部屋の片付けや掃除が苦手な人必見! 掃除のやる気が出る方法を紹介

掃除はやる気が重要です。やる気が出ないと、だらだら時間ばかりがかかってしまいます。掃除は、面倒・疲れる・大変などのマイナスイメージが多いものです。やる気を出すためのポイントや環境作りについて覚えておき、普段の掃除に取り入れてみてください。見違えるように掃除を進めることができるようになるでしょう。本記事では、やる気が出る部屋の掃除方法をご紹介します。

  1. 掃除が面倒に感じる理由
  2. 掃除でやる気を出す方法とは?
  3. やる気が出る掃除方法
  4. 部屋の掃除でよくある質問

この記事を読むことで、やる気を出して掃除をする方法がよく分かります。やる気が出るポイントは人それぞれ異なるため、ご紹介する実例の中から自分に合う方法を見つけ、掃除に役立ててください。

1.掃除が面倒に感じる理由

掃除は苦手という方は、ついまとめてやろうと後回しにしてしまいます。なぜ掃除が面倒に感じるのか、理由を考えていきましょう。

1-1.掃除が面倒・大変と感じる理由

もともと掃除が苦手な人は、掃除を始めることに高いハードルを感じています。思い立って行動に移すまでに時間がかかり、結局手付かずのまま諦めてしまうのです。また、掃除を頑張りすぎてしまうことも、長続きしない理由でしょう。徹底的にやるのはいいことでも、気疲れしてしまうほど気合いを入れるのは考えものです。もっと楽しみながら掃除をしましょう。

1-2.掃除の悩み事

ものが多い部屋だと、整理整頓やものの処分などに時間がかかります。こまめに掃除や片付けを実行していれば、部屋の掃除にさほど苦労することがありません。掃除や片付けに高いハードルを感じている方は、やらなければと思うほど義務感や疲労感を抱くものです。掃除は部屋をきれいで住みやすい場所にすることと捉(とら)え、楽しく取り組むようにしましょう。

1-3.掃除が大変な箇所とは?

汚れの付着が多い場所が、最も時間と労力を費やします。たとえば、キッチン・トイレ・浴室などの水回りです。毎日家族が使う場所なので、日々の汚れに加え、カビ・黒ずみ・水垢(みずあか)などが付きやすく、落としにくいという悩みが出てくるでしょう。キッチンは油汚れの定着が起こりやすい場所です。換気扇やコンロ周辺などは特に頑固な汚れが残りやすいため、入念な掃除が必要になります。

1-4.掃除が好きな人と苦手な人の違い

掃除が好きな人は、几帳面(きちょうめん)できれい好き、ものへの依存心がない傾向にあります。そのため、ものが増えた分だけ処分するという習慣が身に付いているので、ものがきちんと整理整頓され、掃除で苦労することがありません。掃除が好きな人は普段から掃除をきちんとしているので、少しでも散らかり、ものが出しっぱなしになっているだけで気になるものです。普段の掃除をこまめにしていれば、大がかりな掃除は必要ないでしょう。一方、掃除が苦手な人はものを処分するという考えがない傾向にあり、たくさんのものに囲まれて安心感を抱きます。また、何をどう整理すればいいか分からず、掃除は大変なものという苦手意識が自然に芽生えてしまうのです。ものへの執着心をなくし、自分で管理できる範囲に絞ることが重要なポイントになります。

2.掃除でやる気を出す方法とは

掃除でやる気を出すためのポイントや、掃除に対するモチベーションを高める環境作りについてご紹介します。

2-1.まずは環境作り

まず掃除をする前に、床に出しっぱなしのものや掃除の妨げになるものは片付けてください。そうすれば掃除機かけをスムーズに行うことができ、掃除の時間を短縮できます。ものが多い部屋の場合は、不用品の処分などを優先し、自己管理がしやすい環境を作るようにしましょう。また、掃除をするときはテレビは消してください。テレビの映像に目を奪われ、掃除をする手が止まってしまうからです。代わりに、好きな音楽をかけてみてください。テンポのいいリズミカルな曲なら、自然と体が動き、音に合わせて軽快に掃除を進めることができます。

2-2.やる気になるポイント

2-2-1.自分へのご褒美

掃除ができたら、自分へのご褒美を用意するのも1つの方法です。たとえば、掃除後に好きな食べ物を食べるといった何気ないことでもいいでしょう。掃除後に楽しいことが待っていると目標を掲げたら、自然とやる気になるものです。

2-2-2.散らかったものをまとめる

ものが散乱した状態では、誰でも片付けが億劫(おっくう)になってしまうものです。せめて目に見える範囲のものだけでも片付けをし、すっきりした環境にするようにしましょう。普段片付けをしない人だと、散らかったものをまとめるだけでも重労働です。ヘッド・ソファー・床など、目立つ場所に置き去りのものは、きちんと収納に戻すようにしてください。また、使用後は元に戻すという動作を日々の生活に取り入れ、ものを放置する癖は改めましょう。

2-2-3.グッズを活用する

掃除グッズにもいろいろな種類があります。おしゃれなデザインのものはインテリアとしても楽しむことができますが、中には使い勝手が悪いものもあるでしょう。掃除グッズは機能を重視することが、効率よく掃除を進めるポイントです。いろいろな掃除グッズを試し、自分に合ったものを見つけてください。

2-2-4.リストの作成

掃除する箇所をピックアップし、まずリストを作成しましょう。掃除が終わるごとにチェックをしていくことで、達成感を抱くことができます。掃除ができたという自信にもつながるでしょう。リストを作成するときは、部屋別に項目を用意する方法がおすすめです。ただし、欲張ってたくさんの項目を作らないようにしましょう。できる範囲の目標を立てることが大切です。

3.やる気が出る掃除方法

やる気が出る掃除方法を場所別に見ていきましょう。掃除をするタイミングも覚えておいてください。

3-1.浴室

浴室は、使用後すぐに掃除をするのが理想です。汚れが柔らかいうちに、浴室用洗剤とスポンジでこすり洗いをしてください。浴室は、壁・床・浴槽・鏡などを丁寧に洗うようにしましょう。すすぎもしっかり行い、洗剤が残らないようにすることがポイントです。

3-2.玄関

玄関は人が出入りする場所なので、ホコリや砂などが蓄積します。普段から目立つホコリや砂はホウキで掃いておきましょう。ホウキを使うのが面倒な場合は、スティッククリーナーやハンディータイプの掃除機を使うと、簡単に掃除をすることができます。

3-3.リビング

リビングは家族が集う場所なので、さまざまな種類のものが散乱します。1日の終わりに5〜10分程度片付ける時間を持ち、散らかった状態をリセットする方法がおすすめです。もしくは、テレビを見ながらなど、何かのついでに掃除をするのもいいでしょう。掃除機を出さなくてもながら掃除ができるように、粘着カーペットクリーナーやハンディーワイパーを用意しておくと便利です。

3-4.キッチン

キッチンは調理するたび、油汚れや食品汚れが付着します。キッチンの汚れは時間が経過すると頑固にこびり付くため、使用したらすぐ掃除をするのが理想です。落としにくい汚れは無理にこすらず、キッチン掃除用洗剤を吹き付けて、キッチンペーパーで覆った上からラップをし、30分ほど放置すると柔らかくなり、きれいにすることができます。

3-5.トイレ

トイレは、排泄(はいせつ)物・カビ・水垢(みずあか)が付着する場所です。汚れを放置してしまうと取れにくくなるため、使ったら掃除をする習慣を持ちましょう。使うたびに掃除をしておけば、次の人も気持ちよく使うことができます。頑固な汚れは、重曹とクエン酸を使った掃除方法がおすすめです。発泡作用で汚れを浮かしてから、軽いこすり洗いで汚れを落としましょう。

3-6.掃除の時間はどのくらい?

掃除にかける時間は、15〜30分を目安にしてください。部屋全体は、5分程度の短時間では十分な掃除ができません。とはいえ、掃除に時間をかけすぎると、毎回掃除をするのが面倒になってしまいます。集中力が続く時間を目安に、毎日掃除をすることを心がけ、普段からきれいな状態を維持しましょう。

3-7.自分に合う掃除方法を見つけることが大事

まずは、掃除がしやすい環境作りや楽しく掃除ができる方法を見つけることが大切です。自分なりにやる気が出る方法を探し、こまめな掃除が身に付くようにしましょう。

4.部屋の掃除でよくある質問

部屋の掃除に関する疑問を集めました。やる気を出したいときの参考にしてください。

Q.子どものおもちゃが片付かない場合はどうすべきか?
A.子どもが自分で片付けやすい環境を作ってあげましょう。出し入れしやすい収納も大切ですが、片付けができたときにきちんと褒めてあげることも重要です。子どもの掃除や片付けに対するやる気が向上するよう、しっかりサポートしてあげましょう。

Q.自然と掃除をするようになる方法はないのか?
A.人を家に招く機会が定期的にある場合、人は自然と片付けや掃除を実践するようになります。散らかった状況では、家に招きたいと思わないからです。また、来客から部屋が整っていると褒められることで、自分のモチベーションアップにもつながるでしょう。

Q.掃除にすぐ飽きてしまう場合の対処法は?
A.人は同じことばかりしていると飽きてしまいます。片付けや掃除をする部屋を変え、気分をリフレッシュしてみましょう。掃除道具ややり方を変えるなどの方法もおすすめです。

Q.やる気が持続しない場合は掃除をやめてもいいのか?
A.人によって掃除にかけることができる時間や、集中力の持続具合も異なります。掃除は継続することが重要です。自分ができる範囲で日々取り組むようにしてください。やる気が持続しないと感じたら、日を改めて実行しましょう。

Q.エアコンや天井も掃除したほうがいいのか?
A.高い場所はホコリが蓄積しやすいので、こまめに掃除をしましょう。特に、エアコンのフィルターは目詰まりを起こすと、電力が無駄に消費されてしまいます。節電にもつながるため、きちんとお手入れをしてください。

まとめ

いかがでしたか? 部屋の掃除は面倒・大変という苦手意識を持っている方が多いものです。掃除へのやる気を出すポイントは、自分へのご褒美を与える・散らかったものをまとめる・掃除グッズを活用するなどの方法があります。また、長い時間掃除をしようと思っても、なかなか気力が続かないでしょう。アップテンポの曲などを聴きながら、15〜30分程度の時間で終えるようにしてください。また、ものが多いと掃除の妨げになるため、不用品の処分も併せて実践しましょう。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!