物を捨てる基準を作って不用品を処分しよう! 不用品を処分するコツ

「物が捨てられずに困っている」「どんどん増える物を何とかしたい!」など、物が捨てられずに悩んでいる方は、部屋が不用品でいっぱいになっているでしょう。足の踏み場もない状態では転んでケガをしたり精神的に不安定になったりと、さまざまな悪影響を受けることになります。必要な物だけで生活するために、物を捨てる基準とポイントを把握しておきましょう。

本記事では、物を捨てる考え方と基準・ポイントについて解説します。

  1. 物を捨てられない理由は?
  2. 物を捨てる基準を作ろう!
  3. 物を捨てるポイント
  4. 捨てる物を処分・売る方法
  5. 物を捨てることに関してよくある質問

この記事を読むことで、要らない物を捨てる方法とポイントが分かります。悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

1.物を捨てられない理由は?

要らない物を片付ける前に、なぜ捨てられないのか原因を把握しておきましょう。

1-1.物を捨てるメリットはたくさんある

断捨離の基本は、不用品を捨てることです。要らない物を徹底して処分することで、本当に必要な物だけしか置かなくなり、部屋がスッキリとした状態になります。どこに何があるのか分かりやすくなるので、掃除や管理が楽になるでしょう。探し物もすぐに見つかるため、時間と手間が省けます。また、物を捨てることで余計な物を買わなくなるメリットもあるのです。スッキリとした清潔感のある部屋に変わると、その状態を維持しようとする意識が高くなり、健康面や精神面も安定します。物を捨てることで生まれるメリットは、思っている以上にたくさんあるのです。

1-2.なかなか捨てられない物を知ろう!

人によって捨てられない物は異なりますが、代表的なのは本・DVD・衣類などです。特に、衣類は新しい物を次々と購入しがちなので、いつの間にかクローゼット等に収納できない量になってしまいます。捨てられずにどんどん増え続けている物の中には、使っていない物もたくさんあるはずです。今一度、使用していない物がないか確認するといいでしょう。

1-3.物が捨てられない原因をチェック!

物が捨てられない原因には、3つの心理があります。
よくあるのが、「もったいない」と思ってしまうケースです。物を捨てなければならないと思っていても、もったいないと感じ、「いつか使うかもしれない」「誰か使うかも」と捨てられずにいます。
2つ目は、物を捨てることに罪悪感を覚えることです。物が捨てられない人ほど、物に対しての執着心が強く、感情に左右されやすい傾向があります。
そして最後の3つ目は、自分に自信がないことです。「本当に捨ててもいいのか」「後悔しないか」など、自分の選択に自信がありません。物が捨てられないのは、別の悩みを多く抱えているのが原因ともいえます。

2.物を捨てる基準を作ろう!

物を捨てるためには、今までとは違う新しい基準を自分で作る必要があります。物を捨てる基準を紹介するので、ぜひ参考にしてください。

2-1.1年以上使っていない物

一般的に、1年以上使っていない物は、これからも使うことがありません。1年をとおして使っていないものは、断捨離するというルールを決めてください。今使っていない物は捨てるという基準で処分すると、次のシーズンで使う物まで捨てることになります。そうならないためには、1年以上(全シーズン)で使っていない物は捨てるという基準が必要です。

2-2.ほかに代用できる物

要らない物と必要な物に仕分けをする際、ほかに代用できる物がないかどうか考えてみてください。代用できる物や2個以上ある物・役割が同じ物は、片方を断捨離しても困ることはありません。物が捨てられない人の多くは、必要以上の数を持っている物がいくつもある共通点があります。この機会に、複数の物がある場合は数を減らしましょう。

2-3.使えない物・壊れている物

当たり前に感じるかもしれませんが、使えない物や壊れている物は断捨離できます。しかし、なかなか物が捨てられない人は、「いつかどこかで使えるのでは」と考えてしまうのです。冷静に考えてみれば壊れて使えないと思いますが、いざ捨てるとなると判断ができなくなります。断捨離を決めたときには、きちんと割り切って処分しなければなりません。

2-4.一度も使ったことがない物

クローゼットや押し入れの中には、一度も使ったことがない物も眠っているはずです。たとえば、粗品としてもらったけど一度も使っていない食器やグラス類、購入したけど使っていない家電製品などがあります。使っていない物を捨てるのはもったいからと、そのままにしているケースは要注意です。捨てるのではなく、売却することにより、手放すことができるのでこの機会に断捨離をしてください。

2-5.買い直したいと思えない物

持っている物で買い直したいと思えない物があれば、それも思いきって処分しましょう。失くしたり壊したりしても、買い直したいと思えない物はあなたにとって必要ない物です。断捨離するかどうか迷ったときは、買い直したいと思えるかどうか考えてみてください。思えない場合は、断捨離しても後悔することはありません。

3.物を捨てるポイント

物を捨てる基準を改めて把握した後は、断捨離のポイントをチェックしましょう。

3-1.毎日少しずつ捨てる

「早くキレイにしなければ」と、捨てられない人は断捨離と片付けを一気に行う傾向があります。今すぐすべてを捨てる必要はありません。たとえば、今日はクローゼットの衣装ケースを片付ける、明日はキッチンなど、その日によってスペースを決めていきます。毎日数分だけでもいいので、コンスタントに断捨離を続けることが大切なポイントです。そうすれば、断捨離が当たり前になります。

3-2.どうなりたいかイメージする

物を捨てることで自分がどうなりたいのか、具体的にイメージしてください。たとえば、部屋の散らかり具合を解消したい・余分な物を捨てて気持ちもスッキリしたいなど、何でも構いません。具体的なイメージ(目標)を決めることで、その実現に向かって作業を進めることができます。途中で諦めそうになったときも、再びイメージを膨らませると自然とやる気が出てくるはずです。

3-3.捨てたい物から捨てよう

捨てられない物から始めずに、まずは捨てたい物から優先的に断捨離していきましょう。捨てたい物から捨てることで、気持ち的にも楽に作業を進められるようになります。どんどん物が減っていくことで気持ちがよくなり、なかなか捨てられない物も積極的に処分できるでしょう。捨てるべきか迷っている物は後まわしにしても構いませんが、できるだけ短期間の内に決めてくださいね。

4.捨てる物を処分・売る方法

なかなか物が捨てられない人は、もったいないからと手放すことに躊躇(ちゅうちょ)してしまうことがあります。そんなときは、ほかの方法で手放すといいでしょう。ここでは、物を捨てるのではなく、物を処分・売る方法を解説します。

4-1.人に譲る・寄付する

捨てるのがもったいないと感じている方は、周囲に欲しがっている人がいないかどうか探してみてください。知人や友人の中には、処分する本・DVD・衣類などを欲しがっている人がいるかもしれません。欲しがっている人に譲ることができれば、気楽な気持ちで手放せるでしょう。譲り先が見つからなくても、寄付という方法があります。本や衣類などの寄付を受けつけている団体はたくさんあるので、ぜひ利用してください。寄付した物は、発展途上国などの支援に活用されます。物を手放すと同時に、社会貢献ができるので一石二鳥です。

4-2.買取店やリサイクルショップ等に売る

再利用できる状態の物なら、買取店やリサイクルショップ等で売れる可能性があります。特に、買取需要が高い洗濯機・冷蔵庫・電子レンジなどの家電製品や、着物・ジュエリー・アクセサリーなど高価な物は高く売れるでしょう。価値があるブランド物関連は買取専門店へ、価値が低い物はリサイクルショップへ売りに出すのがポイントです。リサイクルショップの場合、買取額は下がりますが、多少のキズや汚れがあっても買取してもらえる可能性があります。

4-3.ゴミとして処分する

買取してもらえない物は、自治体のゴミとして処分せざるを得ません。ゴミとして処分する場合は、自治体のルールとゴミの分類を確認しておきましょう。自治体が定めたルールと異なるからです。間違った方法で処分すると、法律違反として罰則が科せられることがあります。また、一辺30cm以上の物は、多くの自治体で粗大ゴミとなるでしょう。しっかりとゴミの分類を確認し、正しい方法で処分してくださいね。

4-4.不用品回収業者へ依頼する

大量の不用品がある・買取と処分を同時に進めていきたいという方は、不用品回収業者への依頼がおすすめです。回収業者の中には、処分だけでなく買取サービスを受けつけているところがあります。たとえ、買取不可になったとしても、わざわざほかの方法で処分する必要がないため、手間と時間がかからない点がメリットです。ただし、業者の中には、不法投棄を行ったり法外な料金を請求したりする悪徳業者が存在しているので注意しなければなりません。

4-5.ネットオークションやフリマサイトを利用する

要らない物をネットオークションやフリマサイトを利用して売るのも方法の1つです。買取店やリサイクルショップで買い取ってもらえなかった物が、ネットオークション・フリマサイトで売れる可能性があります。ただし、買い手が見つかればの話で、希望どおりの金額で売れるとは限りません。買い手が見つかっても、落札者に商品を送る手間と時間がかかります。その点も踏まえた上で、利用しましょう。

4-6.無料の回収業者に要注意!

「今だけ無料回収をします!」などの謳(うた)い文句で迫ろうとする業者には注意してください。特に、街中を巡回している無料回収業者は、トラックに不用品を積んだ後、追加料金を請求する恐れがあります。後でトラブルにならないためには、不安要素がある無料回収業者に依頼するのが1番の安全策です。

5.物を捨てることに関してよくある質問

物を捨てることに関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.思い出の品は手放すべきなのか?
A.処分して後悔するものは、無理に手放す必要はありません。無理に手放すことで後悔することになる可能性があります。思い出の品が多く、どうしても捨てられないときは、写真としてデジタル化するのも方法の1つです。デジタル化すれば、大量の思い出もデータとして保存できます。

Q.捨てるかどうか迷う物がたくさんある場合はどうすべきか?
A.ずっと悩み続けると、断捨離の作業が進まなくなってしまいます。少しずつやる気もそがれてしまうため、ひとまず保留にしておきましょう。保留する物を、一時的にダンボールにまとめてください。そして、1か月ほど経過した後にもう1度考えます。少し時間を空けて冷静に考えることで、適切な判断ができるはずです。ぜひ試してみてくださいね。

Q.自治体で大型家電を処分する際の注意点は?
A.冷蔵庫・洗濯機・エアコン・洗濯機の4品目は、家電リサイクル法の対象品目となっています。対象品目になっている家電は、自治体で回収できません。メーカーに回収を依頼するか、自治体の認可業者に回収を依頼することになります。

Q.回収業者選びのポイントは?
A.スタッフの対応が丁寧でスピーディーか、回収実績が豊富か、産業廃棄物収集運搬許可・古物商許可などを取得しているかなど、さまざまな箇所をチェックしてください。複数のポイントを比較することで、優良業者と悪徳業者を見極めることができます。また、見積書なども事前に提出してもらい、細部までチェックしましょう。

Q.不用品を高く買い取ってもらうポイントは?
A.購入時とほとんど同じ状態で売ることが大きなポイントです。査定前にホコリや汚れなどを取りのぞき、購入時についてきた取扱説明書や専用ケースなど付属品をそろえることで、査定額がアップする可能性があります。

まとめ

いかがでしたか? 「もったいないから捨てられない」など、なかなか物が捨てられない人には特徴があります。しかし、そのままではどんどん新しいものが増えるばかりで、部屋の中が不用品でゴチャゴチャしてしまうでしょう。必要な物だけで生活するためには、要らない物を処分する必要があります。基本的に、1年以上使っていない物は処分してください。その中から使える物があれば、買取に出したり、人に譲ったりしましょう。そうすることで、処分する際の気持ちも楽になりますよ。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!