見逃したら後悔するパソコンラックの処分・廃棄の方法は?

1.パソコンラックの処分について

1-1.パソコンラックとは?

パソコンラックとは、主にデスクトップパソコンを収納することを目的に作られた家具のことです。また、パソコンだけではなく、プリンターやモニター等の周辺機器を収める作りのものもあります。

1-2.パソコンラックは何ごみ?

パソコンラックは基本的に粗大ごみとなります。ただし、多くのパソコンラックは組み立て式ですので、分解して分別することで、不燃ごみや可燃ごみとして捨てることが可能です。天板などの木製部分は可燃ごみ、脚部などの鉄製部分は不燃ごみとして出しましょう。

2.パソコンラックの処分、自治体での回収

2-1.まずはどのように回収されるかを確認しよう

自治体によって分別方法は大きく違います。まずは各自治体のHPを確認して、パソコンラックがどのように回収されるかを確認してください。Aの自治体では粗大ごみだったのに、Bの自治体では不燃ごみで出せるということもあります。

2-2.回収方法

まず、粗大ごみとして回収してもらう場合は、各地域の粗大ごみセンターに連絡して回収依頼をしなければいけません。連絡方法は電話とインターネットの両方から可能です。ただし、インターネットの場合、出せる粗大ごみの数に制限があります。そのため、引っ越しなどの理由でほかにもたくさんの粗大ごみを出さなければいけない場合は、電話で依頼するのが無難です。

2-3.手数料など

不燃ごみや可燃ごみとして出す場合には無料で引き取ってもらうことが可能です。しかし、粗大ごみとして出す場合には一定の料金を支払わなければいけません。料金は処分するものの大きさや品目によって変わってきます。一般的なパソコンラックであれば300円程度でしょう。

2-4.メリット・デメリット

自治体に回収してもらうメリットは処分費用が安いことです。不燃ごみや可燃ごみとして処分するのであれば無料で抑えられますし、粗大ごみとして処分するにしても300円程度という格安で利用ができます。これは、税金によって運営されているため、民間業者に比べて利益を追求する必要がないからです。

デメリットは使い勝手やサービス内容の悪さでしょう。利益を追求していないので、ユーザビリティの面に難があるのです。対応の速さや柔軟性に欠けます。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!