物置の片付けや掃除にお困りの方へ!きれいにできる5つのポイント

3.物置の片付け〜不用品について〜

物置を片付けるときに、仕分けした「不用品」はどのように処分すればいいのでしょうか。不用品の処分方法や不用品回収業者の利用方法などについてご紹介します。

3-1.不用品をどうするか

ひとくちに「不用品」といっても処分方法はいくつかあります。また、廃棄処分にせずリサイクルする方法もあるのです。品物に合った方法を選んでください。

3-1-1.自分での捨て方

自治体のゴミ回収で捨てる方法です。燃えるゴミ・燃えないゴミ・資源ゴミなど、各自治体のルールに合った方法で捨ててください。また、粗大ゴミを利用する場合は、自治体のホームページなどで確認をしてから回収を依頼しましょう。一般的には以下の流れになります。

  1. 自治体の粗大ゴミセンターに電話かインターネットフォームから申し込む。
  2. 回収日を予約し回収費用を聞く
  3. 回収費用に相当する金額の「有料粗大ゴミ処理券」を購入する(※1)
  4. 予約した回収日の当日朝に指定回収場所に出す(※2)

※1:有料粗大ゴミ処理券は地域のコンビニエンスストアや米店、酒店などで扱っています。詳細は自治体のホームページをごらんください。

※2:自分で粗大ゴミセンターに持ち込むことも可能です。その場合は申し込みのときに伝えてください。処理費用が約半額になります。

3-1-2.リサイクルについて

まだ使用できるもの・状態がいいものを捨てるのはもったいないものです。リサイクルすることもできます。近所にリサイクルショップがあれば査定に持ち込んでもいいでしょう。また、インターネットのオークションに出品する方法もあります。

ただし、リサイクルショップの場合、新品に近いものや人気商品でないといい値段は付かないことがほとんどです。オークションは、基本的に赤の他人とのやりとりになるのでトラブルになることもあります。前もって、落札になったときの支払い方法や送料などきちんとルールを決めてから出品してください。

3-2.不用品回収業者について

不用品の処分は、不用品回収業者に依頼する方法もあります。不用品回収業者を利用するメリットや方法、料金などをご説明しましょう。

3-2-1.不用品回収業者のメリット

  • 大きくて重い不用品を自分で部屋から運び出す必要がない
  • 自分の都合がいい日時に回収に来てもらえる
  • 申し込みから回収までがスピーディー
  • まとめて不用品を処分できる
  • 回収と同時に買い取りも行っている業者なら、買い取り可能な不用品をお金に変えることができる

3-2-2.不用品回収業者の回収方法

不用品回収業者の回収方法には3種類あります。業者の事業所に直接持ち込む「店頭回収」、宅配便で不要品を送り査定してもらう「宅配回収」、そしてスタッフが自宅まで回収に行く「出張回収」です。

物置の片付けではたくさんの不用品が出るので、自宅に来て査定・買い取り・回収をすべて行ってくれる業者が一番効率がよく便利でしょう。不用品の片付け・買い取り・回収を行う「ダスト.net東京」の回収方法は以下のようになります。

  1. お客さまは電話や無料見積もりフォームで申し込みをする
  2. 訪問日時の予約をする
  3. ご自宅にスタッフがうかがい、専用POS端末で見積もりをする
  4. お客さまが見積料金に納得したら片付け・回収・買い取り作業を開始する
  5. 不用品を搬出する
  6. 料金の精算をする

買い取り可能な不用品があれば、回収料金と相殺できるのでまとめてご依頼いただくとお得になります。

3-2-3.料金

不用品回収業者に回収を依頼すると回収費用がかかります。回収費用は業者によっても異なり、不用品の量や種類によっても違ってくるのです。

ご参考までに「ダスト.net東京」の料金システムの一部である「定額パックプラン」をご紹介しましょう。

  • カゴ車おまかせパック(目安0.8ミリ立方メートル):みかん箱16箱程度の量まで不用品を積むことができます。小さめの物置の片付けには最適でしょう。12,000円(税別)
  • 軽トラックおまかせパック(目安2.3ミリ立方メートル):押し入れ〜1Kくらいの部屋の片付けに最適です。荷物が多い物置の片付けにもぴったりでしょう。30,000円(税別)
  • 1t平トラックおまかせパック(目安4.0ミリ立方メートル):1K〜1DKの部屋の片付けに最適です。物置の不用品だけではなく家の中の不用品も一緒に依頼したいときにぴったりです。50,000円(税別)

これ以外にも、「3tトラックおまかせパック」(170,000円)・「4tトラックおまかせパック」(250,000円)などもあります。また、個別プランもあるのです。詳しくは「料金システム」をごらんください。

3-2-4.注意点

不用品回収業者に依頼するときには、料金システムやオプション料金の内容などを確認してからにしましょう。また、見積もりが出た段階でキャンセルしても大丈夫かどうかも確認してください。「ダスト.net東京」では、お客さまが見積金額に納得いただけない場合のキャンセル料金は不要です。

4.物置の片付け〜プロに依頼する場合〜

物置の中の状態や大きさによっては、自分で片付けるのが不可能なこともあります。そんなときには、「回収だけではなく片付け」も依頼するほうがおすすめです。業者に依頼する方法やメリット、コツなどをご紹介しましょう。

4-1.プロへ依頼したほうがいい場合

  • 物置の中の不用品が大量にある
  • 自分では片付けられないほどゴチャゴチャになっている
  • 重いものばかりで自分で運べない
  • 自分で片付ける時間がない
  • 引っ越し前なので急いで片付けたい

プロに依頼したほうが労力がかからず、確実なことも多いのです。

4-2.依頼するメリット

業者に依頼する1番のメリットは、片付け・買い取り・回収を1度に依頼できることでしょう。「ダスト.net東京」では、面倒な不用品の分別・袋詰め・運び出しまですべてスタッフが行います。作業をするのは、さまざまな研修施設で片付けや搬出のスキルを学んだスタッフばかりです。安心しておまかせください。

4-3.料金設定

片付け料金と回収料金が必要です。「ダスト.net東京」では、回収費用の中に片付け費用も含んでいます。「3-4-3.料金」でご紹介した料金で片付け・回収を行うのでお得なのです。

4-4.業者選びのポイント

業者はいろいろあるので、初めて依頼する人は何をポイントに選んでいいのか迷ってしまいます。そこで、いい業者選びのポイントをご紹介しましょう。以下を必ず確認してから依頼してください。

  • ホームページに会社の所在地・電話&FAX番号・メールアドレスなどがきちんと記載しているか確認する
  • 片付け・回収・買い取りのすべてを行っている
  • 実績がある
  • 「古物商許可」「産業廃棄物収集運搬許可」などの許可番号を取得している(ホームページの「会社概要」ページで確認)
  • 対応が早い
  • 無料の問い合わせや見積もりサービスを行っている
  • 料金システムが明確
  • スタッフのスキルが高い
  • いざというときのための請負賠償保険に加入している

4-5.業者に頼むときのコツ

不用品の回収は少量でも受け付けている業者がほとんどです。しかしながら、せっかく業者を依頼するのであればまとめて依頼するほうがお得になります。まだ使用可能なもので処分しようかどうか迷っているものも、とりあえず査定に出してみましょう。買い取り可能な品物が多ければ多いほど、回収費用も安くなります。物置だけではなく、部屋の不用品も無くなればスペースもあいて家中がスッキリするでしょう。

4-6.作業の流れ

作業の流れは業者によっても異なります。「ダスト.net東京」では、片付けと回収・買い取りを同時に行っているのです。「3-2-2.不用品回収業者の回収方法」をごらんください。

4-7.こんな業者に注意

物置の片付けをしていると、たくさんの不用品が出ます。そんなとき「無料で不用品を回収します」とアナウンスしながら周回しているトラックが通りがかったら、思わず呼び止めて回収を依頼したくなってしまうでしょう。けれども、ちょっと待ってください。そのような業者は、無許可の業者がほとんどでトラブルも多いのです。

  • 「無料」といっていたのに、不用品を積み込んだ後に「量がたくさんあったので有料になる」とお金を請求してきた
  • 1点だけ回収を依頼したら「1点では少ない。ほかにももっと不用品を出せ」としつこく迫られた

などのケースが多いので注意が必要です。「4-3.業者選びのポイント」をきちんとクリアしている信頼できる業者を選びましょう。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!