埃がたまる原因とは?〜知っておきたい埃の正体と上手な掃除のコツ〜

1.埃の正体とは?

毎日、掃除用のクロスやシートなどで拭いても、翌日にはうっすらとたまってしまうのが埃です。

キレイに片付いているお部屋でも、オシャレなモデルルームのようなお部屋でも、埃が積もるのを避けることはできません。

埃とは、一体何から出てくるのでしょうか。

埃の正体をご説明しましょう。

1-1.埃の正体

埃は、私たちの身のまわりにある、ありとあらゆるものから発生します。

中でも一番代表的なものが、「綿ぼこり」と呼ばれるものです。

綿ぼこりは、コートやジャケット、セーターなど、洋服の素材である繊維のかけらがはがれて生まれます。

さらに、タオル・ソファ・クッション・ぬいぐるみ・タオル・布団などの寝具から生まれるのも綿ぼこりです。

家のなかの綿ぼこりの割合は、全体の56.2%と過半数を占めています。

綿ぼこり以外の埃としては…

  • 土砂(無機物)…27.5%
  • 食物…3.53%
  • 毛髪…3.02%
  • 紙片(新聞紙・雑誌・ちらし・トイレットペーパーなど)…1.71%
  • その他…8.04%

以上のように、埃はさまざまなものが混じり合っていながらも「グレー」に見えます。

理由は、さまざまなカラーを混ぜると灰色〜黒になる現象と同じで、いろいろな要素が混じり合っているからなのです。

1-2.目に見えない埃「ハウスダスト」

さまざまな種類がある埃のなかでも、1㎜以下の肉眼では見ることができないものが「ハウスダスト」と呼ばれています。

ハウスダストには、ダニの死がいやフン・花粉・カビ・細菌なども含まれ、それらが体内に入ることでアレルギーやぜんそくなどを引き起こすのです。

ハウスダストが引き起こす症状には以下のようなものがあります。

  • アレルギー性鼻炎
  • アレルギー性結膜炎
  • アトピー性皮膚炎
  • 気管支ぜんそく

咳(せき)・クシャミ・鼻水・かゆみなどの症状は、家にたまったハウスダストが原因であることも少なくないのです。

2. 埃がたまる原因を知ろう

埃は、常に空気中を浮遊しています。

日中は、人の動きとともに空気も流れるのでフワフワと舞い上がっているのです。

ところが、夜になって人が寝静まると空気が動かないので下に落ちて家具の上や床にたまります。

そして、床にたまった埃はさらに空気の動きにより流され、家具や壁にぶつかりながら隅へ隅へと移動してたまるのです。

埃のたまりやすい場所としては…

  • 部屋の四隅
  • 家具の上や電球のかさ、カーテンレール
  • ベットやソファなどの大きな家具の下
  • 洗面所やトイレなど衣類や紙を多く使う場所
  • パソコンやエアコンの内部
  • クローゼットの床
  • 家具の裏などのコンセント

机や家具の上などは、埃は目立つものの掃除はしやすい場所です。

けれども、手の届きにくい場所は掃除がしづらいので埃がたまってしまいます。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 投票, 評価平均値: 3.00)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!