「 不用品の処分方法 」一覧

粗大ごみの回収日は各自治体で異なりますが、毎日行っていません。週に1回または月に2回と自治体によって決まっています。粗大ごみはリサイクルが推奨されており、不燃ごみや可燃ごみとは異なる方法で処分しているからです。そのため、もし、粗大ごみを出し忘れてしまうと、次の回収日まで待たなければなりません。けれども、引っ越しなど急を要するシーンでは、早急な処分が必要になるでしょう。

本記事では、粗大ごみを出し忘れたときの対処法とポイントを解説します。

  1. 粗大ごみを出し忘れてしまったときの対処法
  2. 出し忘れた粗大ごみを処分する方法
  3. 出し忘れた粗大ごみの注意点
  4. 粗大ごみに関してよくある質問

この記事を読むことで、粗大ごみを出し忘れたときでもすぐに処分できる方法が分かります。悩んでいる方はぜひチェックしてください。

続きを読む


「洗濯機が不要になったけれど、捨て方に迷っている」という人はいませんか? かつて洗濯機は粗大ゴミとして自治体が回収していましたが、今はどの自治体でもゴミとして回収してもらうことは不可能です。また、まだ使えるのに不要になった洗濯機は、売却や下取りが可能なこともあります。今回は、洗濯機の処分方法を紹介しましょう。

  1. 洗濯機を粗大ゴミに出せない理由と処分方法
  2. できるだけお金をかけずに洗濯機を処分する方法
  3. 洗濯機の処分に関するよくある質問

この記事を読めば、洗濯機の処分に悩むことはありません。悩んでいる人は、ぜひ読んでみてください。

続きを読む


食洗機は重くて大きい家電なので、捨てる方法にも悩んでしまいがちです。食洗機を買い替えたい方や、引っ越しで不要になった場合、処分にお困りの方も多いでしょう。また、まだ使えるきれいな食洗機を、捨てずに売りたいという方もいらっしゃるはずです。そこで今回は、食洗機の処分方法や買取に出す際のポイント・注意点などをご説明します。

  1. 食洗機を自治体のゴミ回収で処分するには?
  2. 食洗機を買取に出すポイント
  3. リサイクルショップに食洗機を買取に出す方法
  4. 食洗機をネットで売却する方法
  5. 食洗機の処分でよくある質問

食洗機を処分したい方、買取方法についてポイントをチェックしたいという方にはぴったりの内容となっています。ぜひ最後まで読んでみてください。
続きを読む


「冷蔵庫は、自治体で粗大ゴミとして処分してくれる」と思っている人はいませんか? 冷蔵庫は家電リサイクル法対象家電なので、どの自治体でも回収は不可能です。「いざ処分しようと思ったら、自治体では回収できないと聞いて困っている」という方もいるでしょう。そこで今回は、冷蔵庫の正しい処分方法を解説します。

  1. 冷蔵庫は粗大ゴミとして処分できない
  2. 冷蔵庫をできるだけ安く処分する方法
  3. 不用品回収業者に冷蔵庫を回収してもらう方法
  4. 冷蔵庫の処分や家電リサイクル法に関するよくある質問

この記事を読めば、冷蔵庫をできるだけお金をかけずに処分する方法も分かるでしょう。冷蔵庫を処分したい人は、ぜひ読んでみてくださいね。
続きを読む


「電気ケトルが不要になったが、処分方法に迷っている」という人はいませんか? 電気ケトルはゴミとして処分できるほか、リサイクル品として回収してもらうこともできます。また、条件によっては売却できることもあるでしょう。今回は、電気ケトルの処分方法を紹介します。

  1. 電気ケトルの処分方法
  2. 電気ケトルの中古需要について
  3. 電気ケトルを買取してもらう方法
  4. 電気ケトルの買取に関するよくある質問

この記事を読めば、電気ケトルの処分方法に悩むことはありません。電気ケトルの買い替えや処分を考えている人は、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


「ACアダプターの処分に困っている」「ACアダプターが不要になったが、捨てるのはもったいないので売却したい」という人はいませんか? ACアダプターはスマートフォンやノートパソコン・携帯用ゲーム機などの電源や充電器などに使われています。不要になったACアダプターは処分されることが大半ですが、中古でも値段がつくものもあるのです。

今回は、ACアダプターの処分方法や売却方法を紹介します。

  1. ACアダプターの処分方法
  2. ACアダプターを買取してもらう方法
  3. ACアダプターの処分に関するよくある質問

この記事を読めば、中古でも需要があるACアダプターの特徴もよく分かるでしょう。ACアダプターの処分方法や売却方法を知りたい人は、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


自治体による粗大ゴミ回収では、盗難や破損などリスクを避けるために搬出業務は請け負っていません。そのため、自力で屋外の指定場所まで持ち出す必要があります。しかし、ピアノ・テーブル・本棚など、中には重くて一人で運べない粗大ゴミもあるでしょう。

そこで、どんな粗大ゴミにも対応できる処分方法をご紹介します。

  1. 粗大ゴミの基礎知識
  2. 一人で運べない粗大ゴミはどうすればいいの?
  3. 不用品回収業者の選び方とは?
  4. 粗大ゴミ処分に関するQ&A

この記事を読むことで粗大ゴミの基本を知ることができます。粗大ゴミに関する悩みをしっかりと解消させましょう!
続きを読む


「物が捨てられずに困っている」「どんどん増える物を何とかしたい!」など、物が捨てられずに悩んでいる方は、部屋が不用品でいっぱいになっているでしょう。足の踏み場もない状態では転んでケガをしたり精神的に不安定になったりと、さまざまな悪影響を受けることになります。必要な物だけで生活するために、物を捨てる基準とポイントを把握しておきましょう。

本記事では、物を捨てる考え方と基準・ポイントについて解説します。

  1. 物を捨てられない理由は?
  2. 物を捨てる基準を作ろう!
  3. 物を捨てるポイント
  4. 捨てる物を処分・売る方法
  5. 物を捨てることに関してよくある質問

この記事を読むことで、要らない物を捨てる方法とポイントが分かります。悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

続きを読む


「引っ越しの際に不用品の廃棄がうまくいかず悩んでいる」という人は多いことでしょう。引っ越しをすると、意外なものが不要になることもあります。また、「不用品をゴミとして処分したいけれど捨て方が分からずに困った」というケースもあるでしょう。かといって、引っ越し先に持っていっていくのも大変なうえ、場所も取ります。

今回は、引っ越しの際に出る不用品の効率的な処分・廃棄方法を紹介しましょう。

  1. 引っ越しの際、不用品の廃棄に困る理由
  2. 自治体に不用品の回収を依頼する方法
  3. 家電リサイクル法対象家電・小型家電の処分方法
  4. 引っ越し業者に不用品の廃棄を依頼する方法
  5. 買取サービスなどで不用品を処分する方法
  6. 不用品回収業者を利用する方法
  7. ​引っ越し時の不用品廃棄に関するよくある質問

この記事を読めば、引っ越し間際になって「不用品が処分できない」と悩むことはありません。引っ越しの予定がある人は、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


ダウンサイジングとは、小型化するという意味です。今、老後を豊かに生活するために住まいや家計をダウンサイジングしよう、という人が増えています。核家族化が進んでいる今は、老後は夫婦2人暮らしというケースも珍しくありません。家族で住んでいたころの家や家計をダウンサイジングすれば、お金をかけなくても充実した暮らしができるようになります。その一方で、「ダウンサイジングをしたいが、どうすればいいか分からない」と悩んでいる人もいるでしょう。
今回は、老後のダウンサイジングを上手に行う方法や、実践する際の注意点を紹介します。

  1. 老後のダウンサイジングの基礎知識
  2. 老後のダウンサイジングのやり方
  3. 老後のダウンサイジングに関するよくある質問

この記事を読めば、ダウンサイジングのメリットもよく分かるはずです。老後のダウンサイジングを考えている人は、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む