畳を処分する方法とは? 自治体は回収してくれるの?

和室に欠かせない畳。
オールフローリングの家も増えてきましたがやはり畳の部屋が欲しいと思っている方も多いでしょう。
ではこの畳が不要になった場合はどうやって処分すればよいのでしょうか。
そこで今回は古畳の処分方法や廃棄の仕方をご紹介します。
畳が不要になる場合とは、どんな時なのでしょうか?
また、自治体は畳を回収してくれるのでしょうか?
不要になった畳の始末に困っているという方や畳の処分方法を知りたいという方はぜひ読んでみてくださいね。

  1. 畳はエコロジーなマット?
  2. 畳を処分する方法とは?
  3. 畳は消耗品である
  4. 気をつけたほうが良いこととは?

1.畳はエコロジーなマット?

畳の原料はワラとイグサです。
マンションの和室に使われる畳は、木のチップなどが畳の芯として使われていることもありますが、すべて可燃物であることには変わりありません。
ですから、他の床材と違ってとてもエコな作りをしています。
畳は大きいので処分が大変では?と思いがちですがすべて可燃物でできているため建材の中では一番処分が楽なのです。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!