掃除機の吸引力が落ちた!今すぐやりたい吸引力が復活する5の方法!

1.掃除機の種類

掃除機の種類

掃除機には、大きく分けて2つの種類があります。

1-1.サイクロン式

最近人気が高いサイクロン掃除機は、ゴミを遠心分離する仕組みで 吸引力の高さが魅力です。竜巻のように吸い上げダストカップに溜(た)まります。紙パックを使用しませんので、経済的。排気もきれいなものが多いです。コードレスタイプは、いつでも気軽に掃除ができ、部屋から部屋への移動にストレスがありません。メリットの多いサイクロン式ですが、機能を備えた機種は非常に高価です。

1-2.紙パック式

紙パック式は、以前からある掃除機で、ほとんどの方が使ったことがあるのではないでしょうか?吸い込んだゴミやほこりを紙パックに溜(た)め、空気は排気される仕組みです。排気が気になることがあり、コードも邪魔に感じる人が多いでしょう。紙パックを捨てるだけで処理が簡単なところと、安価で売られている点がメリット。

2.吸引力が落ちる原因とは?

吸引力が落ちる原因とは?

掃除機の吸引力が落ちる原因を確認してみましょう。

2-1.紙パックの問題

紙パック式の掃除機で多い問題が紙パック。紙パックにゴミがたまりすぎると、吸引力が弱くなります。また、掃除機のメーカーが推奨する純正紙パックではなく、安価な紙パックを使っている場合は、故障の原因に。紙パックのサイズが合わないことも吸引力の低下につながります。

2-2.フィルターの目詰まり

掃除機の吸引力が落ちる主な原因は、フィルターの目詰まりです。掃除機のダストカップや紙パックはマメに交換しても、フィルターのお手入れは忘れがち。小さなチリがたまり目詰まりすると吸引力が低下。数年間使っている掃除機は、フィルターが機能していない可能性もあります。

2-3.ホースの破損

掃除機のホースやパイプが破損すると、破損部分から空気が漏(も)れ吸引力が弱くなります。

2-4.何か詰まっている

吸引口に子供のおもちゃやヘアピン、ティッシュなど、重たくて大きなゴミが詰まっていませんか?サイクロン掃除機に多い原因が、ホースやフィルター周辺にゴミが詰まる状態。また、吸引口の回転ブラシに髪の毛が絡まると、ブラシが回転せずゴミが詰まる原因に。 紙パック式の掃除機も、ホースにゴミが詰まると吸引力が落ちます。

2-5.故障

モーターの故障や掃除機自体の故障が原因で吸引力が落ちている可能性もあります。コードレスの場合は充電器の故障も考えられるでしょう。特に、安価で売られているコードレス掃除機は、2年たたないうちに故障してしまうことも多いです。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!