ホワイトボードの適切な処分方法は? 知っておきたい注意点も紹介!

「ホワイトボードの処分方法が分からない」とお困りではありませんか? 会社での会議や家庭でのスケジュール管理などに使われることが多いホワイトボードですが、不要になった際の処分方法に悩みがちですよね。大きさや素材によって捨て方が異なる場合もあるため、しっかり把握しておきましょう。

この記事では、ホワイトボードのゴミ分類や処分する方法・買取に出す際の注意点などをまとめてご紹介します。

  1. ホワイトボードは何ゴミなのか?
  2. ホワイトボードを自治体で処分する方法
  3. ホワイトボードを自治体以外の方法で処分する場合
  4. ホワイトボードを買取に出す前に
  5. ホワイトボードの処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、ホワイトボードを処分する際に知っておきたいことが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.ホワイトボードは何ゴミなのか?

まずは、ホワイトボードのゴミ分類について解説しましょう。

1-1.基本的には粗大ゴミ

ホワイトボードは、粗大ゴミとして扱っている自治体がほとんどです。ただし、サイズや素材によっては燃えないゴミとして捨てることができる自治体もあるため、ホームページなどで確認してみるとよいでしょう。

1-2.事業用は産業廃棄物になる場合も

会社などで使用していた事業用のホワイトボードは、産業廃棄物として扱う場合もあります。この場合は粗大ゴミとして捨てることはできず、都道府県の許可を受けた専門業者が回収・処分する必要があるのです。必ず事前に確認してください。

2.ホワイトボードを自治体で処分する方法

ホワイトボードを自治体に依頼して処分する方法や注意点をまとめました。

2-1.まずは回収の申し込みを

粗大ゴミの回収方法は自治体によって異なりますが、一般的には以下のような手順のところが多くなっています。

  1. 電話かインターネットで回収の申し込みをする
  2. 回収日時を確認し、回収場所と料金・受付番号を聞く
  3. コンビニまたは郵便局で料金分の粗大ゴミ処理券を購入する
  4. 処理券に受付番号を記入し、ホワイトボードに貼る
  5. 回収日時に、指定の回収場所へ運ぶ

2-2.自治体を利用するメリットとデメリットを理解する

自治体を利用するメリットは、やはり安さでしょう。ほとんどの自治体で、ホワイトボードの処分費用は数百円です。一部、自分でゴミ処理場に持ち込むことで処分費用が無料になる地域もあります。また、相手が自治体ということで安心感も大きいのではないでしょうか。一方、回収日時を決められるため、自分のタイミングで処分できないというデメリットもあります。回収場所まで運搬するのが困難な場合もあるため、そういったデメリットも理解した上で利用すべきか決めるとよいでしょう。

2-3.急いでいるときは早めに予約を

申し込みをしてから実際に回収されるまで、1週間程度かかるのが一般的です。引っ越しシーズンや年末年始などは収集が混雑することも多く、回収まで1か月以上かかる場合もあります。引っ越しや事務所の移転・閉鎖などで処分を急いでいるときは、なるべく早めの回収の申し込みをしましょう。

3.ホワイトボードを自治体以外の方法で処分する場合

自治体に依頼する以外の方法でホワイトボードを処分する方法についてご紹介しましょう。

3-1.不用品回収業者に依頼する

ホワイトボードの処分を不用品回収業者に依頼する方法もあります。サイズが大きなホワイトボードも自宅やオフィスまで引き取りに来てもらえるため、大変便利です。ただし、ホワイトボード1台だけを依頼するのは現実的ではないため、ほかにも不用品が大量にある場合などに利用することをおすすめします。ただし、中には悪徳業者も存在するため、業者選びは慎重に行いましょう。

3-2.買取に出す

状態のよいホワイトボードは買取に出すのがおすすめです。事務用品は中古市場でも需要があるため、買取してもらえる可能性は十分にあるでしょう。買取先にはリサイクルショップや買取業者・不用品回収業者などがあります。ダストネット東京は、不用品の格安回収と高価買取を行っている業者です。こちらから無料見積もりを受け付けているため、チェックしてみるとよいでしょう。

3-3.ネットオークションやフリマサイトで売る

ネットオークションやフリマサイトなどを利用してホワイトボードを売る方法もあります。利用者数が非常に多いため、売れる可能性は十分にあるでしょう。自宅にいながら出品できること・思っている以上の金額で売れる可能性があることなどがメリットです。ただし、個人同士の取り引きになるため、トラブルが発生することも少なくありません。また、いつ売れるか予測がつかないため、急いで処分したい人には不向きでしょう。

4.ホワイトボードを買取に出す前に

ホワイトボードの買取について、買取対象になる条件や査定時の注意注意点などをまとめました。

4-1.買取対象になる条件は?

買取してもらえる可能性が高いホワイトボードには、以下のような条件があります。

  • きれいな状態のもの
  • オフィスコムやコクヨ・ITCなど人気メーカーのもの
  • 付属品がそろっているもの
  • おしゃれなデザインのもの
  • 自立タイプのもの
  • インターフェイス機能がついているもの

4-2.信頼できる業者選びを

買取業者を選ぶ際には、いくつか知っておくべきポイントがあります。

  • 豊富な買取実績があるか
  • 古物商の許可を得ているか
  • 見積書を文書で提出してくれるか
  • 内訳の詳細を説明してくれるか
  • 丁寧でスピーディーな対応か

4-3.査定前にやっておくこと

ホワイトボードを査定に出す前に、いくつかやっておくべきことがあります。まず、状態を確認しておきましょう。故障などがなく正常に機能するか・目立つ汚れや傷はないか・付属品はそろっているかをチェックしてください。しっかりと掃除してきれいな状態にしておくことで買取金額がアップする可能性があります。また、メーカーや型番を事前に確認しておきましょう。スムーズな査定につながります。

5.ホワイトボードの処分に関するよくある質問

「ホワイトボードの処分について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.ホワイトボードの素材にはどのようなものがあるのでしょうか?
A.主に、アルミホーロー製とスチール塗装製のものに分けられます。自治体によっては素材ごとにゴミの分別方法が異なるため、注意してください。

Q.ホワイトボードの買取相場はどのくらいですか?
A.壁かけタイプだと数百円程度ですが、自立タイプであれば1,000~4,000円が相場でしょう。

Q.ホワイトボードのほかにも処分したい事務用品があるのですが、まとめて買取に出したほうがよいですか?
A.複数の事務用品をまとめて出したほうが高価買取につながりやすいでしょう。

Q.ホワイトボードを買取に出す前の掃除方法を教えてください。
A.軽く水拭きをしてから、乾いたタオルでしっかりと水気を拭き取るとよいでしょう。

Q.  悪質な不用品回収業者とのトラブルはどこに相談すればよいですか?
A.国民生活センターの窓口に相談すれば、適切なアドバイスをもらえます。

まとめ

ホワイトボードを処分する方法や注意点・高価買取のポイントなどをまとめてご紹介しました。ホワイトボードは中古市場でも人気があるため、状態がよければ処分する前に買取に出してみるのがおすすめです。ぜひこの記事を参考に、自分に合った処分方法を見つけてください。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!