遺品整理における特殊清掃とは? 特殊清掃が必要となるケースや内容について

1.特殊清掃が必要となるケース

部屋に入ることができないほど汚れた状態の場合、特殊清掃が必要になるでしょう。
特殊清掃は普通の遺品整理と異なります。
では、いったいどのようなケースが特殊清掃を必要とするのでしょうか。

1‐1.死亡時間から発見までの時間が長かった場合

孤独死をする高齢者が年々増えてきています。
近所とのコミュニケーションが少なくなってきていることから、死亡から数日経過するケースが多いのです。
死亡時間から発見まで数日経過していると、想像以上の汚れが部屋に残ってしまいます。
異臭はもちろん、部屋の中に入ることができないほどの汚れになるのです。
普通の掃除ではなかなか落ちない汚れだからこそ、特殊清掃が必要になるでしょう。
対処に困ってしまいがちなハエやうじ虫などの処置も業者が請け負ってくれるのです。
自分たちではできないことは、プロである業者に依頼しましょう。

1‐2.対処できない「悪臭・異臭」

消臭剤を振りまいても故人が残した「悪臭・異臭」はなかなか消すことができません。一般的な方法では臭いが残ってしまうのです。
悪臭・異臭が漂っている場合におすすめしたいのが「特殊清掃」になります。
特殊清掃を請け負っている業者では、専門的な道具を使いながら臭いを消すでしょう。そのため、どれだけ強烈な臭いでも対処できるのです。
目に染みる、部屋に入ることができないほどの悪臭・異臭が漂っている場合は特殊清掃を依頼してくださいね。
故人のためにもきちんとキレイにしておかなければなりません。
そのまま放置すると近所迷惑にもなってしまうので要注意ですよ。

1‐3.血液痕や体液がついている場合

特殊清掃が必要となるケースは、特殊な掃除方法でないと取りのぞくことができない汚れです。
たとえば、「血液後」や「体液」があります。
血液後や体液は普通の掃除でなかなか落とすことができません。
どうすればキレイになるのか苦労している人も多いでしょう。
できるだけ現場をキレイにしたくても元通りになるまで時間がかかってしまいます。
そこで、ぜひ業者の特殊清掃を依頼してください。
特殊清掃は高度な技術や特殊な汚れを落とす液体・機材を利用して掃除します。
そのため、なかなか落ちない血液後や体液でもスムーズに落とすことができるのです。できるだけ早く部屋をキレイにしたい、遺品整理ができる状態にしたい場合は特殊清掃が効率的でしょう。

2.特殊清掃の主な内容

2‐1.汚染物の除去や消毒・消臭

特殊清掃が必要なケースについて説明しました。
以上のケースから特殊清掃の内容について説明します。
特殊清掃は一般人ではなかなか落としにくい汚れを落とす作業のことです。内容は依頼主の状況によってさまざまですが、主に「汚染物の除去」「部屋の消毒・消臭」になっています。
血液痕や体液、腐敗液などの汚染物をキレイに掃除してくれるでしょう。
布団・ベッドやじゅうたんは撤去して、畳やフローリングなどはクリーニングします。特殊な機械や掃除器具を使うので徹底的に汚れが取りのぞけるのです。
そして、汚染物から臭いがついてしまっています。
そのため、専用の装置を使いながら臭いのもととなっている物質を部屋から取りのぞいていくのです。
部屋の広さや汚染の状況によって異なりますが、およそ3~5時間で終わるでしょう。

2‐2.害虫駆除・感染症予防

特殊清掃の内容は業者によってさまざまです。
先ほど説明した「汚染物の除去」「部屋の消毒・消臭」以外にもたくさんのサービスがあります。
「害虫駆除」や「感染症予防」も特殊清掃の1つです。
汚染物を放置していた部屋の中には害虫がうようよしているでしょう。
目に見える虫だけでなく、ダニやノミ・うじ虫など数mm程度の虫もいっぱいいます。
害虫をそのままにしておけば体にも悪影響です。
特殊清掃であれば徹底的に害虫を取りのぞいてくれるでしょう。
再び害虫が湧かないように対策もしてくれますよ。
そして、「感染症予防」も必要不可欠な内容です。
特殊清掃が必要なケースのほとんどは、部屋の中にウイルスが漂よっています。
そのため、特殊清掃で徹底的に死滅することが大切なのです。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!