廃品回収車はダメ!粗大ごみ・不用品回収の前に絶対知っておくべき事

3.不用品処分の注意点

3-1.不用品は仕分け作業が大変

一般ゴミは、燃える・燃えない・プラスチック・古布・古紙など比較的簡単に分類できます。一方、家具・家電などの不用品は、粗大ゴミなのか一般ゴミなのかの判断が難しいものが多いです。特に、家電リサイクル法(テレビ・エアコン・冷蔵庫・洗濯機の処分にかかわる法案)や、小型家電リサイクル法・PCリサイクル法など、さまざまなリサイクル法案があり、分類がさらに複雑になります。

3-2.地方自治体によって異なるルール

どの不用品がどのゴミ区分に該当するかは、自治体によって異なります。大型の不用品でも一般ゴミとして出せる自治体もあれば、小型でも粗大ゴミとして処理しなければいけない自治体もあるのです。また、自分で不用品を分解してサイズを小さくすれば一般ゴミでもOKな自治体と、使用時のサイズで粗大ゴミかどうかを決める自治体もあります。自治体のHPで品目ごとのゴミ区分や粗大ゴミ料金などを検索できますが、一つ一つ調べるのはなかなか骨が折れるでしょう。東村山市のように、電話で粗大ゴミ料金を確認しなければならない地域もあります。

3-3.有料処分になりうるもの

上記のとおり、自治体によって不用品のゴミ区分は異なりますが、基本的に有料処分になるものをご紹介します。

3-3-1.家電リサイクル法対象家電

テレビ・エアコン・冷蔵庫・洗濯機といった家電リサイクル法対象家電を処分するためには、リサイクル料金(3,000円~10,000円程度)を支払わなければなりません。型番・メーカーごとにリサイクル料金を調べる手間や、郵便局で家電リサイクル券を購入するなどの手間も発生します。

3-3-2.PCリサイクル法対象家電

パソコン・ディスプレイ・ノートパソコンなどのPCリサイクル法対象家電を処分するには、メーカーが回収無料・送料無料/有料で引き取ってくれる場合と、パソコンリサイクル料金(4,000円程度)を支払わなければならない場合があります。古いパソコン・自作パソコン・CRTディスプレイなどは、ほぼリサイクル料金が発生するでしょう。

3-3-3.大きな家具・家電

自治体のゴミ区分にもよりますが、以下のような大きな家具・家電は、ほとんどの地域が有料粗大ゴミとして取り扱っています。

  • ふとん
  • ベッドマットレス
  • ソファー
  • テーブル
  • 電子レンジ
  • コンポ
  • 自転車
  • タンス
  • 食器棚
  • ヒーター
  • ストーブ

4.不用品回収のさまざまな方法

4-1.自分で不用品を処分する場合

4-1-1.地方自治体(粗大ゴミ)として処分する

不用品を自治体回収で粗大ゴミとして出す場合、まずは品目ごとの粗大ゴミ料金や回収方法を調べましょう。例として東村山市の粗大ゴミ処理方法をご紹介します。

東村山市粗大ゴミの収集

【1.受付センターへ申し込みをする】

電話:042-306-0912
受付曜日:月曜日から金曜日(祝日・振替休日・年末年始を除く)
受付時間:午前8時30分から午後5時

  • 伝えること:住所・氏名・電話番号・粗大ゴミの品目・サイズ・数量
  • 聞くこと:収集日、排出場所、必要な粗大ゴミ指定収集シールの金額

【2.粗大ゴミ指定収集シールを購入する】

指定の販売店で、指定金額のシールを購入してください。スーパー・コンビニ・薬局などで取り扱っています。

粗大ゴミ指定収集シール取扱店一覧

https://www.city.higashimurayama.tokyo.jp/kurashi/gomi/fukuro/seal.html

【3.粗大ゴミを指定場所へ出す】

粗大ゴミに、粗大ゴミ指定収集シールを貼(は)り、回収日の朝8:30までに指定場所に出してください。

4-1-2.リサイクルショップで買取してもらう

まだ使える家具・家電はリサイクルショップで買取してもらうこともできます。店舗によって取り扱い対象品目が異なりますので、電話やHPで確認しましょう。査定は現物を見てからになりますので、型が古かったり需要がなかったりすると買取してもらえないこともあります。せっかく持ち込んだ手間が無駄になってしまう可能性もあることを理解しておきましょう。

4-2.不用品回収業者に頼む場合

まとめて不用品を処分したい場合や、買取してほしい不用品が含まれている場合、回収業者の利用がおすすめです。粗大ゴミ処分は、安心感があるものの、まだ使える家具・家電だとしてもお金を払って処分しなければなりません。リサイクルショップでは、買取品目が限られていたり、買取してもらえなかった場合には無駄手間が発生したりしてしまいます。双方の”いいとこ取り”ができるのが回収業者です。

4-3.注意点

前述のとおり、廃品回収車は危険がいっぱいです。タダより高いものはありません。産業廃棄物収集運搬許可・古物商許可などの資格を有している信頼できる回収業者を選んでください。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!