年末の掃除は計画のが大切なポイント!計画の立て方や不用品の処分方法

何かと忙しい時期になる「年末」は余裕を持って過ごしたいですよね。
ゆっくりとした年末を過ごすためにも、計画的に年末の掃除をすすめていきましょう。年末掃除の計画の立て方や年末大掃除のポイント、不用品の処分方法について詳しく説明します。
年末掃除の計画を立てたい人は要チェックです。
効率的に掃除をすすめるための知識を身につけてくださいね。

目次

  1. 年末掃除の計画の立て方
  2. 年末掃除のポイント
  3. 不用品の処分方法
  4. まとめ

1.年末掃除の計画の立て方

スムーズに掃除をするためには「計画」が大切です。
計画をきちんと立ててこなしていかなければなりません
計画性を持たないと年末になって慌ててしまいます。
余裕を持って掃除をするため、計画の立て方について説明しましょう。

1‐1.年末掃除の開始時期は「秋」がベスト

年末掃除と言う名前がつくように、掃除の開始時期は「年末」と思っている人が多いでしょう。
しかし、年末は何かと忙しい時期です。
忙しい時期に掃除をしても慌ててしまうので中途半端になってしまいます。
中途半端にならないためにも、年末掃除は「秋」に始めるのがベストです。
秋は過ごしやすく、掃除しやすい時期でもあります。
年末とは違って暖かい気候の中での掃除はとても気持ちが良いものです。
冬は窓を開けるだけでも寒くなるので掃除しにくくなります。
また、油汚れが落ちやすく、干したものもすぐに乾くので快適です。
特に、エアコンの掃除は夏についた汚れがたまっているので秋の掃除が最適になります。
ぜひ「秋」に年末掃除を始めてみてはいかがでしょうか。

1‐2.年末掃除に必要な日数はおよそ3~4日

部屋の大きさや一軒家・マンションによって異なりますが、年末掃除に必要な日数はおよそ3~4日です。
休みの日を使って丸1日大掃除をするのも良いでしょう。
なかなか休みがない人は毎日少しずつ掃除を続けるのも1つの方法です。
自分のスケジュールや仕事に合わせて必要な日数を考えてください。
掃除が得意な人は、できるだけ少ない日数で掃除できるように工夫しましょう。
掃除に苦手意識を持っている人は余裕を持った日数で計画を立てると良いですよ。

1‐3.普段掃除しない、時間がかかる場所から始める

年末掃除では「普段掃除しない場所」「掃除に時間がかかる場所」から始めるのがベストです。
どこから掃除すれば良いのか悩んでいる人は、2か所から掃除を始めてくださいね。
簡単な掃除しかしない台所やバスルーム、住宅の床下や外壁などは要チェックです。
なかなかチェックできないところを確認する良い機会だと思ってください。
台所やバスルームなどの水まわりは‟排水口”を入念に掃除しましょう。
天井や床、壁もふき掃除などで汚れを取りのぞいてください。
一軒家に住んでいる人は床下や外壁、住宅のまわりも入念に確認しておきましょう。
異変を見つけた場合はすぐに対処しなければなりません。
時間がかかる分、掃除が完了するまで計画を緻密に立てる必要がありますよ。
時間がかかる場所は夏から始めてもOKです。実際、夏から年末大掃除を始める人も増えてきています。

2.年末掃除のポイント

2‐1.年末掃除をする「準備」を早めに始める

年末掃除のポイントは「準備」にあります。
掃除を始めるための準備が整わなければ始めることができません。
年末掃除に必要な道具をすべて用意してください。
掃除をしている途中で必要なアイテムがなければ、中断してしまいます。
いちいち時間がかかってしまうので気をつけなければなりません。
一般的に必要なぞうきん、バケツ、モップ、洗剤は必ず用意しておきましょう。
また、最近では便利な掃除グッズが発売しています。
自分に必要な掃除道具を準備するときはできるだけ早めにしてくださいね。
早いうちに準備したほうが効率的にすすみますよ。

2‐2.一気に掃除をしようとしない

年末掃除を早く終わりたいからと一気に掃除をしようとしていませんか?
確かに、年末掃除は大変で面倒に感じますが、細かいところを丁寧にするのが年末掃除です。
普段できない場所を入念に掃除しなければなりません。
だからこそ、一気に掃除をしようとはしないでくださいね。
年末掃除を計画的にすすめるため、「少しずつできることから掃除をする」ことに注目していきましょう。
「今日はリビングを掃除する」「明日は台所」と言うように、場所ごとに掃除をしてください。
大きい部屋から掃除を始めると効率的にすすめることができますよ。
秋から始めるのがベストですが、12月に入ってからでも年末掃除はできるので安心してください。
12月に入ってから掃除をする場合は毎日少しずつ取り組むことが大切なポイントになります。

3.不用品の処分方法

3‐1.部屋の中にある「不用品」を処分する

年末掃除は「不用品」を処分する大きな機会です。
部屋の中にはすでに使っていない不用品もあるでしょう。
使っていない不用品をそのままにしていても邪魔になるだけです。
要らないものはすべて処分してください。
できるだけ、大きな家具や家電は早めに処分することをおすすめします。
大きいものから処分していかなければ、細かい掃除はできません。
大きい不用品を処分するとある程度のスペースが確保できるでしょう。さらに掃除しやすくなるのです。
「要らないもの」と「要るもの」にわけて、要らないものを処分してくださいね。

3‐2.不用品回収業者に依頼する

年末掃除で出た不用品は処分方法に困るものです。
処分をどうすれば良いのか悩むでしょう。
そこで、おすすめしたいのが「不用品回収業者」です。
不用品回収業者はいろいろな不用品を回収してくれます。テレビやエアコン、大型家具などさまざまな不用品を家の中から出してくれるでしょう。
わざわざ自分たちで運ぶ手間も要りません。
また、家の中を傷つける心配もないので、安心して不用品の処分ができるでしょう。
ただし、不用品回収業者に依頼する場合は「見積もり」や「サービス内容」に注意してくださいね。中には不正を働く悪徳業者もいます。
不用品回収を依頼したところ、高い回収費用を請求してきた業者もいるので注意しなければなりません。
見積書に不備な点や疑問点があれば、すぐ業者に尋ねてください。
丁寧に説明してくれるところなら安心して依頼できます。
しかし、適当に受け流すような業者は信用できません。
自分にとって信頼できる業者に依頼してくださいね。

4.まとめ

年末掃除の計画の立て方や年末掃除のポイント、不用品の処分方法について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
年末掃除は普段できないところを掃除する大きな機会です。
計画的にすすめることができるよう、自分のスケジュールを考えて日数や開始時期を決めてください。
自分が気軽にできるところから地道に始めていきましょう。

  • 年末掃除の開始時期は「秋」がベスト
  • 年末掃除に必要な日数はおよそ3~4日
  • 普段掃除しない、掃除に時間がかかる場所から始める
  • 年末掃除の「準備」は早めに始める
  • 一気に掃除しようとはしない
  • 部屋の中にある「不用品」をすべて処分する
  • 不用品回収業者に依頼する

以上のポイントを踏まえながら、年末掃除の計画を立てていきましょう。
そして、不用品はすべて処分することも大切です。
新年を気持ち良く迎えるためにも、不用品は回収業者に依頼して処分してもらいましょう。
大掃除のカギは「不用品」の処分にかかっていると言っても良いほど大切なポイントです。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!