誰もが気になるタンスの臭い。重曹や新聞紙を使った臭いの取り方

3.服に移ってしまった臭いの取り方

冬に使ったコートやニットは、長期間タンスで保管することが多いですよね。仕舞(しま)い込んでいた間に、コートやニットに臭いが移ってしまったという悩みをよく耳にします。
服に移ってしまった臭いはどのようにすれば解消するのでしょうか?

3-1.換気

タンスの臭いが移ってしまった服、防虫剤の臭いが染み込んだ服。どちらも気になる臭いですよね。臭い移りしてしまった服は、1日陰干して換気するようにしましょう。
なるべく風とおしのいい場所を選ぶようにしてください。直射日光で長時間干すと、色褪(あ)せの原因になります。陰干しがおすすめです。
消臭スプレーを吹き付けておくと、より臭いを解消しやすくなります。

3-2.アイロン

アイロンの蒸気を使った消臭方法がおすすめです。スチーム機能を使い、水分が蒸発すると同時に臭い物質を飛ばしてしまう方法。自宅にアイロンがある方は、手軽に素早く臭いを解消できるので、ぜひ試してみてください。
服のタグを確認し、アイロンの熱に耐えられる素材かどうかを確認してから行いましょう。

3-3.洗濯

タンスに仕舞(しま)っておいた服を着ようと思ったときに、突然臭いに気づくケースも多くあります。自宅で洗濯ができる服は着用前に洗濯してみましょう。
多くの服は洗濯することで、臭いが緩和されることがあります。洗濯後にスチームアイロンで仕上げれば、臭いはほとんど気にならなくなるはずです。

4.まとめ

誰もが気になるタンスの臭いについてご紹介しました。

  • タンスの臭いの原因
  • タンスの臭いの取り方
  • 服に移ってしまった臭いの取り方

タンスに長期間保管していた服に臭いが移ってしまうと困りますよね。ニットやコートなど衣替えで久しぶりに取り出した服には、特に臭いが発生することが多いもの。タンスの臭い対策には、重曹をガーゼなどに包んで入れる・逆性石鹸(せっけん)を薄めたものをスプレーして拭き取る・新聞紙を敷く方法がおすすめです。
タンスの臭いが移ってしまった服は、1日陰干しするか、スチームアイロンで解消することができます。タンスの臭いに悩んでいる方は、ぜひ試してみてください。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!