もうすぐ引越し…慌てないために「やることリスト」を作ろう!

引越しは準備に時間がかかります。
実際に引越しの経験がある人なら分かるはずですが、やらなければならない手続きや準備が非常に多いのです。
特に、家族単位での引越しは荷物も多くて大変でしょう。
いつ何をするべきなのか把握しておかないと後で慌てることになってしまいますよ。

そんな人たちのために、引越しの準備や手続き、不用品の処分方法についてまとめてみたいと思います。

目次

  1. 引越しの準備や手続き
  2. 不用品の処分方法
  3. まとめ

1.引越しの準備や手続き

引越し前後の準備や手続きにはどのようなものがあるのでしょうか。
ある程度のスケジュールを立てておくことでスムーズに引越しを済ませることができるはずです。

1-1.引越しが決まったらすぐやること

引越しが決まったらまずやるべきことは、引越し先となる新居探しです。
最近はインターネットでも簡単に部屋探しができますが、必ず下見をしておくことをおすすめします。
実際に住み始めてから「イメージと違った」と後悔することにないようにしましょう。
新居が決まり、いつごろ引越しをするのかが決まったら、次は現在住んでいる部屋に対して賃貸借契約の中途解約を申し入れます。
賃貸借契約書にかいてある解約予告期間内に中途解約の申し入れをする必要があるのです。
そうでないと、引越しをしてからも家賃を払い続けなければならなくなる場合も。
引越しの日程を決めるのは早いに越したことはありません。
日程が決まったら引越し業者探しです。
引越し業者は全国にたくさんありますが、どこに依頼しても同じというわけではありません。
必ず複数の業者に見積もりを依頼し、比較してから決めるようにしましょう。
引越しには何かと出費がかさむため、できるだけ安い業者に依頼したいものですよね。
そして、引越しに間に合うように荷造りを開始しましょう。
荷物が多いほど大変な作業になります。
普段使わないものからどんどん箱詰めしていきましょう。
同時に、断捨離をして荷物を減らしておくと後が楽ですよ。

1-2.引越し2週間前までにやること

最低でも引越しの2週間前までには、不用品を処分しておきましょう。
自治体が回収するゴミとして捨てるのか、引越し業者に依頼するのか、ほかの方法で処分するのか決めなければなりません。
また、さまざまな手続きもこの時期に行いましょう。
プロバイダーや固定電話、ガスなどの引越し手続きが必要です。
すぐ新居で使えるよう手配しておきましょう。

1-3.引越し1週間前までにやること

1週間前までには、郵便局に転居届を出しておきましょう。
また、水道や電気の使用中止手続きもしておく必要があります。
この時期までには、新居に持って行く荷物リストを作成しておいてください。
どこに何を入れたか一目で分かるように、ダンボールに番号をつけて一覧表を作っておくことをおすすめします。

1-4.引越し前日までにやること

前日までに役所での手続きを済ませておきましょう。
現在と異なる市町村に引越す場合は、転出届や国民健康保険の資格喪失手続き、印鑑登録の廃止手続きが必要になります。
何度も役所に足を運ぶことにならないよう、持ち物などを事前に確認しておくことが大切です。
また、今までお世話になった近隣への挨拶回りもしておいてください。

1-5.引越し当日にやること

引越し当日は引越し業者にお任せ…というわけにはいきません。
配置図などを用意してしっかりと指示を出していきましょう。
必要であれば電気やガス、水道の清算を済ませ、退去の立ち合いをします。
ここで敷金がいくら返還されるか決まるため、ある程度の知識を集めておきましょう。
新居では、ガスの開栓立ち合いや荷ほどきを素早く行います。
そして、なるべく当日のうちにご近所への挨拶回りを済ませましょう。

2.不用品の処分方法

引越しの際には不用品が大量に出ることが予想されます。
この機会に思いきってものを減らし、できるだけ引越しを楽にしましょう。
不用品の処分方法はいくつかあるため、自分に合った方法を選んでください。

2-1.リサイクルショップで売る

引越しを機に家具や家電を新しいものに買い替える人は多いでしょう。
まだ使える状態なのに処分する場合は、捨ててしまうともったいないですよね。
もし近所にリサイクルショップがあるなら、まとめて持ち込んでみてはいかがでしょうか。
リサイクルショップのメリットは、その場で査定して現金化できること。
引越し前の忙しいときでも、すぐに不用品を処分することができます。
もちろん、状態によっては「商品として売れない」と判断され、買い取り不可になる場合も。
事前に電話で問い合わせて、買い取りができない場合はそのまま引き取ってもらえるか確認しておくとよいでしょう。

2-2.ネットオークションに出品する

ある程度価値のありそうなものなら、リサイクルショップよりネットオークションの方が高く売れる可能性があります。
利用者数が多いため、希望価格で売れる望みがあるでしょう。
しかし、オークションサイトを利用するにはいくつか注意点があります。
買い手が見つかるまで不用品を手元に置いておかなければならないこと、トラブルが発生する可能性もあることをよく理解しておきましょう。

2-3.不用品回収業者に依頼する

回収までの手間が少なくおすすめなのが、不用品回収業者に依頼する方法です。
希望日を指定すれば自宅まで回収に来てもらうことができるため、引越し前の時間がないときでも安心でしょう。
迅速に対応してくれる業者も多く、その日のうちに回収に来てくれる可能性もあります。
「不用品を分別する時間がない」「自分で回収場所まで持って行くのが難しい」という人に大変おすすめですよ。
ただし、中には悪質な営業をする業者もあります。
良心的な業者を見極めるポイントを知っておきましょう。

3.まとめ

引越しの準備や手続きについてご紹介しました。

  • 引越しの準備や手続き
  • 不用品の処分方法

「近々、引越しを予定している」「引越しの際にやらなければならないことを知りたい」という人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!