終活に断捨離が効く! 老前整理で軽やかに暮らすための不用品処分法

1.終活と断捨離について

1-1.終活とは?

終活とは「人生の終わりに向けての活動」を意味し、人が人生の最期を迎えるにあたって、大切なさまざまなことを事前に準備することを指します。もともとは葬儀やお墓、財産の分与など、残された人が困らないように準備する意味合いが強かったのが終活です。今では、より良いエンディングに向けて、身の回りの物品や人間関係などを生きているうちに整理する「生前整理」も盛んに行われるようになっています。さらに、最近では、自分が快適に老後を過ごすための老前整理が注目されており、40代・50代から取り組む人も増えてきました。

1-2.断捨離とは?

断捨離とは不要なものを減らし生活に調和をもたらそうという思想で、やましたひでこさんによって提唱されました。もとはヨーガの行法である断行(だんぎょう)・捨行(しゃぎょう)・離行(りぎょう)を応用したもので、単なる片付け術とは一線を画したものです。断・捨・離にはそれぞれ以下のような意味が込められています。

  • 断→不必要なものを断つ。入ってくる時点でせき止め、ものを増やさない
  • 捨→今の自分に必要がないものを捨てる。家の中にたまったものを減らす
  • 離→ものへの執着から離れる。ゆとりある空間と身軽な人生を手に入れる

1-3.社会背景と流行

日本では、経済の急成長による大量消費と「もったいない」精神によって、買ったものは使わなくても捨てずに取っておく人が多く、どの家にもものがため込まれていきました。日本の消費社会が成熟期を迎えた中で、21世紀の初めよりものを減らす片付け術が脚光を浴びるようになり、断捨離も世の中に受け入れられていったのです。あふれるものの中から本当に必要なものだけを選んで残し、無駄なものを捨てる生き方は、これまでの大量消費時代のアンチテーゼのように広まっていきました。

1-4.目的、必要性

昭和の時代までは片付け術=収納術で、いかにたくさんのものを効率よくしまうかに腐心してきた主婦たちは、断捨離によって「ものを減らせば片付けがしやすい」ということを覚えました。

経済成長とともにものを増やし、ものに執着してきた団塊世代も、ものが飽和したことで、「快適さとは何か」「暮らしの質とは何」かを問う姿勢を受け入れたのです。ものを買う段階から本当に必要かどうか見極め、好きなものを大切に使う、不要なものは身近に置かない、こうした断捨離の考え方は、単なる片付け術ではなく生き方として多くの人に支持されています。

2.終活における断捨離とは

終活のなかで、生前整理として、残された人が困らないように、財産分与の取り決めや不用品の処分をしておきます。老前整理は、まだ老人になる前の若くて気力・体力ともにあるうちに、ものを減らし必要なものだけを残す取り組みです。一方断捨離は、ものの要・不要を見極め、ものを減らして暮らしに調和をもたらすことを目的としています。

2-1.それぞれの違い

断捨離では今の自分にとって、そのものが必要か否かを見極めていきます。一方終活では、残された人のことを思って整理をしていく部分が違うのです。

2-2.重なる部分

終活は生前整理や老前整理でものを減らし必要なものだけを残します。一方断捨離も、ものの要・不要を見極め、ものを減らしていく部分は共通です。

2-3.終活における断捨離とは?

終活における断捨離は、自分のことに加え、残される家族のことを考えてものの要・不要を判断していくことが大切です。今の自分にとっては大切でも、残された家族にとっては不要なものもあることを理解しましょう。終活の断捨離をしておくことで、本人以外では判断がつかないようなものの整理のために家族を煩わせることがなくなります。

2-4.生前整理や老前整理と終活、断捨離について

終活の一環として、生前整理や⽼前整理を断捨離という形で行います。健康で、体力・気力ともに十分な老前から、ものと暮らしを見つめ直し、自分の持ち物を整理していくのです。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!