自転車の音がうるさい!そんなときの対処法とは?放っておくと危険?

1.自転車の音がうるさい原因

自転車に乗っているときにうるさい音がすると周囲の目も気になってしまいますよね。
何となく、自転車に乗るのが嫌になってしまうこともあるでしょう。
まずは、自転車から異音がする原因についてまとめてみました。

1-1.チェーンの劣化や油不足

自転車から異音がする場合、その原因はほとんどがチェーンにあります。
もちろん、長く乗り続けているとチェーンは劣化するでしょう。
錆(さ)びたり汚れが付着したりして滑らかな走行を妨害することになります。
そういった劣化や汚れは、簡単に避けることができないものです。
しかし、異音の原因がチェーンのたるみや油不足にある場合も。
チェーンのたるみを放置していると危険です。
立ちこぎなどで強く踏み込んだときに、突然チェーンがちぎれて大ケガする可能性もあるでしょう。
走行中にチェーンが外れると事故を起こしてしまうことも考えられます。
異変を感じたらすぐにメンテナンスしましょう。

1-2.ブレーキの摩擦

自転車の異音は、ブレーキが原因の場合もあるでしょう。
車輪にあたるゴムの部分を「ブレーキシュー」、タイヤ内側にあるリング状の部分を「リム」と呼びます。
この摩擦面がタイヤと共鳴し、振動しているのです。
自転車のブレーキは前輪と後輪に付いており、原因があるのはどちらなのか調べておく必要があるでしょう。

2.自転車から異音がするときの対処法

では、自転車の音がうるさいときにはどのような対処法があるのでしょうか。
ちょっとした手間で直すことができる可能性もありますよ。

2-1.チェーンの汚れを取り除く

汚れがある場合、チェーンの掃除をして取り除いてあげましょう。
自転車チェーン用のお掃除クロスや洗浄マシーンなど、手軽に使用できるグッズもたくさんあります。
特に、チェーン洗浄マシーンを使うと汚れがよく落ちるためおすすめです。
掃除をする際はケガや汚れを防止するために、軍手をはめてから行いましょう。

2-2.チェーンのたるみを調整する

たるみの調整には、自転車に合ったサイズの工具が必要です。
一般的なブレーキの場合は、以下の方法でチェーンの調整が可能でしょう。

  • 後輪の「車輪止めナット」と「ブレーキネジ」をゆるめる
  • 「チェーン調節ナット」を締め、ゆるんだチェーンの張り具合を調整する
  • ゆるめた「車輪止めナット」と「ブレーキネジ」を締め直して終了

強く締めすぎると切れやすくなり、ゆるすぎると外れやすくなるため、初心者が行う場合は注意が必要です。
また、チェーンが伸びて外れてしまう場合は、チェーンごと交換が必要になるでしょう。

2-3.ブレーキカスを取り除く

自転車は、ブレーキシューとリムが摩擦することでブレーキがかかります。
つまり、ブレーキをかけるたびに、少しずつカスが出ているのです。
このカスが異音の原因になっている可能性を考え、チェックしてみましょう。
もしそうなら、目に見えるほどのカスが付着しているはずです。
カスを取り除くには、台所洗剤や研磨剤などで磨く方法がおすすめ。
ただし、成分に油分を含んだものを使うとブレーキの利きが悪くなってしまう恐れがあります。
使用前は必ずチェックしましょう。

2-4.ブレーキシューを削る

上記の方法で音が改善しない場合は、ブレーキシューを取り外して点検してみましょう。
ゴムの表面にゴミが付着していないか、何かが食い込んでいないかを確認し、取り除いてください。
また、表面がツルツルとしているようなら、シュー焼けを起こしている証拠です。
サンドペーパーややすりで削り、ザラザラの状態に戻しておきましょう。
そして、今度はブレーキシューを取り付ける角度を変えてみてください。
進行方向に対して、前側は広く、後ろ側は狭くなるように調整します。
ただし、極端な力を加えてしまうとブレーキの利きが悪くなり逆効果でしょう。

2-5.ブレーキユニットを交換する

最終手段として、ブレーキユニットの交換をしましょう。
ブレーキシューは自転車店に売っています。
ホームセンターでも、自転車を扱っている店舗なら取りそろえているでしょう。
ブレーキユニットは素人でも十分に交換可能なパーツです。
交換費用を抑えたいなら、ぜひ自分でチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!