物置の片付けや掃除にお困りの方へ!きれいにできる5つのポイント

物置の片付けにお困りではないですか? 物置は、たまにしか使用しないものを保管するには便利なアイテムでしょう。しかしながら、スペースがあいているといろいろな品物を入れてしまいがちです。本来なら捨てるものも「とりあえず物置に片付けておこう」と思ってしまいます。そのために、不用品の山となってしまい片付けることも掃除をすることもできなくなってしまうのです。そこで、ここでは物置の片付けや不用品の処分についてご紹介します。

  1. 物置の片付けについて
  2. 物置の片付けの方法について
  3. 物置の片付け〜不用品について〜
  4. 物置の片付け〜プロに依頼する場合〜
  5. 物置の片付け〜よくある質問〜

この記事を読んでいただければ、自分に合った物置の片付け方法が見つかります。ぜひお役立てください。

1.物置の片付けについて

物置の片付けは、広さや大きさにかかわらず大変なものです。効率よく片付けるためにも、まずは基本的な知識をおさらいしておきましょう。

1-1.物置とは

物置と聞くと「普段は使用しないものを保管しておく場所」というイメージがあります。国語辞典・大辞林では「雑具や薪炭(しんたん)を入れておく小屋」と定義しているのです。一般的には、住宅に隣接して設けた収納スペースのことを指し、以下のような品物を収納しています。

  • ストーブや扇風機などの季節家電
  • ひな人形やクリスマスツリーなどのイベント用品
  • スポーツやアウトドアなどの道具
  • 古新聞や古雑誌
  • いずれは処分をしようと考えている生活用品や家電、衣類など
  • 園芸用品や掃除道具、車用品、ペット用品
  • 防災用品
  • 自転車やベビーカー、買い物用カート

物置は、玄関の横・勝手口の裏・車庫の奥・庭の奥などに設置します。さまざまなサイズがあり収納力が異なるのです。また、扉はスライド式の扉とシャッター式の扉があります。

1-2.物置のデメリット

物置は、普段使用しない道具や処分に迷うもの、いざというときの防災用品などいろいろな品物を収納できるのでとても便利です。物置に片付ければ、クローゼットや押し入れなど家の中の収納スペースを有効に使うことができます。けれども、物置は便利であるがゆえに実はデメリットも多いのです。ほとんどの人は、そのデメリットに気が付かず放置してしまいます。そこで、物置のデメリットをご紹介しましょう。

1-2-1.ものをためてしまう

収納スペースがあればあるほど、ものが片付けられなくなってしまうのはご存じでしょうか? 収納するスペースがなければ「不用品は処分しよう!」と決心できます。しかしながら、物置があることで「取りあえずここにしまっておこう」と考えるためにどんどんものが増えてしまうのです。

1-2-2.何をどこにしまったかわからなくなる

物置には、無造作にものを入れてしまいがちです。そして、どこに何をしまったのかわからなくなってしまうことも多いでしょう。そうなると、片付けるのも面倒なのでそのまま放置してしまうのです。

1-2-3.不用なものも多い

物置の中には実は不用なものも多いのです。いつの間にか、物置が一時的な荷物の保管場所ではなく「不用品の墓場」と化している家庭も少なくありません。

1-3.物置の片付けの必要性

「1-2.物置のデメリット」でご紹介したように、物置は上手に使わないとただの「不用品の墓場」となり、スペースが無駄になってしまいます。また、何を片付けたのか忘れてしまっては、ものも有効に活用できません。

そうなると、何のために物置を設置しているのかわからなくなってしまうのです。定期的に物置を片付けて有効に使えるようにすることが大切でしょう。

2.物置の片付けの方法について

物置を上手に片付けるにはコツがあります。手当たりしだいに片付けても途中でいやになってしまうだけです。片付けの方法をご紹介しましょう。

2-1.まずどうするか

物置に限らず、クローゼットや押し入れなどを片付けるときにも大切なのは、最初に「中に何が入っているのか」を点検することです。できれば、中に入っているものをすべて外に出して並べてみましょう。物置の中に何が入っているのかを把握してから、本当に必要なものと処分したいものを分けて片付けていくのです。一見面倒に思えますが一番効率のいい方法になります。

2-2.方法、手順など

  1. まずは、物置から出したものを「必要なもの」「処分したいもの」「迷うもの」に分けて並べます。
  2. 片付けのじゃまになるので、「処分したいもの」はひとまとめにして別の場所に移動します。
  3. 「必要なもの」を「時々使用するもの」「ほとんど(年に1回くらい)使用しないもの」に分けます。厳密に分けようとすると、疲れて片付けるのがいやになるのでおおざっぱでもかまいません。
  4. 「迷うもの」は、大きなダンボールに入れるなどひとまとめにしておきましょう。
  5. 3の「ほとんど使用しないもの」は物置の奥や棚の上部に、「時々使用するもの」は、取り出しやすい手前や棚の中段〜下段に収納します。
  6. 「迷うもの」は、じゃまにならない場所に置き1〜2週間したら見直してみましょう。時間がたつと、捨てようかどうしようか迷っていたものも意外と執着なく捨てられるものです。

「処分したいもの」の処分方法は後の項でご説明しましょう。

2-3.ポイント、コツ

できるだけ「大きいもの・重いもの」は下の段に、「小さいもの・軽いもの」は中段〜上段に片付けたほうが取り出しやすくなります。また、ゴルフクラブ・釣りざお・カサなどの長いものは、横に積まないで物置の隅に「立てて収納」しましょう。

2-4.収納のポイント

「どこに何を収納したか」を忘れないようにすることが大切です。片付けているときには覚えていても、半年も経過すると忘れてしまうこともあります。あちこち箱を開けて探すと物置の中が散らかり、また片付けるのが大変です。

そこで、収納する箱やケースの正面に「中身を書いた紙」を貼ってください。また、「ブーツ」などと名前を書いただけではどのブーツかわからない場合は、写真を撮って貼るのもおすすめです。面倒なようでも、後からものを探すとき格段に楽になります。さらに、どこに何があるかを書いた簡単な配置表を作り、物置内側の扉や壁に貼っておくと家族にもわかりやすくなるのです。

2-5.片付けのタイミング

「思い立ったが吉日」とばかりに、片付けたいと思ったときにいきなり始める人は少なくありません。でも、それはちょっと待ってください。途中で挫折したり時間が無くなりやめることになったりしないように、1日ゆっくりと片付けられる日を作ってからにしましょう。

また、基本的に物置は屋外にあるので天気が悪い日は避けたほうが無難です。「せっかく物置のものを外に出したのに急などしゃ降りで全部ぬれてしまった」となると余計な手間がかかってしまいます。片付け実行日の天気予報も事前に確認しておきましょう。

2-6.注意点

物置の片付けや掃除をするときには、道具も用意しておきましょう。

  • ほこり取り用の使い捨てワイパーやぞうきん
  • ほうきとちりとり
  • ゴミ袋
  • ダンボールやガムテープ
  • 軍手やエプロン
  • 紙と太いマジック(収納したものの名前を書いて貼るため)

3.物置の片付け〜不用品について〜

物置を片付けるときに、仕分けした「不用品」はどのように処分すればいいのでしょうか。不用品の処分方法や不用品回収業者の利用方法などについてご紹介します。

3-1.不用品をどうするか

ひとくちに「不用品」といっても処分方法はいくつかあります。また、廃棄処分にせずリサイクルする方法もあるのです。品物に合った方法を選んでください。

3-1-1.自分での捨て方

自治体のゴミ回収で捨てる方法です。燃えるゴミ・燃えないゴミ・資源ゴミなど、各自治体のルールに合った方法で捨ててください。また、粗大ゴミを利用する場合は、自治体のホームページなどで確認をしてから回収を依頼しましょう。一般的には以下の流れになります。

  1. 自治体の粗大ゴミセンターに電話かインターネットフォームから申し込む。
  2. 回収日を予約し回収費用を聞く
  3. 回収費用に相当する金額の「有料粗大ゴミ処理券」を購入する(※1)
  4. 予約した回収日の当日朝に指定回収場所に出す(※2)

※1:有料粗大ゴミ処理券は地域のコンビニエンスストアや米店、酒店などで扱っています。詳細は自治体のホームページをごらんください。

※2:自分で粗大ゴミセンターに持ち込むことも可能です。その場合は申し込みのときに伝えてください。処理費用が約半額になります。

3-1-2.リサイクルについて

まだ使用できるもの・状態がいいものを捨てるのはもったいないものです。リサイクルすることもできます。近所にリサイクルショップがあれば査定に持ち込んでもいいでしょう。また、インターネットのオークションに出品する方法もあります。

ただし、リサイクルショップの場合、新品に近いものや人気商品でないといい値段は付かないことがほとんどです。オークションは、基本的に赤の他人とのやりとりになるのでトラブルになることもあります。前もって、落札になったときの支払い方法や送料などきちんとルールを決めてから出品してください。

3-2.不用品回収業者について

不用品の処分は、不用品回収業者に依頼する方法もあります。不用品回収業者を利用するメリットや方法、料金などをご説明しましょう。

3-2-1.不用品回収業者のメリット

  • 大きくて重い不用品を自分で部屋から運び出す必要がない
  • 自分の都合がいい日時に回収に来てもらえる
  • 申し込みから回収までがスピーディー
  • まとめて不用品を処分できる
  • 回収と同時に買い取りも行っている業者なら、買い取り可能な不用品をお金に変えることができる

3-2-2.不用品回収業者の回収方法

不用品回収業者の回収方法には3種類あります。業者の事業所に直接持ち込む「店頭回収」、宅配便で不要品を送り査定してもらう「宅配回収」、そしてスタッフが自宅まで回収に行く「出張回収」です。

物置の片付けではたくさんの不用品が出るので、自宅に来て査定・買い取り・回収をすべて行ってくれる業者が一番効率がよく便利でしょう。不用品の片付け・買い取り・回収を行う「ダスト.net東京」の回収方法は以下のようになります。

  1. お客さまは電話や無料見積もりフォームで申し込みをする
  2. 訪問日時の予約をする
  3. ご自宅にスタッフがうかがい、専用POS端末で見積もりをする
  4. お客さまが見積料金に納得したら片付け・回収・買い取り作業を開始する
  5. 不用品を搬出する
  6. 料金の精算をする

買い取り可能な不用品があれば、回収料金と相殺できるのでまとめてご依頼いただくとお得になります。

3-2-3.料金

不用品回収業者に回収を依頼すると回収費用がかかります。回収費用は業者によっても異なり、不用品の量や種類によっても違ってくるのです。

ご参考までに「ダスト.net東京」の料金システムの一部である「定額パックプラン」をご紹介しましょう。

  • カゴ車おまかせパック(目安0.8ミリ立方メートル):みかん箱16箱程度の量まで不用品を積むことができます。小さめの物置の片付けには最適でしょう。12,000円(税別)
  • 軽トラックおまかせパック(目安2.3ミリ立方メートル):押し入れ〜1Kくらいの部屋の片付けに最適です。荷物が多い物置の片付けにもぴったりでしょう。30,000円(税別)
  • 1t平トラックおまかせパック(目安4.0ミリ立方メートル):1K〜1DKの部屋の片付けに最適です。物置の不用品だけではなく家の中の不用品も一緒に依頼したいときにぴったりです。50,000円(税別)

これ以外にも、「3tトラックおまかせパック」(170,000円)・「4tトラックおまかせパック」(250,000円)などもあります。また、個別プランもあるのです。詳しくは「料金システム」をごらんください。

3-2-4.注意点

不用品回収業者に依頼するときには、料金システムやオプション料金の内容などを確認してからにしましょう。また、見積もりが出た段階でキャンセルしても大丈夫かどうかも確認してください。「ダスト.net東京」では、お客さまが見積金額に納得いただけない場合のキャンセル料金は不要です。

4.物置の片付け〜プロに依頼する場合〜

物置の中の状態や大きさによっては、自分で片付けるのが不可能なこともあります。そんなときには、「回収だけではなく片付け」も依頼するほうがおすすめです。業者に依頼する方法やメリット、コツなどをご紹介しましょう。

4-1.プロへ依頼したほうがいい場合

  • 物置の中の不用品が大量にある
  • 自分では片付けられないほどゴチャゴチャになっている
  • 重いものばかりで自分で運べない
  • 自分で片付ける時間がない
  • 引っ越し前なので急いで片付けたい

プロに依頼したほうが労力がかからず、確実なことも多いのです。

4-2.依頼するメリット

業者に依頼する1番のメリットは、片付け・買い取り・回収を1度に依頼できることでしょう。「ダスト.net東京」では、面倒な不用品の分別・袋詰め・運び出しまですべてスタッフが行います。作業をするのは、さまざまな研修施設で片付けや搬出のスキルを学んだスタッフばかりです。安心しておまかせください。

4-3.料金設定

片付け料金と回収料金が必要です。「ダスト.net東京」では、回収費用の中に片付け費用も含んでいます。「3-4-3.料金」でご紹介した料金で片付け・回収を行うのでお得なのです。

4-4.業者選びのポイント

業者はいろいろあるので、初めて依頼する人は何をポイントに選んでいいのか迷ってしまいます。そこで、いい業者選びのポイントをご紹介しましょう。以下を必ず確認してから依頼してください。

  • ホームページに会社の所在地・電話&FAX番号・メールアドレスなどがきちんと記載しているか確認する
  • 片付け・回収・買い取りのすべてを行っている
  • 実績がある
  • 「古物商許可」「産業廃棄物収集運搬許可」などの許可番号を取得している(ホームページの「会社概要」ページで確認)
  • 対応が早い
  • 無料の問い合わせや見積もりサービスを行っている
  • 料金システムが明確
  • スタッフのスキルが高い
  • いざというときのための請負賠償保険に加入している

4-5.業者に頼むときのコツ

不用品の回収は少量でも受け付けている業者がほとんどです。しかしながら、せっかく業者を依頼するのであればまとめて依頼するほうがお得になります。まだ使用可能なもので処分しようかどうか迷っているものも、とりあえず査定に出してみましょう。買い取り可能な品物が多ければ多いほど、回収費用も安くなります。物置だけではなく、部屋の不用品も無くなればスペースもあいて家中がスッキリするでしょう。

4-6.作業の流れ

作業の流れは業者によっても異なります。「ダスト.net東京」では、片付けと回収・買い取りを同時に行っているのです。「3-2-2.不用品回収業者の回収方法」をごらんください。

4-7.こんな業者に注意

物置の片付けをしていると、たくさんの不用品が出ます。そんなとき「無料で不用品を回収します」とアナウンスしながら周回しているトラックが通りがかったら、思わず呼び止めて回収を依頼したくなってしまうでしょう。けれども、ちょっと待ってください。そのような業者は、無許可の業者がほとんどでトラブルも多いのです。

  • 「無料」といっていたのに、不用品を積み込んだ後に「量がたくさんあったので有料になる」とお金を請求してきた
  • 1点だけ回収を依頼したら「1点では少ない。ほかにももっと不用品を出せ」としつこく迫られた

などのケースが多いので注意が必要です。「4-3.業者選びのポイント」をきちんとクリアしている信頼できる業者を選びましょう。

5.物置の片付け〜よくある質問〜

物置の片付けにかんしてよくある質問をご紹介しましょう。

5-1.物置の片付けに便利なアイテム

Q:物置に品物を収納片付けるとき、効率よく片付けられる便利なアイテムをご紹介ください。

A:スチール棚・ラック・収納ケース・傘立てなどの収納アイテムがあると便利です。また、細かい小物などはクローゼットで使用するウォールポケットを使うと便利でしょう。さらに、壁面にワイヤーネットを設置して「ひっかけ収納」をするのもおすすめです。

5-2.物置の下部で使う収納ケース

Q:物置の下部や奥のほうで使う収納ケースはどのようなものがいいでしょうか?

A:下部や奥はものの出し入れがしづらいものです。そこで、キャスター付きの収納ケースがおすすめとなります。また、ふた式ではなく引き出し式のほうがものの出し入れがしやすいでしょう。キャスター付きだと手軽に手前に引き出せるので片付けだけではなく掃除もしやすくなります。

5-3.不用品回収業者に依頼するとき

Q:不用品回収業者に回収を依頼しようと思います。捨てたいもの、買い取りしてほしいものなどをわかりやすく仕分けしたほうがいいですか?

A:業者によっては、回収・買い取りだけしか行わないケースもあります。もし、仕分けをする時間がない、重いので自分で仕分けできないなどの場合は片付け・回収・買い取りを行う「ダスト.net東京」におまかせください。こちらの「不要品の片付け」をごらんいただければ幸いです。

5-4.不用品回収業者に買い取りを依頼するとき

Q:物置の整理をしたら、ほとんど使用していなかった家電や暖房器具が出てきました。買い取りしてほしいのですが、できるだけ高値で査定してもらうコツはありますか?

A:まずは、きれいに掃除をしてください。そして、取り扱い説明書や付属品、専用ケースなどがあればそれも一緒に査定に出しましょう。もし、購入したときの外箱があればそれも査定に出してください。

5-5.業者が回収できる不用品の量

Q:引っ越しをするので、物置だけではなく部屋にある不用品もまとめて回収を依頼したいのです。量が多すぎると回収してもらえませんか?

A:回収可能な量は業者によって異なるでしょう。「ダスト.net東京」では最大「4tトラックおまかせパック」があります。3LDK〜4LDKのお部屋の荷物を積むことができるのです。不用品の量によって選べるプランが各種あるのでお気軽にご利用ください。

6.まとめ

いかがでしたでしょうか。物置の片付け方法がおわかりいただけたかと思います。快適に物置を使うには、定期的に不用品を処分することが大切です。無駄なものがなければ収納も掃除もしやすくなります。また、処分する不用品の量が多い場合はプロの業者に依頼するのもおすすめです。さらに、自分で片付けることが不可能な場合は、「片付け込み」の回収と買い取りを行っている「ダスト.net東京」を、ぜひご利用ください。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!