エアコンの選び方で押さえておきたいポイントは? 処分方法も解説

エアコンは、次々と新しいモデルや機能が登場しているので、どれを選べばいいのか悩んでしまいがちです。よく検討せずに購入してしまうと、結局使わない機能ばかりというケースになってしまいます。快適な生活を送るためにも、目的に合ったエアコンを選ぶことが大切です。

本記事では、エアコンの選び方を解説します。

  1. エアコンのトレンド・最新機能をチェック!
  2. エアコンの選び方3つのポイント
  3. 人気のおすすめエアコン10選
  4. 古いエアコンを処分する方法
  5. エアコンの選び方に関してよくある質問

この記事を読むことで、エアコンの選び方で押さえておきたいポイントがわかります。気になっている方はぜひチェックしてください。

1.エアコンのトレンド・最新機能をチェック!

最初に、エアコンのトレンドや最新機能をチェックしておきましょう。

1-1.電気代が最小限に抑えることができる「省エネ性能」

最近のエアコンは省エネ性能が向上しています。10年前のエアコンと比べると、期間電気代が約5万円も安くなったほどです。センサーや気流制御技術の向上によって省エネ性能も上がり、電気代を最小限に抑えることができるようになりました。現在は、エアコンの省エネ性能は性能が高い順に5つ星から1つ星の5段階で表示されているので、新しいエアコンを選ぶ1つの目安にしてみてはいかがでしょうか。

1-2.お手入れが楽になった「フィルター自動洗浄機能」

最近のエアコンには、自動的にフィルターを掃除してくれるフィルター自動洗浄機能搭載の機種が増えてきました。エアコンのフィルターは定期的な掃除が必要になりますが、エアコンのフタを開けて掃除するのは何かと手間がかかります。けれども、自動洗浄機能が搭載されていれば手入れが楽になり、清潔な状態に保ち続けることができるのです。楽に掃除したい方にはおすすめの機能となっています。

1-3.室内が快適になる「気流制御機能」

リビングの奥まで風が届くロング気流や、人の気配を察知してピンポイントで風を送る機能など、室内が快適になる気流制御機能もトレンドの1つです。部屋全体に気流を循環させることで不快な温度ムラをなくすことができるでしょう。また、人感センサーを活用して暑い人は涼しく、寒い人を温かくできるため、人に合わせて温度差を作ることもできる画期的な機能です。

2.エアコンの選び方3つのポイント

たくさんの種類があるエアコンの選び方は、主に3つのポイントがあります。それぞれについて詳しく解説していきましょう。

2-1.設置する部屋に合わせた畳数で選ぶ

エアコン選びで最も注目してほしいポイントは、設置する部屋に合った畳数を選ぶことです。設置する部屋に合わせた畳数でなければエアコンが効かなかったり、効きすぎたりしてしまいます。余計に電気代が高くなってしまうので注意しなければなりません。部屋の広さに適したエアコンの畳数は以下を目安にしてください。

  • 6畳用(2.2kw):木造6畳/鉄筋7~9畳
  • 8畳用(2.5kw):木造7畳/鉄筋7~10畳
  • 10畳用(2.8kw):木造8畳/鉄筋10~12畳
  • 12畳用(3.6kw):木造9~10畳/鉄筋12~15畳
  • 14畳用(4.0kw):木造11畳/鉄筋14~17畳

2-2.エアコンの省エネ性能で選ぶ

温暖化によって暑い夏が続くなど、エアコンを1年中使っている方も多いのではないでしょうか。頻繁にエアコンを使う機会が増えたからこそ、電気代を最小限に抑えたいですよね。だからこそ、省エネ性能に注目してください。前述したように、省エネ性能は星5の段階で評価されています。星の数が多くなるほど省エネ性能が高くなるので参考にしてください。

2-3.性能と機能で選ぶ

エアコンの選び方としては、性能と機能を考慮するのも大切なポイントです。たとえば、子どもやペットと一緒に暮らしている方は空気洗浄機能、冷えが気になる方や雨が多い地域に住んでいる方は快適除湿機能がついているタイプがいいでしょう。気軽にお手入れをしたい方はフィルター自動清掃機能がついているエアコンなど、目的に合った性能と機能を選んでください。

3.人気のおすすめエアコン10選

ここでは、人気のおすすめエアコンを10選ピックアップしたのでご紹介します。

3-1.三菱電機「霧ヶ峰 FZシリーズ」

実用性重視のエアコンでAI機能が搭載されています。赤外線センサーの「ムーブアイ mirA.I.(ミライ)」はセンサーを4つ搭載しており、センシング範囲は業界唯一の360℃です。そのため、人の温冷感はもちろんのこと、住宅機能・外気温・日射熱など小さな熱源も感知できます。さらに、「A.I.自動ボタン」を押すだけで外気温の変化や人の体感温度が先読みできるため、冷房・除湿・爽風を自動で切り替えることができるのです。
参考価格:約250,000円~

3-2.日立「白くまくん Xシリーズ」

画像・温度・湿度・もの・部屋といった5つのセンサーを搭載しており、さまざまな情報を組み合わせて高精度な空調制御が実現できるエアコンです。掃除機能の「凍結洗浄ファンロボ」はほかのメーカーよりも最強だと言われており、熱交換器からファンまで自動洗浄してくれる点が大きな特徴と言えるでしょう。
参考価格:約210,000円~

3-3.富士通ゼネラル「ノクリア Xシリーズ」

「デュアルブラスター」と呼ばれる機能が搭載されており、温度と速さの異なる2種類の気流を生み出しては快適な空間を作り出すことができます。室温・リモコン・床温の3つの温度センサーも搭載しているので、部屋の温度を立体的に計測し省エネで運転してくれるのです。フィルターと熱交換器の自動洗浄などメンテナンス性も優れています。
参考価格:約210,000円~

3-4.パナソニック「エオリア Xシリーズ」

送風ファンに防汚・防カビコーディングが施されているので、カビ対策ができるエアコンです。ジメジメしがちな梅雨でも安心して使うことができるでしょう。運転終了時には内部を40℃以上に加熱し乾燥させ、ナノサイズの微粒子イオンでカビの成長を抑制することができます。さらに、AIが搭載されているため、気象データやウェザーニュースから自動で解析してくれるのです。
参考価格:約210,000円~

3-5.東芝ライフスタイル「大清快 F-DRシリーズ」

空気清浄機能が優れているエアコンで、フィルター自動お掃除でたまったホコリは掃除機で簡単に吸い取ることができます。高い場所にあるフィルターは掃除が大変ですが、簡単に清潔な状態にできるのが大きな特徴です。
参考価格:約160,000円~

3-6.ダイキン工業「うるさら7 Rシリーズ」

センサー数が人・床の2個、範囲は160度となっているのでセンシング性能はほかのモデルよりも劣りますが、無給水で加湿できる「うるる加湿」などの独自機能が充実しています。無線LANが内蔵されているため、スマートスピーカーにも対応可能です。
参考価格:約300,000円~

3-7.東芝ライフスタイル「大清快 F-DXシリーズ」

先ほど紹介したF-DRシリーズよりも冷房能力・暖房能力・省エネ性能などの値は低くなりますが、プラズマ空清・脱臭機能を備えているのが大きな特徴です。また、風あたりがやわらかな無風感冷房が使用でき、快適性は抜群と言えるでしょう。子どもや年配の方がいる家庭におすすめの1台です。
参考価格:約170,000円~

3-8.ダイキン工業「リソラ AN40WSP-F」

一般的なエアコンの奥行きは350~380mmとなっていますが、リソラシリーズは約半分の185mmという薄さを実現しているエアコンです。カラーバリエーションもホワイト・ウォルナットブラウン・ツイルゴールドなど豊富にそろっているのでインテリアとの調和が測りやすいモデルとなっています。
参考価格:約220,000円~

3-9.シャープ「J-Sシリーズ」

できるだけ費用を抑えたい・最小限の機能があれば十分と思っている方は、シャープの「J-Sシリーズ」がおすすめです。専用アプリと連携して外出先からでも操作できるようになっており、シャープならではのプラズマクラスター7000も搭載されています。部屋の嫌なニオイや静電気を抑制する効果が期待できるでしょう。
参考価格:約55,000円~

3-10.三菱「霧ヶ峰 GEシリーズ」

14畳以上のエアコンでおすすめしたいモデルです。床温度センサーのフロアアイが搭載されているため、赤外線で温度を測り冷房時には冷たい床を見つけて足元を冷やしすぎないように自動運転してくれます。スマートフォンやスマートスピーカーでの操作も可能です。
参考価格:110.000円~

4.古いエアコンを処分する方法

古いエアコンを処分する方法について解説します。

4-1.家電リサイクル法に基づいて処分する

エアコンは家電リサイクル法の対象品目になるため、自治体回収での処分ができません。家電リサイクル法は、家電に含まれている貴重な資源を再活用するための法律です。エアコンにも貴重な資源が含まれているため、誤って自治体回収で処分しないようにしてください。基本的に、製造メーカーへ回収を依頼することになります。回収時にはリサイクル費用がかかるので、メーカーやモデルごとにチェックしておきましょう。あくまで目安ですが、クーラー1台につき約1,000円かかります。

4-2.不用品回収業者に依頼する

エアコン以外にも処分したい不用品があれば、まとめて処分できる不用品回収業者がおすすめです。特に、買取サービスを実施している回収業者なら、買い取ってもらえるかもしれません。たとえば、不用品の回収と買取を行っているダスト.net 東京では、365日年中無休で対応しています。即日対応も可能なので急を要する場合にも安心して依頼できるでしょう。無料相談や無料見積もりも行っているため、悩んでいる方はぜひ1度ご相談ください。

4-3.ネットオークションに出品する

エアコンをネットオークションに出品するのも、古いエアコンを処分する方法の1つです。買取店やリサイクルショップで売れず、回収業者でも買い取ってもらえない場合の最終手段として考えるといいでしょう。ネットオークションにエアコンを出品している方はいますが、個人で出品しているケースが少ないからです。また、買い手がついたとしても自分でこん包して送らなければなりません。送料や手間を考えるとネットオークションに出品するよりも回収業者に依頼したほうがスピーディーです。

5.エアコンの選び方に関してよくある質問

エアコンの選び方に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.買い替えで処分する方法は?
A.新しいエアコンを購入する場合は、販売店や家電量販店に古いエアコンを回収してもらえる可能性があります。購入と同時に回収してもらえるので一石二鳥です。また、店舗の中には、引き取りではなく下取りを行っているところもあります。ただし、下取りは発売年月から3年以内のモデルなど条件が決まっているので要注意です。

Q.APFとは?
A.1年間に必要な冷暖房能力を消費電力量で割って算出した通年エネルギー消費効率のことです。いわゆる、エアコンの燃費を示しています。APFの数値が大きければ大きいほど効率がいい省エネタイプです。そのため、APF数値を参考にしてエアコンを選ぶのもいいでしょう。

Q.メーカーごとの特徴は?
A.パナソニックはナノイーXという独自の機能が特徴で、カビの成長を抑制し手入れの手間が削減できます。ダイキンはさまざまな機能が充実しており加湿もできる高性能タイプがそろっているのが特徴です。そのほか、三菱電機は快適さにとことんこだわっている高性能エアコン、日立は3Dカメラによる感知センサーが特徴となっています。

Q.部屋ごとに最適なエアコンは変わるのか?
A.変わるのでどんな部屋にエアコンを設置するのかハッキリさせておかなければなりません。たとえば、南向きなど日当たりがいい部屋は室内の温度が上がりやすくなっています。よって、実際の面積よりも2畳広い部屋向けのエアコンを選ぶのがポイントです。また、キッチンがある部屋はガスコンロの熱や換気扇で涼しくなりにくいため、実際の面積よりも4畳広い部屋向けのエアコンを選ぶといいでしょう。

Q.回収業者選びのポイントは?
A.回収実績があるか・回収だけでなく買取サービスを行っているか・無料見積もりや無料相談を受けつけているか・スタッフの対応がいいかなどをチェックしてください。複数の業者を比較することで、優良回収業者が選びやすくなるでしょう。

まとめ

エアコンの選び方で押さえておきたい主なポイントは、設置したい部屋の大きさに合わせた容量・省エネ度・本当に必要な機能の3点です。ほかにもチェックしておきたいポイントはたくさんありますが、3点を押さえておけば見誤ることはありません。また、新しいエアコンに買い替えたいときは、販売店に古いエアコンを同時に回収してもらえます。そのほかの処分方法としては、不用品回収業者に依頼したり、製造メーカーに回収してもらったりする方法などさまざまです。できるだけお得に処分できるように、処分方法それぞれのメリット・デメリットをチェックしておくといいでしょう。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!