片付けられない人必見!これは便利!食器の整理と収納法をご紹介!

いつもスッキリしてキレイに並んだ食器棚。憧れてはいるけど、なかなか片づけられず、困っている方も多いのではないでしょうか?
形の違うカップやお皿は、積み重ねると取り出すのに不便・・・といっても、並べて収納できるほど、スペースもない・・・と悩みはつきません。そこで、今日はとっても便利な食器整理のコツと収納法をご紹介します。片づけが苦手な方でもできる簡単な方法ですので、ぜひ参考にしてみてください!使い勝手にこだわった収納方法は、片づけやすく取り出しやすい!もう悩むことはありませんよ。

  1. 食器を整理する
  2. 食器の収納方法
  3. 要らない食器の処分方法

1.食器を整理する

食器を収納する前に、やるべきことがあります。食器を置いてからではやるのが大変なので、先にやっておきましょう。

1-1.滑り止めシートを敷く

日本は地震が多いので、食器棚の中に、滑り止めシートを貼りましょう。ホームセンターやネットでは抗菌加工されているものや色々な柄が販売されています。おススメはシンプルな透明タイプや棚の色に合わせたお色を選ぶと、スッキリとした印象に。このシートを貼るだけで食器がずれず、子供が棚にぶつかって食器が落ちることもありません。食器を出すときに隣の食器に手が触れて落ちてしまう事故も防げます。

1-2.食器の仕分け

食器の整理や上手な収納方法は、仕分けから!まずは、家にある食器をすべて出し、「よく使う食器」「たまにしか使わない食器」「要らないもの」に仕分けしていきます。食器は、お祝いやプレゼントでもらうことも多くいつの間にか増えてしまいがちです。あまり使わない食器をいつまでも食器棚にしまうのはスペースがもったいないので、処分しましょう。「来客用」「子供用」も別に分けておきます。
さらに、よく使う食器を形と大きさ別に分けていきましょう。グラス、カップ、丸皿、角皿、長皿、または、和食器、洋食器などで分類してください。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!