホコリ・手垢(てあか)・タバコのヤニ汚れなどがついています。手垢やタバコのヤニ汚れは重曹のアルカリ性洗剤や塩素系漂白剤を使ってください。ただし、塩素系漂白剤は色落ちや剝がれが生じる恐れがあるため、十分に注意して使いましょう。

3-5.ベランダ・網戸・サッシ

あまり掃除することがないベランダは、年に1回の大掃除しかキレイにしないという家庭が多いのではないでしょうか。ベランダは枯れ葉や土ぼこりなどの汚れがたまっているので、ほうきで掃いた後に水洗いをして、ぞうきんで枠や手すりなどについた汚れを拭き取りましょう。水が使える場所なら、デッキブラシを使ったほうが頑固な汚れも落ちやすくなります。また、ベランダを掃除する際に、窓のサッシや網戸も掃除するといいでしょう。

3-6.廊下・玄関

掃除機やぞうきんで廊下をキレイにしましょう。フロアワイパーのウェットシートである程度の汚れを拭き取った後、掃除機をかけるのがベストです。また、玄関の場合は、掃除前に履かない靴や長い間置きっぱなしにしていた小物類を処分してください。玄関は外から持ち運んだ土や泥、カビで汚れている可能性があります。その場合は、重曹またはセスキ炭酸ソーダを使うとスムーズに落とすことができるでしょう。掃除機やほうきで大まかにゴミを取り除いた後、洗剤を使って拭き掃除します。

4.不用品の処分方法とポイント

大掃除で出た不用品はどのように処分すればいいのでしょうか。具体的な方法について解説します。

4-1.大量の不用品は回収業者に依頼する

大掃除ではたくさんの不用品が出てくるので、まとめて処分できる不用品回収業者がおすすめです。少しのゴミであれば自治体でも処分できます。しかし、不用品の数が多いとゴミの分類に手間と時間がかかるのでおすすめしません。不用品回収業者に依頼すればゴミを分類する必要がなく、いらないものを一気に処分することが可能です。ただし、不用品の量が多くなるほど費用が高額になるため、事前に見積書をもらって細部まで確認してください。

4-2.使えるものは買取に出す

できるだけ費用を抑えるために、使えるものは買取に出しましょう。処分するものの中には、まだ使えるものがあると思います。基本的に、正常に再利用できるものは買い取ってもらえるでしょう。たとえば、1度も使っていない食器・ブランド服などです。特に、購入してから3~5年以内の家電は中古市場での需要があるので高く買い取ってもらえる可能性があります。買い取ってもらった分だけ、処分費用が節約できるでしょう。

4-3.ネットオークションやフリマアプリを利用する

自分で売る方法として、ネットオークションやフリマアプリを利用するのも方法の1つです。リサイクルショップや買取専門店で売れなかったものが売却できる可能性があるでしょう。また、全国から買い手を募集できるため、近年は利用者が増加しています。自分で売却金額を設定できるので、納得いく金額で手放すことができる点が大きなメリットです。ただし、写真撮影や商品説明のための時間がかかったり、売却できても自分でこん包したりしなければなりません。必ず売れるとは限らないので、手間と時間がかかることを把握した上で利用しましょう。

5.年末の大掃除に関してよくある質問

年末の大掃除に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.どこから大掃除を始めるべきか?
A.やるべき場所がたくさんあるのでどこから始めるべきか悩む方は多いでしょう。ポイントは狭い場所→広い場所の順で掃除することです。たとえば、トイレ→風呂→玄関→キッチン→リビングというように狭い場所から掃除を始めてください。そうすることで、達成感を味わうことができ、モチベーションを保ちやすくなります。最初に広い場所から掃除を始めてしまうと、達成感が得られなくなりモチベーションが下がるので中途半端になりがちです。

Q.大掃除のコツは?
A.高いところから低いところにかけて掃除することです。いきなり低い場所から掃除してしまうと、高い場所にたまっていたホコリが低い場所に落ちてきてしまいます。二度手間になってしまうため、掃除は高いところから順番に低いところにかけて掃除するのがコツです。そして、上から下に落とした後、掃除機やモップで床に落ちたホコリを取り除きます。

Q.エアコンや照明器具の掃除方法は?
A.エアコン内部は大掃除の際にキレイにする絶好のチャンスです。できれば、細かいところまで徹底的に洗浄するエアコンクリーニングをおすすめします。ただ、フィルターなど見える範囲の汚れなら自分でも掃除できるでしょう。フィルターを外した後、表面から掃除機をかけてホコリを吸い取ってください。裏面から表面にかけて水を流し、汚れの部分は歯ブラシなどでやさしくこすりましょう。汚れがひどい場合は、つけおきがおすすめです。また、照明器具はハンディーモップなどでホコリをやさしく絡めとりましょう。

Q.大掃除を楽に済ませたい場合は?
A.自分で大掃除をするのが無理・時間がなく楽に済ませたいという方は、掃除業者に依頼するのも方法の1つです。特に、高齢者や自分で掃除をするのが無理だと判断できる場所は、専門業者に依頼したほうがいいでしょう。費用節約のために無理をしてしまうと、大ケガする恐れがあるので要注意です。

Q.効率的かつお得に不用品を処分するコツは?
A.不用品の回収と買取を行っている不用品回収業者に依頼することです。たとえば、不用品回収・買取を実施しているダストマンでは、同時に両方のサービスが利用できます。買取不可になっても引き取り処分してもらえるので効率よく片付けられるでしょう。また、粗大ゴミの片付けやパソコン内のデータ消去などの機密情報処理も行っています。

まとめ

年末の大掃除は、やらなければならないことがたくさんあります。だからこそ、掃除すべき場所をリストアップしたり、大まかなスケジュールを立てたりすることが大切です。きちんと計画を立てておけば、スムーズかつ効率よく掃除できるでしょう。また、大量の不用品が出てくるので、不用品回収業者に依頼するのも方法の1つです。買取と回収を行っている業者に依頼すれば、買取不可になっても処分できるので手間と時間がかかりません。ハウスクリーニングを受けつけているところもあるので、無理な場所は専門業者に依頼しましょう。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!