車のタイヤの寿命はどのくらい?5年が目安って本当?

1.タイヤの寿命はどこで測る?

この項では、タイヤの寿命の見極め方をご紹介します。
年数以外にもタイヤの寿命を測ることができるのです。
ぜひ参考にしてくださいね。

1-1.年数

タイヤの寿命は約5年、というのが一般的な目安になっています。
しかし、この5年というのは、あくまでも目安。
あまり使わない車のタイヤは、5年たっても新品同様ということもあるでしょう。
使用年数で寿命を測れるタイヤは、毎日一定の距離を走る車に装着されているものです。
営業車や通勤に使っている車の場合は、5年たったらタイヤのチェックをしてみてください。
ただし、悪路をガンガン走るような車は毎年点検を行った方がよいでしょう。

1-2.走行距離

タイヤは常に地面に接していますから、走行距離が長いほどすり減っていきます。
しかし、走行距離が長いから劣化しやすいというわけでもないのです。
走行距離が長くても常に一定のスピードで走っている車に装着されているタイヤは、劣化しにくいでしょう。
つまり、「毎日高速道路を走っています」という車は、思っているより劣化しにくいのです。
逆に、じゃり道のような舗装していない道路を毎日走っている車は、走行距離の割に劣化が激しいでしょう。
また、急発進や急ブレーキをくりかえしても劣化しやすくなります。
ちなみにタイヤの溝が1mm減るまでの走行距離は、5000キロだそうです。
タイヤの溝が1.6mmまでに減るとスリップサインが現れて、それ以下になると車検が通らなくなります。

1-3.タイヤのひび

タイヤはゴム製です。ゴムは弾力がありますが、劣化してくるとひび割れてきます。
古い輪ゴムをよく見ると、細かいひびが一面に入っているのです。
タイヤも劣化すればそれと同じ状態になります。肉眼でひびが分かるようになったタイヤは、年数がたっていなくても寿命です。ひびが入ったタイヤを使い続けていると走行中にパンクすることもあるでしょう。
点検でタイヤのひびを指摘されたら、すぐに交換してください。

1-4.タイヤの溝

前述したように、タイヤの溝も寿命を測る目安になります。
タイヤの溝は、悪路を走るほど摩耗(まもう)しやすいでしょう。
また、前輪駆動車は前輪、後輪駆動車は後輪が摩耗(まもう)しやすいです。
自分の車の駆動方式を知っておくと、タイヤの溝をチェックしやすいでしょう。
また、普通自動車でレース用の自動車のようなむちゃな走り方をすれば、あっという間に溝がすり減ってしまいます。

2.スタッドレスタイヤの寿命とは?

雪が降る寒い地域では、冬になるとスタッドレスタイヤを装着します。
スタッドレスタイヤは雪道や凍結した道路を安全に走行できるように作られているタイヤです。
通常、スタッドレスタイヤは3シーズン~5シーズンなら無理なく使えるといわれています。
スタッドレスタイヤの劣化は、プラットフォームを見れば分かるので、装着する前にチェックしてください。
また、スタッドレスタイヤは乾いた道を走るほど劣化しやすくなります。
ですから、取り換えるのが面倒くさいからと雪が降らない季節になってもスタッドレスタイヤを装着し続ければ、それだけ劣化が早くなるでしょう。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!