ルームランナーの処分方法が知りたい! 廃棄方法やポイントについて

3.ルームランナーの処分~自分で捨てる場合

ルームランナーを自分で捨てる場合は、自治体回収となります。主な流れややるべきこと・費用、メリット・デメリットについてチェックしておきましょう。

3-1.自治体回収の場合

住んでいる地域によって、ゴミの分類が異なります。多くの自治体では、粗大ゴミや不燃ゴミとして回収してもらえますが、事前にホームページなどでゴミの分類を確認してください。ゴミの分類と同じく、処分の流れについても記載されています。

3-2.主な流れ

自治体のホームページを確認して、処分方法についても確認しておきましょう。処分方法は自治体によって異なります。たとえば、有料の場合は、スーパーマーケットや商店で証明シール(券)を購入して品物に貼った後、回収指定場所に運ばなければなりません。直接ゴミ処理場に持ち運ぶ方法もありますが、処分費用がかかる自治体もあるので要注意です。

3-3.やるべきこと・費用について

証明シール(券)が必要な場合は、指定場所に運ぶ前に購入しておかなければなりません。また、自治体の中には、事前の申し込みが必要なところもあります。行動する前に、ホームページでしっかり確認しておいてください。処分費用も各自治体で異なりますが、約500円で処分できます。

3-4.メリット・デメリット

処分費用を安く抑えられることが、自治体回収のメリットです。不燃ゴミの場合は、指定袋に入れるだけなので無料で処分できます。しかし、回収日が決まっている・指定場所まで運ばなければならないという点がデメリットです。折りたたみ式でも重いルームランナーもあるため、運搬が難しい傾向があります。難しい場合は、無理をしないでほかの方法での処分を検討してください。

4.ルームランナーの処分~販売業者の下取りの場合

新しいルームランナーを購入する場合は、販売業者の下取りサービスが利用できます。販売業者の下取りに必要な知識を身につけておきましょう。

4-1.買い替えのタイミング

今後もルームランナーを使いたい・新製品を使いたいと思っている方は、買い替えがおすすめです。新しく購入したい方は、早めに買い替えたほうがお得になります。今使用しているものが古くなるほど価値も下がるため、早く下取りに出したほうが買い取り額も上がる可能性があるのです。

4-2.新製品が安い時期は?

家電量販店は年に2回、決算の時期を迎えます。決算時期は、通常よりも価格を下げて、お客の購買意欲を高めようとするのです。9月と3月が決算時期となるため、その前の月となる8月と2月に新製品が安くなる可能性があります。また、入学・就職・年始年末・ボーナスなどイベントの時期も新製品が安くなる時期です。

4-3.販売業者の下取り・引き取りについて

販売業者の下取りサービスは、古いものを買い取って新しい商品の価格から買い取り額を差し引くサービスのことです。買い取り額が高くなるほど、新製品を安く手に入れることができます。買い取りできないものでも、新製品を購入するのであれば無料引き取りの利用も可能です。引き取りが有料になる店舗もあるため、きちんと確認しておかなければなりません。

4-4.通販業者の場合

通販業者の中には、下取り・引き取りサービスを実施しているところがあります。新しいものを購入した際、商品が送られてくると同時に古いものの回収となるでしょう。通販業者によって、下取り・引き取りサービスの条件が決まっているため、事前にチェックしておいてくださいね。

4-5.手数料について

下取りサービスが利用できる場合は、処分費用がかかりません。引き取りサービスの場合も、新しいものを購入する限り、無料回収を行っているところもあります。しかし、引き取りや運搬・回収費用が有料になる場合もあるので注意してください。手数料については、店舗に確認したほうが良いでしょう。

4-6.メリット・デメリット、注意点について

下取り・引き取り最大のメリットは、購入と処分が同時にできることです。手間と時間が省けるため、買い替えを考えている方にはメリットが大きい方法でしょう。しかし、下取り・引き取りサービスを行っている店舗が限られています。すべての店舗が実施しているわけではありませんので注意が必要です。また、古いものや壊れているものは下取りできない・サービスの利用には条件をクリアしなければならないというデメリットがあります。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!