部屋を有効に活用しよう! デッドスペースの収納術

「部屋が上手に片付かない」「部屋にものが散乱してしまう」というのは、部屋にデッドスペースが原因の可能性があります。

部屋を上手に片付けるためには、デッドスペースの有効活用が大切です。

部屋のデッドスペースを見直し、部屋のスペースを有効活用する方法について、詳しくご紹介しましょう。

目次

  1. 部屋のデッドスペースを知ろう!
  2. デッドスペースを活用した収納術
  3. 不用品を片付けてスペースを確保しよう!
  4. まとめ

1.部屋のデッドスペースを知ろう!

1-1.デッドスペースになりがちな場所とは?

デッドスペースは部屋を効率的に片付けることができない原因になります。

部屋の片付けにおいて、デッドスペースは“活用できていない空間”です。

部屋のデッドスペースを収納に有効利用することは、部屋を快適にするための収納術といえるでしょう。

部屋の空間を有効利用する前に、デッドスペースになりがちな場所について考えてみましょう。

【部屋の隅】

家具の配置が難しい部屋の隅は、デッドスペースになりがちな空間です。

部屋の隅を収納に活用にすれば、収納力を大きく高められます。

家具店では“コーナー家具”という専用のインテリアも販売しているので、積極的に利用して部屋の隅を有効利用してみましょう。

【家具の間】

家具を複数配置する場合、部屋に合わせることが難しく、家具の間は非常にデッドスペースになりやすい空間です。

家具の間は、DIY収納術などを参考に有効活用してみましょう。

アイデアしだいでデッドスペースは有効活用できるので、DIY収納について調べてみるのもよいでしょう。

【廊下】

住宅の中でも、移動以外に使用することがないためデッドスペースになりやすい場所です。

廊下は、非常に広い収納としての可能性を持ったスペースといえるでしょう。

“廊下にものを置く”ということは移動の邪魔になってしまうことがあるので注意が必要です。

1-2.探してみよう!隠れデッドスペース

住宅のデッドスペースは平面だけを考えてしまいますが、立体として存在するデッドスペースもあります。

平面だけでは気付くことが難しい“隠れデッドスペース”についてご紹介しましょう。

【クローゼット】

クローゼットは気付きにくいのですが、天井付近がデッドスペースになりがちな空間です。

床から天井まで2m40cm程度の高さのクローゼットを有効に収納スペースとして利用することで住宅全体の収納力が高まります。

平面ではなく、立体的に利用して収納効率を高めましょう。

【テーブル】

テーブルは食事や作業など活躍することの多い家具です。

生活には必要な家具なのですが、テーブルの配置によってはデッドスペースが生じる可能性があります。

テーブルのデッドスペースを有効活用するためには、配置を改善してみましょう。

【天井】

天井を収納に利用するのは非常に高度な収納術です。

天井のデッドスペースを有効に利用するためには、“天井棚”などを設置する必要があります。

部屋のデッドスペースは収納に変えることができる空間です。

デッドスペースを探して上手に利用することは部屋の収納力を高めるための整理術といえるでしょう。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!