洗濯機を処分・リサイクルしたい人へ!方法・コツを伝授

1.洗濯機を処分するときの基礎知識

洗濯機を処分することになった皆さんの多くは、粗大ごみとして出すことを想像していたことでしょう。しかし、洗濯機は粗大ごみで出すことはできません。まずは、粗大ごみで出すことができない理由を確認し、家電リサイクル法についても学びましょう。

1-1.洗濯機を粗大ごみで出すことができない理由

洗濯機は、粗大ごみとして地方自治体に出すことができません。その理由は、家電リサイクル法という法律に指定があるからです。そのため、粗大ごみとして洗濯機を出すことは法律違反になることを覚えておきましょう。洗濯機を処分したいときは、適切な手段を取ることが義務となっているのです。

1-2.家電リサイクル法で指定のある家電は4品目

では、家電リサイクル法ではどんな種類が指定になっているのでしょうか。家電リサイクル法で指定のある家電とは、以下の種類となります。

  • エアコン
  • テレビ
  • 冷蔵庫・冷凍庫
  • 洗濯機・衣類乾燥機

家電リサイクル法で指定のある4品目については、基本として製造メーカーが回収の義務を負います。

1-3.家電リサイクル法を学ぼう

それでは、家電リサイクル法についてもう少し詳しく学ぶことにしましょうか。家電リサイクル法とは、貴重な資源をリサイクルする目的の法律です。メーカーは自社製品については、指定のある4品目について回収・リサイクルの義務があると覚えておいてください。法律違反になると、処分の対象となるので注意しましょう。

2.洗濯機のリサイクル料金を知ろう

洗濯機のリサイクルは、無料ではありません。リサイクルを行うためには、料金が必要なほか、所定の申し込みを行う必要があります。

2-1.洗濯機のリサイクル処分に必要な料金

洗濯機のリサイクル処分に必要な料金は、メーカーによって下記のとおりとなります。ただし、こちらの料金には運送費用が入っていませんので、注意してください。洗濯機の運消費用は、1,500円程度と覚えておくと良いでしょう。

  • リサイクル券Aに該当:税抜き2,300円
  • リサイクル券Bに該当:税抜き3,650円
  • リサイクル券Cに該当:税抜き2,400円
  • リサイクル券Dに該当:税抜き2,915円

2-2.洗濯機のリサイクル処分に必要な書類など

洗濯機のリサイクル処分には、指定の家電リサイクル券を購入する必要があります。洗濯機を処分するときのリサイクル券は、運送費用と合計した金額を支払うことで購入してください。購入先は、家電小売店や地方自治体などになります。また、家電小売店や地方自治体では処分ができない場合は、郵便局で料金を振り込むことで家電リサイクル券を購入してください。家電リサイクル券は、洗濯機を回収するときにメーカーなどに引き渡すことになります。このとき、必ず控えを受け取ることを忘れないようにしましょう。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!