壊れたパソコンを安全に処分するには? 知っておくべき注意点も紹介

「壊れたパソコンを処分する方法が分からない」とお悩みではありませんか? 壊れて電源が入らないパソコンでも、処分する際には注意が必要です。安全にパソコンを処分するために、データの消去方法やパソコンの正しい処分方法を知っておかなければなりません。

この記事では、パソコンのデータが漏えいする危険性や自分でデータを消去する方法などを詳しくご紹介しましょう。

  1. 壊れたパソコンを処分する際の注意点は?
  2. 壊れたパソコンのデータを消去する方法
  3. 壊れたパソコンの処分方法4つ
  4. 壊れたパソコンの処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、データの消去を業者に依頼する方法や、お得にパソコンを処分するポイントなどが分かるはずです。

1.壊れたパソコンを処分する際の注意点は?

まずは、壊れたパソコンを処分する際に知っておくべき注意点をご紹介しましょう。

1-1.データを完全に消去する

パソコンの内部には、個人情報を含むさまざまなデータが入っています。メールアドレスや氏名・住所はもちろんのこと、ネットショップを利用した際のクレジットカード情報なども残っている可能性があるでしょう。データが残っている状態のままパソコンを処分すると、重要な情報が漏えいしてトラブルに巻き込まれてしまう危険があるのです。写真や動画が流出してしまう可能性もあるでしょう。たとえパソコンが壊れていて電源が入らなくても、中のデータを取り出して悪用されてしまうこともあります。そうならないように、完全にデータを消去してからパソコンを処分しなければなりません。

1-2.重要なデータはバックアップを

パソコンの電源が入り、動かすことができる状態であれば、重要なデータのバックアップもとっておきましょう。新しいパソコンにデータを移行する際に、失敗してすべて消えてしまう可能性もあります。外付けハードディスクやCD・USBメモリーなどの媒体を使って保存しておくことを忘れないでください。

2.壊れたパソコンのデータを消去する方法

壊れたパソコンのデータを消去する方法はいくつかあります。それぞれ詳しくご紹介しましょう。

2-1.自分で消去する場合

まずは、自分でデータ消去を行う場合の方法をご紹介します。

2-1-1.専用ソフトを使う

パソコンのデータを消去できる専用ソフトを使う方法です。ソフトはインターネットで無料ダウンロードできるものもあれば、Amazonなどで購入できる有料のものもあります。基本的には、別のデータを上書きする形でデータを読み込むことをできなくするしくみのものが多いでしょう。ただし、電源が入らないパソコンやソフトの読み込みができないパソコンには使用できません。もう1台のパソコンと接続してソフトを読み込む必要があるため、パソコンに慣れていない人には不向きでしょう。

2-1-2.ハードディスクを物理的に破壊する

単純で確実な方法といえるのが、ハードディスクの物理的破壊でしょう。パソコンの説明書やメーカーのホームページでハードディスクがどこに入っているのか確認し、抜き取ってください。取り出したハードディスクに電動ドリルで穴をあけるか、ハンマーでたたいて破壊しましょう。データはすべてハードディスクに入っているため、読み取り不可能と分かるまで破壊することで、安心して処分できるはずです。

2-2.業者に依頼する場合

「自分でデータを消去する自信がない」という人は、業者に依頼するのがおすすめです。データ消去を専門に行っている業者に依頼すれば、比較的安価で消去してもらえます。また、パソコンの処分を行う業者の中にも、データ消去サービスを行っているところがあるため、調べてみるとよいでしょう。パソコンの処分とデータ消去が同時にできるため、手間をかけずに済みます。

3.壊れたパソコンの処分方法4つ

壊れたパソコンを処分する方法をご紹介しましょう。

3-1.パソコンメーカーに回収してもらう

パソコンメーカーには不要になったパソコンを回収することが義務づけられています。2003年10月以降に発売された「PCリサイクルマーク」がついたパソコンであれば、無料で回収してもらえるのです。PCリサイクルマークのないパソコンの場合はリサイクル料金を支払って回収してもらう必要があることを覚えておきましょう。データ消去も行ってくれますが、証明書の発行はしていません。

3-2.小型家電として処分する

小型家電リサイクルの取り組みを行っている自治体の中には、パソコンを小型家電として回収しているところもあります。公共施設や大型スーパーなどに回収ボックスを設置して無料回収しているため、確認してみるとよいでしょう。

3-3.パソコンを購入した販売店に依頼する

パソコンを購入した販売店に依頼すれば、回収してもらえる場合もあります。新しいパソコンの購入を条件に下取りしてもらえることもあるため、確認してみるとよいでしょう。ただし、データ消去を行っているかどうかは、販売店によって異なります。

3-4.不用品回収業者を利用する

パソコンのほかにも処分したい不用品が多数ある場合は、不用品回収業者を利用する方法がおすすめです。自宅まで回収に来てもらえるため、手間なく一気に不用品を処分できます。また、回収と同時に買取を行っている業者もあり、状態のよいものは買取してもらうことも可能です。ただし、業者によってサービス内容は大きく異なるため、データ消去サービスを行っているか、事前にしっかり確認しておきましょう。

4.壊れたパソコンの処分に関するよくある質問

「壊れたパソコンを処分したい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.パソコンのデータを消去せずに処分した場合、どのようなトラブルに巻き込まれる可能性がありますか?
A.写真や動画をインターネット上に公開される・クレジットカードを不正利用される・個人情報を使って出会い系サイトに登録されるなどのトラブルが考えられるでしょう。

Q.パソコンは粗大ゴミとして捨てられないのですか?
A.はい。2003年に施行された「資源有効利用促進法」により、自治体がパソコンを回収することはできなくなりました。

Q.メーカーが倒産してしまっているパソコンはどう処分すればよいでしょうか?
A.パソコン3R推進協会に依頼すると回収してもらえます。

Q.パソコンの処分を依頼する不用品回収業者は、どのように選べばよいですか?
A.豊富な実績があり、一般廃棄物収集運搬業の許可を得ているか確認しましょう。業者の所在地を明らかにしているか・無料見積もりを受け付けているかなどもチェックする必要があります。

Q.パソコンの回収をメーカーに依頼した場合、申し込みから回収までどのくらいかかるのでしょうか?
A.1~2週間かかる場合もあるため、急いで処分したいときは別の方法を検討することをおすすめします。

まとめ

壊れたパソコンの処分方法やデータ消去方法などを詳しくご紹介しました。壊れたパソコンでも、中のデータを取り出して悪用されてしまう可能性は十分にあります。処分する際は、確実に消去できる方法を考えなければなりません。ぜひこの記事を参考に、安全な方法でパソコンを処分してください。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!