電子ピアノを処分したい人必見! 処分・買取に出すコツを伝授!

3.販売業者の下取りを利用して手放す

販売業者の下取りを利用して手放す

電子ピアノの処分方法として、販売業者の下取りを利用することも考えてみましょう。具体的に解説しますね。

3-1.電子ピアノの買い替えがベターなときとは?

以下のようなときには、電子ピアノの買い替えを検討しましょう。

  • 電子ピアノの寿命が来たとき
  • 故障して修理不可能との診断を受けたとき
  • 魅力的な新製品が出てきたとき
  • 引っ越しなどで置き場所に困るとき

電子ピアノ自体に特に問題が無くても、引っ越しなどで置き場所に困るようになったときも買い替えのタイミングと考えてください。

3-2.電子ピアノの新製品が安い時期は?

電子ピアノは、コンスタントに新製品が発売になるわけではありません。しかし、最新モデルが安い時期は存在します。

  • クリスマスの直前(プレゼント需要があるため)
  • 3月(4月から習い始める人が多いため)

また、最新モデルが発表になるとひとつ前のモデルが値崩れします。最新モデルにこだわらないときは、お得ですよ。

3-3.販売業者の下取りについて理解しよう

電子ピアノを買い替えるときには、不要になった古い電子ピアノを下取りしてもらえることがあります。楽器販売店などでは、買い替え需要を見込んで下取りサービスを行っていることも多いので調べてみましょう。下取りサービスを受けることで、買い替え費用の足しになることもあります。

3-4.通販業者の下取りはどうなっている?

電子ピアノも通販で購入できる時代になりました。通販ではさまざまなコストを削減しているため、新品の電子ピアノの価格が安いことが特徴です。ただし、買い替えのときに下取りサービスを行っているところは多くありません。下取りサービスには、手間も時間も費用も掛かります。下取りサービスを行わないことで、価格を抑えているという側面があることも理解しましょう。しかし、キャンペーンなどで下取りサービスを行うことはあります。キャンペーン情報はしっかりチェックしておきましょう。

3-5.販売業者の下取りを利用する場合の手数料

販売業者による電子ピアノの下取りは、手数料が無料となることが多いです。手数料を必要とする場合でも、結局のところ新規購入のときに値引き扱いになることもあります。たとえば、手数料を支払った後に数千円程度のキャッシュバックを受けることで、新規購入の費用負担が軽くなるケースが多いのです。

3-6.販売業者の下取りを利用するメリット・デメリット

電子ピアノの処分で販売業者の下取りを利用するメリット・デメリットをまとめました。

3-6-1.メリット

  • 買い替えと同時に処分できる
  • 下取りで数千円のキャッシュバックがある(実質的な値引き)
  • 販売業者に引き取ってもらうことで心理的に安心

新しい電子ピアノへ買い替えする場合は、特にメリットが大きいですね。

3-6-2.デメリット

  • 下取りだけを利用できない
  • 同じ店で新規購入する必要がある
  • 条件によっては下取りできない電子ピアノもある

下取りは新規買い替えが条件になるため、下取りだけの利用ができません。そのほかにもさまざまな条件指定があるため、買い替えを考えていても下取り不可となる電子ピアノもあります。

3-7.電子ピアノの処分で販売業者の下取りを利用する場合の注意点

電子ピアノを新規購入する必要が無いにもかかわらず、下取りサービスを利用するために新規購入を考えることはやめましょう。新しい電子ピアノを購入しても、またすぐに不用品となってしまうだけです。販売業者の下取りは、電子ピアノの買い替えをするためのサービスとなります。今後も電子ピアノを使用する人向けのサービスだと理解しましょう。電子ピアノを買取依頼や処分するだけの場合は、ほかの方法を検討してください。

下取りなんて方法もあるんですね。
買い替えが前提となりますが、該当するのであれば積極的に利用するのもよいでしょう。

4.電子ピアノは買い取ってもらえる?

電子ピアノは買い取ってもらえる?

電子ピアノの処分で、リサイクル価値があるものは買取依頼をしましょう。ここでは、買取に有利になるコツも伝授します。

4-1.買取してもらえる電子ピアノとは?

  • 有名・人気ブランドであること
  • 人気モデルであること
  • 電子ピアノとしての機能に問題が無いこと
  • 使用感が少なくキレイな状態であること
  • 使用説明書・付属品が揃(そろ)っていること

電子ピアノは、想像以上にブランドの指名買いが多いものです。有名・人気ブランドのものが有利になるのは当然と言えます。特に人気の高い、ヤマハ・ローランド・カシオ・カワイなどの電子ピアノは高価買取をしている業者が多いです。

4-2.リサイクルショップを利用する

リサイクルショップに買取を依頼するときは、店舗に連絡を入れて買取可能かどうか相談してから持ち込みましょう。電子ピアノは大きいもののため、いきなり持ち込むと買取にならなかったときに大変です。場合によっては、リサイクルショップが引き取りに来てくれることもありますが期待し過ぎないようにしましょう。

  • メリット:買取になった場合はお金が手に入る・中古品としてリサイクルできる
  • デメリット:買取不可の場合がある・基本的には自分で持ち込む必要がある

4-3.ネットなどのリセールを利用する

ネットなどでリセールを利用する方法もあります。たとえば、インターネットオークションですね。オークションサイトに会員登録後、希望する売却価格を付けて電子ピアノを出品しましょう。落札希望者が入札をして取り引きの成立を待ちます。無事に取り引きが成立した後に、落札者からの代金の入金を確認してから引き渡しましょう。

  • メリット:売りたい金額で売ることができる・高値落札も夢ではない
  • デメリット:入金トラブルやクレームが多い・引き渡すための手間が掛かる

4-4.電子ピアノを高価買取してもらうコツ

電子ピアノを高価買取してもらうには、以下のポイントに気を付けましょう。

  • 汚れなどはキレイに掃除しておくこと
  • 使用説明書・保証書・付属品を揃(そろ)えておくこと
  • 電子ピアノを高価買取している業者に依頼すること

買取を強化していない業者に依頼すると査定金額が安いことも多いです。できるだけ高価買取している業者を探して依頼しましょう。

高価買取のポイントがわかりました。
どうせ買取に出すなら高いほうがよいですよね!
みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 投票, 評価平均値: 2.00)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!