いらなくなった水槽、どう処分しますか?正しい方法教えます!

水槽の処分方法をご存じでしょうか?「割れてしまった」「ヒビが入ってしまった」「魚もいないしいらない」など、水槽を処分したいとき処分方法に困る人も多いと思います。ここでは、水槽の正しい処分方法を紹介しましょう。

  1. 水槽を処分する前に
  2. 水槽の処分方法
  3. 水槽を処分する際の注意点

1.水槽を処分する前に

いらなくなった水槽ですが、捨ててしまう前に確認しましょう

1-1.身近に欲しい人はいませんか?

割れてしまって使えない水槽は対象外ですが、まだ使えるなら欲しい人に譲りましょう。あなたにとって処分対象であっても、欲しい人がいる可能性は十分考えられます。水槽は購入すればそこそこのお値段です。複数の水槽が欲しいという人もいるでしょう。身近に熱帯魚を飼っている人がいたり、これから飼いたい人がいる可能性もあります。まずは声をかけてみてから処分しても遅くないでしょう。

1-2.再利用する方法は?

水槽を水槽として使う必要はありません。水槽の再利用方法として下記のような方法が挙げられます。

  • 折り紙などを使って子供の展示スペースにする
  • 見せる収納など家具として使う
  • 植物を飾って温室のようにしてみる
  • 小動物のケースとして使う
  • カラーサンドをいれるなどインテリアとして扱う

水槽だから魚をいれないといけないと決まってはいません。自分なりのアレンジで水槽を利用する方法を見つけてみましょう。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!