電気シェーバーの捨て方は? ゴミとして捨てる以外の選択肢も紹介!

「電気シェーバーの捨て方が分からない」「何ゴミになるのか?」とお悩みではありませんか? 電気シェーバーには電池が搭載されているため、処分する際にどうすればよいのか迷う人は多いでしょう。状態によっては買取に出すこともできるため、よく考えて処分することをおすすめします。

この記事では、電気シェーバーのゴミ分類や捨てる際の注意点・正しい処分方法などをまとめてご紹介しましょう。

  1. 電気シェーバーは何ゴミなのか?
  2. 電気シェーバーを捨てる前の注意点
  3. 電気シェーバーを自治体回収で処分する場合
  4. 電気シェーバーを自治体以外の方法で処分する方法
  5. 電気シェーバーの捨て方に関するよくある質問

この記事を読むことで、不要になった電気シェーバーをリサイクルする方法や買取に出す際のポイントなどが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.電気シェーバーは何ゴミなのか?

まずは、電気シェーバーのゴミ分類について解説しましょう。

1-1.不燃ゴミになる自治体が多い

電気シェーバーは、不燃ゴミとして扱う自治体が多くなっています。自治体が指定するゴミ袋に入れて不燃ゴミの日に出すだけで処分することが可能です。ただし、自治体によっては粗大ゴミとして回収しているところもあるため、事前に確認しておきましょう。

1-2.小型家電として回収している自治体も

2013年に施行された小型家電リサイクル法により、電気シェーバーを小型家電として回収している自治体もあります。使用しなくなった小型家電から希少な金属を取り出し、再利用するための取り組みです。ただし、この取り組みを行っていない自治体もあり、対象品目も自治体によって異なるため、調べてみることをおすすめします。

2.電気シェーバーを捨てる際の注意点

電気シェーバーを捨てる際には、いくつか注意すべきことがあります。

2-1.燃えるゴミとして捨てるのはNG

電気シェーバーを燃えるゴミに混ぜて捨てるのは絶対にやめてください。電気シェーバーに内蔵されているリチウムイオン電池やニッケル水素電池などは、燃えるゴミとして捨てると収集する際に発火する可能性があります。大きな事故につながる危険もあるため、面倒でも必ず何ゴミに分類されるか調べ、正しく処分しましょう。

2-2.電池は取り外してリサイクルへ

電気シェーバーに使われている小型充電式電池には、ニッケルやカドミウム・鉛などの資源が含まれています。こうした電池はリサイクルすることで、貴重資源の有効利用につながるのです。そのため、一緒に捨ててしまわずに、電気シェーバーから取り外してリサイクルに回しましょう。

2-3.買取に出すことができないか状態の確認を

電気シェーバーを捨てる前に、買取に出すことができないか確認することも大切です。使用回数が少ないものや人気メーカーのものだと、買取対象になる可能性があります。正常に動作するか・目立つ汚れはないかなど、チェックしてみるとよいでしょう。

3.電気シェーバーを自治体回収で処分する場合

自治体の回収を利用して電気シェーバーを処分する方法についてまとめました。

3-1.粗大ゴミとして捨てる場合

電気シェーバーを粗大ゴミとして捨てる場合の手順は、自治体によって異なります。一般的には以下のような手順になっている自治体が多いため、参考にしてください。

  • 電話またはインターネットで回収の申し込みをする
  • 回収日時と回収場所・料金を確認する
  • コンビニか郵便局で料金分の粗大ゴミ処理券を購入し、電気シェーバーに貼る
  • 回収日時に指定の回収場所へ持っていく

3-2.小型家電として捨てる場合

小型家電の回収方法も自治体によって異なるため、事前の確認が必要です。多くの自治体では、公共施設や家電量販店などに回収ボックスを設置し、投かんするだけで無料回収してもらえます。回収ボックスの設置場所はこちらから検索できるため、チェックしてみるとよいでしょう。

4.電気シェーバーを自治体以外の方法で処分する方法

自治体の回収を利用する以外に、電気シェーバーの処分方法には以下のようなものがあります。

4-1.不用品回収業者に依頼する

電気シェーバーのほかにも処分したいものが多数ある場合は、不用品回収業者に依頼する方法がおすすめです。希望の日時に自宅まで回収に来てもらえるため、大型の不用品があっても自分で運ぶ必要はありません。ダストネット東京は、不用品の格安回収と高価買取を行っている業者です。状態のよい不用品は買い取ってもらえるため、ぜひチェックしてみてください。

4-2.販売店に引き取り・下取りしてもらう

新しい電気シェーバーを購入する販売店に依頼すれば、古い電気シェーバーを引き取ってもらえる場合もあります。販売店によっては下取りが可能なところもあるため、確認してみるとよいでしょう。購入と処分が同時にできるのは大きなメリットです。ただし、引き取りや下取りのサービスを行っていない業者もあるため、事前に問い合わせておくことをおすすめします。

4-3.買取に出す

正常に動作し、目立つ汚れや傷がないもの・有名メーカーのものなどは、買取に出すことも検討すべきです。リサイクルショップや買取業者などに依頼してみるとよいでしょう。ただし、状態によっては買取が不可能な場合もあること・買取してもらえなかった場合は別の処分方法を考える必要があることなどがデメリットです。

5.電気シェーバーの捨て方に関するよくある質問

「電気シェーバーを処分したい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.電気シェーバーの寿命はどのくらいですか?
A.使用頻度やメンテナンス方法にもよりますが、一般的には3~4年程度といわれています。

Q.電気シェーバーの買い替えを検討していますが、安くなる時期を教えてください。
A.新生活がスタートする3月や4月や、父の日が近くなった時期などに安くなる傾向があります。また、家電量販店がセールを行う年末年始や決算時期もねらい目です。

Q.電気シェーバーを自治体回収で処分するメリットは何でしょうか?
A.無料、もしくは安価で処分できること・相手が自治体なので安心感があることなどです。

Q.通販で電気シェーバーを購入した場合、古いものを下取りしてもらうのは無理でしょうか?
A.通販業者で下取りを行っているところは少ないですが、一時的なキャンペーンで下取りしていることもあるため、確認してみることをおすすめします。

Q.  電気シェーバーを高価買取してもらうポイントを教えてください。
A.きれいに掃除しておく・付属品をそろえておく・正常に動作するか確認しておく・なるべく早く買取に出すなどです。

まとめ

電気シェーバーを処分する方法や注意点などをまとめてご紹介しました。電気シェーバーを処分する方法はいくつかあるため、それぞれのメリットとデメリットを把握した上で選択するとよいでしょう。ぜひこの記事を参考に、自分に合った方法で電気シェーバーを処分してください。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!