電気シェーバーの処分はどうする? おすすめの捨て方をご紹介します。

3.自分で電気シェーバーを廃棄するなら?

自治体の処分費用は安く、回収ボックスの設置もあることから、選ばれる方が多いです。自分で廃棄する方法をご紹介します。

3-1.自治体の回収を利用して電気シェーバーを廃棄する

自治体の燃えないごみに該当する場合、リサイクルではなく廃棄という形になります。小型家電としてリサイクルする地域とそうではない地域があり、各自治体のやり方を事前に確認することが重要です。リサイクルを推進している地域では、回収ボックスに投入する方法で廃棄となります。

3-2.電気シェーバーを自治体の回収に出す前にやるべきことは?

まず、自治体ごとに違うごみ出しのルールを確認します。燃えないごみかリサイクル回収かをチェックし、ルールに従った方法で処分をしてください。燃えないごみの場合、指定日に規定の袋に入れて出します。

3-3.自治体で電気シェーバーを廃棄するメリット・デメリット

自治体は処分費用が安いことが、最大のメリットです。燃えないごみでもごみ袋の代金だけで、回収費用の請求はありません。回収ボックスの利用も無料です。
デメリットとなるのは、ごみ出しの日が指定されてしまうことでしょう。タイミングがずれてしまう方は、なかなか捨てられずにもどかしい思いをします。回収ボックスまで運ぶのが面倒という方は、ほかの方法で処分することを考えてください。

3-4.回収ボックスに電気シェーバーを捨てるには?

公共施設・商業施設・家電量販店など、さまざまな場所に回収ボックスは設置されています。小型家電なら気軽に処分でき、捨て方も難しくありません。

3-4-1.回収ボックスについて

小型家電リサイクル法の施行を受け、自治体ごとに回収ボックスを設置しています。詳しい設置場所が知りたい方は、自治体に問い合わせてみてください。自治体が対象品目と定めてあるものだけが回収ボックスに投入でき、電気シェーバーも含まれているなら、投入口から入れるだけで回収が完了します。回収後は、定期的に収集を行い、リサイクルされるシステムとなっているのです。

3-4-2.回収ボックスは便利でもデメリットもある

回収ボックスに入れるだけでリサイクルが完了する便利さもあり、費用負担もないのがメリットです。しかし、設置場所を探し、持ち込むのが手間だと感じる方には向きません。設置場所にも限りがあり、自宅の近くにない場合もあります。

4.販売業者の下取りは利用できる?

買い替えと同時に処分する方は、下取りができないか気になることでしょう。販売店や通販業者による下取り状況を解説します。

4-1.販売店による電気シェーバーの下取りについて

下取りは、無料引き取りになるケースが多いです。下取りキャンペーンを実施していても、数百円に留(とど)まります。購入時に持ち込み、その場で引き取りとなるメリットがあるため、買い替え時の処分方法として便利です。

4-2.通販業者による電気シェーバーの下取りは期待できない

通販業者では、下取りを実施しているところはほとんどありません。下取りや無料引き取りをせず、販売価格そのものを抑えて売ることを重視しており、通販業者での購入では下取りを希望しても受けつけてもらえないでしょう。

4-3.販売業者や通販業者を利用するメリット・デメリット

販売業者の場合、下取りされたらわずかでも収益となります。処分も購入時にでき、一石二鳥の方法です。とはいえ、現金でのキャッシュバックよりポイント還元といった形式となる場合もあり、購入費用から相殺されるわけではないことも想定しておきましょう。
通販業者の場合、販売店より安く購入できるメリットがあり、浮いた費用で古い電気シェーバーの処分を考えられます。ただし、廃棄ルートは自分で考えなければなりません。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!