それ、リサイクルできますよ! 再生野菜のやり方を押さえよう!

1.再生野菜とは

1-1.「リボベジ」と呼ばれる再生野菜

買ってきた野菜は、調理して不要な部分は捨てるもの。その中でも根っこはごみとなることが多いです。しかし、その根っこを活用して野菜を再生することができます。そのような野菜は「再生野菜」と呼ばれているのです。
再生野菜は根を残しておけば同じ野菜を作ることができます。食べ終えた野菜を再生して食べるのは、とてもリサイクルな活動です。また、部屋の中で栽培できるため植物に囲まれた生活もできるでしょう。

1-2.再生野菜のメリット

再生野菜は食べたものを自分で再生できます。そのため、食費に掛かるコストを大幅にカットできるのです。また、本来捨てるものを再生するため元手が掛からないのもうれしいポイント。
さらに、再生野菜は庭が無くても栽培できるものが多いです。空き缶やコップ、プラスチックトレーなどがあれば水耕栽培で育てることができます。

1-3.ガーデニング経験が無くてもOK

「ガーデニング」と聞けば難しいイメージを浮かべる人も多いはず。しかし、再生野菜は力強い野菜たちです。そのため、土が無くても栽培できます。
再生野菜の多くは水耕栽培です。そのため、マンションなどスペースが限られた場所でも栽培できます。

1-4.子どもの食育になる

再生野菜と言っても水を換えたり葉っぱを切ったりするのが必要です。しかし、この栽培に子どもも参加するのは大きな意味があると思います。
野菜嫌いの子どもも、一緒に野菜を育てることで愛着が湧いてくるでしょう。野菜を家で育てることは、子どもの食育にも役に立ちます。

2.野菜再生栽培のやり方

ごみをリサイクルするだけでなく食費も節約できる再生野菜。
では、どのような方法で栽培できるのでしょうか。

2-1.野菜の根っこを育てる

再生野菜は基本的に生命力がある野菜たち。そのため、野菜の成長点を活用した栽培方法が一般的です。
野菜の成長点と言えば根っこの先端。野菜によっては野菜の先端部分が成長点になっていることがあります。その成長点が集まっている部分を使って栽培しましょう。

2-2.再生野菜は意外と多い

では、再生野菜とはどのような野菜を指すのでしょうか。

  • 葉物野菜…コマツナ・チンゲンサイ・モロヘイヤ・ミズナ・セリ・ミツバ・クレソン・キャベツ・白菜など
  • 薬味野菜…ネギ・ニンニク・ワサビ・ショウガなど
  • 根菜…大根・ニンジン・カブ・ゴボウなど

一般的な野菜の中にも再生野菜は多くあります。ぜひ、自分に合った野菜たちを育ててみましょう。

2-3.基本的な栽培方法

再生野菜を育てるときは、基本的に水耕栽培で大丈夫です。
水耕栽培とは野菜の根や成長する部分を水に浸(つ)けて育てること。水の入ったボトルや空き缶があれば大丈夫です。水を入れたボトルに根の先端部分を付けておく栽培方法となります。
しかし、水に浸(つ)けておくだけではダメです。こまめにボトル内の水は交換しましょう。基本的に水は毎日取り替えます。

2-4.栽培のコツ

再生野菜を育成するコツは、根の部分を多めに残しておくこと。
ネギやミズナなどは根元から3~5㎝ほど上でカットします。ニンジンや大根などヘタの部分を残す場合は2~3㎝ほど残してカットしましょう。コマツナなどの葉野菜は、新芽の部分を4~5枚ほど残しておくと再生スピードが速いです。
また、水耕栽培に使っている容器はきれいな状態にします。そのため、水の交換を頻繁に行って容器の掃除もしましょう。さらに、根がどっぷりと水に浸(つ)かると野菜が腐りやすくなります。根っこが水面に浸(ひた)る程度にしておくのがコツです。

2-5.水耕栽培の注意点

水耕栽培で最も注意したいのが菌の繁殖。カビなどが生えたら再生野菜でも復活するのは難しいでしょう。菌が繁殖した野菜や入れ物は捨てます。
特に、夏場は水が腐りやすい時期。こまめに水を交換すると共に保管する場所に注意しましょう。
さらに、注意したいのが野菜の衛生管理。スーパーなどで販売している野菜は徹底した品質管理と共に衛生管理が行われています。しかし、自生の野菜だとどのような菌が付いているかわかりません。作った野菜は必ず加熱して食べるようにしましょう。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!