ルームランナーの処分方法が知りたい! 廃棄方法やポイントについて

6.ルームランナーの処分~回収業者に依頼する場合

買い取ってもらえない・運搬や搬出が難しい場合は、回収業者への依頼がおすすめです。回収業者に依頼する場合の流れや方法、料金、メリット・デメリット、業者選びのポイントについて説明します。

6-1.回収の流れ・方法について

業者の回収では、出張回収が利用できます。重く大きめのルームランナーでも、業者に依頼すれば、搬出から運搬・処分まで任せることができるでしょう。電話またはホームページから無料見積もりを依頼して、作業日を決めます。作業日当日に業者が品物を確認し、見積もりに納得した後、作業開始→作業完了後お支払いという流れです。具体的な方法については、業者のホームページを確認してください。

6-2.料金について

業者や不用品の大きさ・量・重さなどによって費用が異なります。たとえば、不用品&粗大ゴミを格安片付け・回収している「ダストマン」では、個別プランと定額パックプラン・オプション料金でのサービスが利用可能です。具体的な費用に関しては、無料見積もりを依頼してください。

6-3.メリット・デメリット

大きく重たいルームランナーの運搬は困難です。そんなときこそ、業者に依頼してください。業者に依頼すれば、運搬から処分までスタッフが行います。わざわざ自分で運ぶ必要はありません。
また、すぐに処分したい・不用品をまとめて処分したい方も、回収業者の利用がおすすめです。出張回収を利用すれば、一気にまとめて処分できます。わざわざ自分たちで運搬する必要もないので安心です。ほかに処分したい不用品があれば、一気に処分したほうが定額パック料金でお得になります。
ただし、中には、回収後に追加料金を請求するなどの不正を働く業者もあるため、注意して選ばなければなりません。

6-4.業者選びのポイント

業者選びに悩んだときは、以下のポイントに注目してください。

  • 丁寧かつスピーディーな対応
  • 無料見積もり・無料相談ができる
  • 料金システムが明確になっている
  • 不用品回収だけでなく、買い取りサービスも行っている
  • 365日年中無休、即日対応が可能
  • 産業廃棄物収集運搬許可・古物商許可を取得している

7.ルームランナーの処分に関してよくある質問

ルームランナーの処分に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

7-1.人気のあるブランドとは?

人気ブランドのルームランナーは、高く売れる可能性があります。代表的なメーカーと言えば、ライフフィットネス・ジョンソンヘルスティック・スポーツアート・グリーンマスター・ダイコウ・リマークなどです。知名度の高いブランドほど、需要があるでしょう。

7-2.ルームランナーの買い取り額はいくらか?

一般的に、買い取り額は販売額の5~10%と言われています。新品状態に近いもの・販売されてから月日が経過していないもの・人気ブランドのものは、高価買い取りが期待できるでしょう。

7-3.出張査定の見積もりで納得いかない場合、キャンセルできるのか?

業者によっては、キャンセル料金を取るところもあります。「ダストマン」は、その場でキャンセルしても料金がかかりません。依頼する際は、キャンセル料や追加料金についても確認してくださいね。

7-4.注意すべき業者の特徴が知りたい

直接家にやってきて回収を迫る・トラックでまわっている業者などは要注意です。回収後に追加料金を請求したり、不法投棄をしたりする可能性があります。また、不正業者は、都道府県から許可を取得していないケースがほとんどです。許可番号がホームページに記載されているか、細部まで確認したほうが良いでしょう。

7-5.自治体で処分する場合、解体すべきか?

現在発売されているほとんどのルームランナーは組み立て式です。自治体で処分する場合は、組み立て前の状態にしたほうが、持ち運びや回収がしやすくなります。ただし、業者によって処分ルールが決まっているため、1度相談したほうが安心して処分できるでしょう。

まとめ

いかがでしたか? ルームランナーの処分方法は、自治体・販売店による下取りと引き取り・リセール・不用品回収業者があります。それぞれの方法やメリット・デメリットを見比べながら、ライフスタイルに合った方法を選択してくださいね。たとえば、不用品が大量にある・ルームランナーの運搬が困難な場合は、業者に依頼したほうがスムーズです。買い取りを行っている業者もあるので、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!