年末の掃除は計画のが大切なポイント!計画の立て方や不用品の処分方法

何かと忙しい時期になる「年末」は余裕を持って過ごしたいですよね。
ゆっくりとした年末を過ごすためにも、計画的に年末の掃除をすすめていきましょう。年末掃除の計画の立て方や年末大掃除のポイント、不用品の処分方法について詳しく説明します。
年末掃除の計画を立てたい人は要チェックです。
効率的に掃除をすすめるための知識を身につけてくださいね。

目次

  1. 年末掃除の計画の立て方
  2. 年末掃除のポイント
  3. 不用品の処分方法
  4. まとめ

1.年末掃除の計画の立て方

スムーズに掃除をするためには「計画」が大切です。
計画をきちんと立ててこなしていかなければなりません
計画性を持たないと年末になって慌ててしまいます。
余裕を持って掃除をするため、計画の立て方について説明しましょう。

1‐1.年末掃除の開始時期は「秋」がベスト

年末掃除と言う名前がつくように、掃除の開始時期は「年末」と思っている人が多いでしょう。
しかし、年末は何かと忙しい時期です。
忙しい時期に掃除をしても慌ててしまうので中途半端になってしまいます。
中途半端にならないためにも、年末掃除は「秋」に始めるのがベストです。
秋は過ごしやすく、掃除しやすい時期でもあります。
年末とは違って暖かい気候の中での掃除はとても気持ちが良いものです。
冬は窓を開けるだけでも寒くなるので掃除しにくくなります。
また、油汚れが落ちやすく、干したものもすぐに乾くので快適です。
特に、エアコンの掃除は夏についた汚れがたまっているので秋の掃除が最適になります。
ぜひ「秋」に年末掃除を始めてみてはいかがでしょうか。

1‐2.年末掃除に必要な日数はおよそ3~4日

部屋の大きさや一軒家・マンションによって異なりますが、年末掃除に必要な日数はおよそ3~4日です。
休みの日を使って丸1日大掃除をするのも良いでしょう。
なかなか休みがない人は毎日少しずつ掃除を続けるのも1つの方法です。
自分のスケジュールや仕事に合わせて必要な日数を考えてください。
掃除が得意な人は、できるだけ少ない日数で掃除できるように工夫しましょう。
掃除に苦手意識を持っている人は余裕を持った日数で計画を立てると良いですよ。

1‐3.普段掃除しない、時間がかかる場所から始める

年末掃除では「普段掃除しない場所」「掃除に時間がかかる場所」から始めるのがベストです。
どこから掃除すれば良いのか悩んでいる人は、2か所から掃除を始めてくださいね。
簡単な掃除しかしない台所やバスルーム、住宅の床下や外壁などは要チェックです。
なかなかチェックできないところを確認する良い機会だと思ってください。
台所やバスルームなどの水まわりは‟排水口”を入念に掃除しましょう。
天井や床、壁もふき掃除などで汚れを取りのぞいてください。
一軒家に住んでいる人は床下や外壁、住宅のまわりも入念に確認しておきましょう。
異変を見つけた場合はすぐに対処しなければなりません。
時間がかかる分、掃除が完了するまで計画を緻密に立てる必要がありますよ。
時間がかかる場所は夏から始めてもOKです。実際、夏から年末大掃除を始める人も増えてきています。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!