仏壇の処分方法を3つ紹介~閉眼法要の必要性について~

1.仏壇を手放す方法

まずは、仏壇を手放す方法にはどのようなものがあるのかをご紹介します。

1-1.仏具店に引き取ってもらう

新しい仏壇への買い替えを検討しているなら、仏具店で古い仏壇を引き取ってもらえないか確認してみましょう。
ほとんどの仏具店では、新しい仏壇の購入と引き換えに、古い仏壇を引き取ってくれます。
仏具店の中には、供養から処分まで一括で行ってくれるところもあるでしょう。
事前に問い合わせてみることをおすすめします。
仏壇の大きさや搬送距離にもよりますが、費用の相場は20000~80000円程度です。
宗派による制限がないため、依頼しやすいのがメリットでしょう。

1-2.粗大ゴミとして処分する

不要になった仏壇は自治体が回収する粗大ゴミとして捨てることもできます。
「仏壇をゴミとして捨てるなんて…」と抵抗を感じる人も多いでしょう。
しかし、供養さえ済んでいれば、仏壇はただの「もの」に戻っています。
亡くなった人の魂は仏壇の中から抜けているため、気にする必要はないのです。
小さいサイズの仏壇であれば、解体して燃えるゴミとして捨てることもできるでしょう。
粗大ゴミとして捨てる場合は、事前に粗大ゴミシールを購入して、自治体が指定する回収場所まで持って行く必要があります。
大きなサイズの仏壇だと、運ぶ作業が大変になるということを覚えておきましょう。
費用は500~2000円程度が相場ですが、あらかじめ問い合わせて確認しておいてください。

1-3.不用品回収業者に依頼する

「今すぐ仏壇を処分したい」という人におすすめなのが、不用品回収業者です。
不用品回収業者は、基本的にどんなものでも回収してくれます。
たいていの業者は電話1本で、希望する日時に回収に来てくれるでしょう。
大きなサイズのものでも自分で運ぶ必要はありません。
また、ほかにも不要品があればまとめて回収に出した方がお得です。
遺品整理のように不要品が大量に生じる場合は、不用品回収業者に依頼すべきでしょう。

2.仏壇をそのまま処分してもいいのか

問題は「仏壇をそのまま処分してもいいのか」ということでしょう。
仏壇には、亡くなった人の魂が入っています。
当然、そのまま処分するのは問題があるでしょう。
仏壇を処分する際に必要なのは「閉眼法要」と呼ばれる供養を行うことです。
特に「開眼法要」を行った仏壇の場合は、必ず処分の前に閉眼法要を行う必要があります。
「開眼法要」とは、仏壇の中に亡くなった人の魂を入れる法要のことです。
この法要を行った仏壇をそのまま処分してしまうと、亡くなった人の魂が行き場を失ってしまうことになるでしょう。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!