オーブントースターの処分にお困りの人! 捨て方のコツを教えます。

オーブントースターは、トーストやピザを焼いたり買ってきたお惣菜(そうざい)を温めたりと、何かと重宝するキッチン家電です。「毎日の食事作りには欠くことができない」というご家庭も多いでしょう。必需品ともいえるアイテムなのに、突然正常に機能しなくなったら困りますよね。取り扱い説明書を読んでも、原因や対処法がわからない場合もあるものです。そんなときは、修理に出したほうがいいのか買い替えたほうがいいのか判断に悩みます。そこで、ここではオーブントースターの寿命、修理や買い替え、処分方法などについてご紹介しましょう。

  1. オーブントースターを処分したい、廃棄したい、捨てたい
  2. オーブントースターの捨て方〜自分で捨てる場合〜
  3. オーブントースターの捨て方〜販売業者の下取り〜
  4. オーブントースターの捨て方〜リセールする場合〜
  5. オーブントースターの捨て方〜回収業者に頼む場合〜
  6. オーブントースターの捨て方〜よくある質問〜

この記事を読むことで、オーブントースターの処分にかんしてのお悩み解決策が見つかります。ぜひお役立てください。

1.オーブントースターを処分したい、廃棄したい、捨てたい

オーブントースターの処分方法について、基礎知識を学びましょう。

1-1.オーブントースターは何ゴミか

オーブントースターは、「燃えないゴミ」か「粗大ゴミ」で処分できます。一般的には、「縦・横・高さ」のそれぞれが30センチ以内であれば燃えないゴミ、最大辺が30センチを超えたら(※)、粗大ゴミとして自治体が回収するのです。また、自治体によっては「小型家電リサイクル法」に基づいた回収を行っています。

※ 自治体によってはサイズが異なる場合もあり

1-2.小型家電リサイクル法について

小型家電リサイクル法は、平成25年4月1日からスタートしました。現在では、徐々に全国の各自治体で取り組みが広がっています。この法律は、金・銀・鉄・アルミニウムなどの貴重な金属を使用している小型家電をそのまま廃棄せず、回収して金属を取り出し再活用することが目的です。自治体が回収し、認定事業者などがリサイクルを行います。回収方法は、以下の種類があるのです。

  • ボックス回収:「小型家電回収ボックス」を、自治体役所の玄関・大型家電量販店・大型スーパーに設置して回収
  • ステーション回収:ゴミ排出場所(ステーション)に、「小型家電回収用コンテナ」を設置して回収
  • ピックアップ回収:小型家電を粗大ゴミや燃えないゴミで出してもらい、ゴミ処理場で自治体職員がピックアップして回収
  • イベント回収:地域でイベントがあるときに、会場に「小型家電回収ボックス」を設置して回収

回収方法や回収対象品目などは自治体によって異なります。詳細は、お住まいの自治体ホームページでご確認ください。

1-3.寿命や故障について

製品やメーカーによっても異なりますが、オーブントースターの寿命は5年〜8年ほどといわれています。そして、保証期間内に故障した場合は無料で修理してもらえることがほとんどです。保証期間を過ぎたときの修理代がいくらかかるのかは、故障の状態にもよります。メーカーに問い合わせてみましょう。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!