エアコンを買取に出したい人は注目! 一番高く売る方法とコツを伝授!

「エアコンを買い替えたいが、今使っているエアコンを買取してもらえないか」「エアコンを高く買取してもらうポイントを知りたい」とお考えではありませんか? 不要になったエアコンでも、まだ十分に使えるのなら買取してもらいたいですよね。しかし、どんな方法でどこに依頼すればよいのかよく分からないことでしょう。また、せっかくならできるだけ高く買取してもらいたいものです。

そこで今回は、エアコンの買取について詳しく解説します。

  1. エアコンを処分する方法を紹介
  2. まだ使えるエアコンは買取に出せる?
  3. 今買取人気が高いエアコンは?
  4. エアコンを高く売るコツ
  5. エアコンの買取業者を選ぶポイントは?
  6. エアコンの買取に関するよくある質問

この記事を読むことで、エアコンを買取に出す方法や高く売るコツがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

不用品買取・回収業者をお探しなら以下の記事もチェック!

1.エアコンを処分する方法を紹介

最初に、エアコンを処分する方法にはどんなものがあるか見ていきましょう。

1-1.家電リサイクル法に基づいて処分する

不要になったエアコンは、家電リサイクル法に基づいて処分することができます。家電リサイクル法とは、エアコン・冷蔵庫・洗濯機・テレビといった指定品目に含まれる資源を再利用するための法律です。家電リサイクル法に基づいて処分する場合は、以下の方法や流れを参考にしてください。

料金販売店回収方式

  1. 販売店の店頭でエアコンの回収を申し込み、家電リサイクル料金と運搬料を支払う
  2. 家電リサイクル券を受け取り、指定日時までエアコンと共に保管する
  3. 指定日時に運搬業者がやってきてエアコンを回収する

料金郵便局振込方式

  1. 郵便局で家電リサイクル券の払込票に必要事項を記入し、家電リサイクル料金を支払う
  2. 家電リサイクル券を受け取り、エアコンに貼り付ける
  3. 自治体の指定引取場所へ持ち込み、エアコンを引き渡す

1-2.販売店の引き取りや下取りを利用する

エアコンを買い替える場合は、販売店の引き取りや下取りを利用できるか確認しておきましょう。販売店の引き取りや下取りを利用できれば、買い替えと同時に処分ができて楽です。販売店によっては、一定金額以上のエアコンを新規購入すると引き取り費用がサービスとなることもあります。なお、取り外しにはオプション費用がかかることがあるので確認しておきましょう。

1-3.不用品回収業者に処分してもらう

不要になったエアコンは、不用品回収業者に依頼して処分してもらうことも可能です。まずは、業者に連絡して見積もりをもらうことから始めましょう。見積もりをチェックして、回収日時・費用などに問題がなければ正式に依頼してください。不用品回収業者に依頼した場合、都合のよい日時・場所を指定して回収してもらえます。また、エアコン以外の不用品を同時に処分してもらうことも可能です。なお、処分費用のほかにエアコンの取り外しを依頼する場合、オプション費用として数千円程度~かかることが多くなります。詳しくは、業者の見積もりで確認してください。

2.まだ使えるエアコンは買取に出せる?

不要になったエアコンでも、状態のよいものは買取に出せることがあります。

2-1.買取対象となるエアコンの条件は?

不要になったエアコンでも、以下のような条件を満たすものは買取してもらえることがあります。

  • 有名メーカー品
  • 不具合が故障がない
  • 外観に目立つ汚れ・傷・破損がない
  • 年式が新しい
  • 使用感が少ない
  • 購入時の付属品がそろっている

2-2.特に高額査定が出やすいエアコンは?

買取対象となるエアコンの中でも、以下のようなものは特に高額査定が出やすいでしょう。

  • 有名メーカー品かつほぼ未使用
  • 高性能・高機能
  • 元値が高い

なお、上記のほかにも、人気タレントが宣伝していたり愛用していたりするなどの理由により、特定のメーカー・機種で高額査定が出ることがあります。

2-3.査定金額は中古市場での需要が大きく影響する

エアコンの査定金額は、中古市場での需要が大きく影響します。中古市場で人気が高いメーカー・機種のエアコンは常に需要が高いため、査定金額も高額になりやすいものです。一方、不人気メーカー品や無名メーカー品などで中古需要が少ないものは、ほぼ新品であっても査定金額が低くなります。なお、中古需要が上下すると査定金額も連動するので注意してください。

3.今買取人気が高いエアコンは?

今買取人気が特に高いエアコンを買取相場やご紹介しましょう。

3-1.有名メーカー品に買取人気が集中

エアコンで買取人気が高いのは、以下のような機種です。買取相場は、新品価格の10~20%程度が目安になります。

  • 三菱電機 霧ヶ峰 MSZ-ZW5618:40,000円前後
  • ダイキン ATE28USE5-W:8,500円前後
  • 日立 白くまくん RAS-AJ28J:20,000円前後
  • パナソニック エオリア CS-229CF:24,000円程度

3-2.エアコンの買取相場を調べる方法

エアコンの買取相場は、以下のような方法で調べることができます。

  • ネットオークションなどの落札相場を調べる
  • 業者の公表買取価格を調べる
  • 業者に査定を依頼する

なお、買取相場はエアコンの状態や中古市場での需要によって金額が上下することから、業者に査定を依頼するのが最も確実な方法です。

4.エアコンを高く売るコツ

エアコンを高く売るコツを詳しくご紹介します。

4-1.汚れをキレイに掃除しておく

エアコンを高く売るには、外観やフィルターの汚れをキレイに掃除しておくことが大切です。同じ条件のエアコンでも、キレイに掃除しているものと汚れたままのものでは、随分印象が異なります。また、汚れが掃除してあれば業者の手間が省けるので、高額査定につながりやすいのです。エアコンを高く売るためにも、使用説明書などを参考にして掃除しておきましょう。

4-2.購入時の付属品をそろえておく

購入時の付属品をそろえておくことも必要です。業者で中古品として再販するときに、付属品がそろっていれば高値を付けることができます。買い手側からしても、中古品であっても付属品がそろっているほうが多少高値でも買いたくなるものです。使用説明書・保証書・予備の部品・専用のお手入れ用品など、購入時の付属品をできるだけそろえておきましょう。

4-3.不要になった時点で買取に出す

エアコンは、不要になった時点で買取に出すのがベストです。エアコンは、経年などの理由でも部品が徐々に劣化します。また、いつ不具合や故障が出るか分かりません。そのため、不要になった時点で買取に出すのが一番よいのです。買取に出すのが面倒などと考えていると、タイミングを逃してしまいやすいので注意しましょう。

4-4.エアコンの買取を強化している業者に売る

エアコンの買取を強化している業者に売ることも大切です。たとえば、独自の再販ルートを持っている業者は、エアコンを買取して再販するほど利益が上がるため、査定金額も高くなる傾向があります。なお、普段はエアコンの買取を強化している業者でも、タイミングによっては在庫過多になり買取を制限するケースもあるため、状況を確認して査定に出すことが大切です。

5.エアコンの買取業者を選ぶポイントは?

エアコンの買取業者を選ぶポイントを詳しく見ていきましょう。

5-1.エアコンの買取実績が豊富にある

買取業者を選ぶときは、エアコンの買取実績が豊富にあることを確認してください。買取実績が豊富にあれば、スタッフも経験を積んでいるのでスムーズに取り引きできることでしょう。なお、当ダスト.net 東京でも、エアコンの買取および処分を多数お受けした実績があります。まずは、お気軽にお問い合わせください。

5-2.豊富な知識により誠実に査定している

エアコンに関する豊富な知識があり、誠実に査定していることも重要なポイントです。エアコンの知識に乏しい業者では、適当な査定になりやすいため、想定より安い金額を提示されがちなのもいけません。その点、エアコンに関する豊富な知識を元に客観的に査定できる業者は信頼できます。問い合わせ時などに、高額査定を出すポイントを親切に教えてくれる業者ならなお安心です。

5-3.無料で査定している

エアコンの買取を依頼するなら、無料で査定している業者を選びましょう。無料で査定してもらえると、気楽に依頼することが可能です。買取業者としても、なるべく多くの人に査定を依頼してもらったほうが、買取実績につながって利益を上げやすくなります。そのためには、査定を無料にしたほうが長い目で見てメリットが大きいのです。反対に、有料で査定をする業者の多くが、目先の利益を優先しがちなため、買取実績が増えずに経営が苦しくなる傾向があります。すると、不当に安い査定金額を提示して自社の利益を多く確保しようとするので、依頼者にはまったくメリットがありません。

5-4.買取不可でも引き取り処分を依頼できる

万が一エアコンを買取してもらえない場合でも、そのまま引き取り処分を依頼できるところを選ぶと便利でしょう。たとえば、エアコンを業者の店頭に持ち込んで買取不可になった場合、引き取り処分が依頼できないと持ち帰る必要があるからです。大きくて重さのあるエアコンを持ち込むだけでも大変なのに、さらに持ち帰ることになれば時間や労力が無駄になります。

5-5.日時や場所を指定して回収してもらえる

都合のよい日時や場所を指定して回収してもらえることも、忘れずにチェックしてください。特に、エアコンの取り外しを伴う場合、スタッフが作業するために家に上がることになります。そのため都合のよい日時を指定できないと、大変不便です。また、どんなに優良な業者であっても、回収場所が営業サービス外で対応できないのでは困ります。

5-6.スタッフが親切で顧客からの評判がよい

スタッフが親切で顧客からの評判がよいことも、見逃してはいけないポイントです。言葉遣いがなれなれしかったり雑に接してきたりする業者は、サービスの質も比例して悪いことが多くなります。エアコンの買取を気分よく依頼するためにも、スタッフが親切で顧客からの評判がよい業者を選びましょう。

5-7.古物商許可を取得済み

業者がエアコンの買取を行うには、古物商許可を取得済みであることが必要です。古物商許可を取得せずに買取をするのは、違法行為になります。古物商許可を得ているかどうかは、業者のホームページで調べたり見積もりを依頼するときに確認したりすることで知ることが可能です。業者が許可番号を明示しない、聞いてもはぐらかすなどがあったら、無許可である可能性が高いため、買取を依頼するのはやめましょう。

6.エアコンの買取に関するよくある質問

最後に、エアコンの買取に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.エアコンを買取に出す場合、取り外し作業も依頼できる?
A.業者によります。エアコンの査定を依頼するときに、取り外しもしてもらえるか確認してみるとよいでしょう。なお、エアコンの取り外し作業を伴う場合は、数千~一万円程度のオプション費用がかかることがあります。

Q.業者が提示した査定金額が不当に低い気がするのですが?
A.業者に査定理由を聞いてみるとよいでしょう。何らかのマイナスポイントによって、査定金額が低くなっている可能性があります。業者の説明に納得できない場合は取り引きを中止し、ほかの業者に改めて査定を依頼することも考えましょう。

Q.中古エアコンが高く売れる時期はいつ?
A.本格的に夏を迎える前です。夏になる前にエアコンを欲しい人からの中古需要が高まるため、普段よりも高く買取してもらえる可能性があります。ただし、高く売れるタイミングを待つよりも、不要になった時点ですぐに買取してもらうほうがおすすめです。

Q.新しいエアコンでも買取不可になることがある理由は?
A.以下のような理由が考えられます。

  • 無名メーカー品
  • 海外製の粗悪品
  • 付属品の欠品が多い
  • 中古需要が少ない種類(窓用エアコンなど)

Q.ネットオークションにエアコンを出品して売ることはできる?
A.出品することは可能です。ただし、エアコンは大きさや重さがあることから、こん包や配送の手配が大変で、配送料も高く付きます。また、業者による出品も多く、出品情報が埋もれてしまいがちな点や、クレーム・支払い遅延といったトラブルも多いことから、積極的にはおすすめしません。

まとめ

今回は、エアコンの買取について詳しく解説しました。不要になったエアコンをなるべく高く買取してもらうためには、汚れをクリーニングしておく、付属品をそろえておく、不要になった時点で早く売ることなどがコツになります。また、エアコンの買取実績が豊富で誠実な査定をしているなどのポイントをチェックし、信頼できる買取先を選ぶことも大切です。なお、エアコンの買取は不用品回収業者に依頼することもできます。不用品回収業者に依頼すると、回収時に都合のよい日時や場所を指定できる、買取不可になった場合でも引き取り処分を依頼できるなど、とても便利でおすすめです。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。